鮎正宗酒造が手指の消毒に使える「アユコール66」 5月1日発売

1時間前

新潟県妙高市猿橋の「鮎正宗酒造」(飯吉守社長)は2020年5月1日、高濃度アルコール「アユコール66」を発売する。消毒用エタノールの代替として手指消毒用にそのまま使える。上越地区の特約店や一部のコンビニ限定の販売で、720ml入り1本1550円(税別)。

5月1日から販売する「アユコール66」。ネーミングもしゃれている
アユコール4

新型コロナウイルスの感染防止に必要なアルコール消毒液は供給が追いつかないため、厚生労働省は今月、酒造メーカーが作るアルコール濃度が高い酒を消毒液の代わりとして使用することを認め、全国の医療機関などに通知した。

鮎正宗酒造では、例年なら出荷量が増えるゴールデンウイーク前に注文が少なかったことから、「先が見えない中、やれることをやってみよう」と、高濃度アルコールの販売を決めた。

国税庁はアルコール濃度が高い酒を製造する期間限定免許を新たに設けたが、申請には時間がかかるため、8年前に取得したリキュールの製造免許を使うことにした。

日本酒の本醸造、特別本醸造、吟醸、大吟醸の品質調整などに使う原料用アルコールに、エキス分(糖類)を2%加えた。アルコール度数は消毒用として60~83%の範囲で認められており、扱いやすい66%にした。希釈して飲んだり、チューハイなどに使うこともできる。

飲料用のアルコール商品であるため、価格には酒税を含む。「酒税が高いので利益は度外視している。転売などをせず、上越地域で必要としている人に普通に使ってもらいたい。720mlの大容量なので、分け合ってほしい」と話す。

上越地区の特約店や一部のコンビニ限定の販売で、720ml入り1本1550円(税別)。初回は1000本の出荷を予定。瓶などの資材調達が困難なため、以降の出荷は未定。

問い合わせは、同社0255-75-2231。

 

 

しばらく更新せず、失礼しておりました。

 

さて、現在は大変なご時世です。

酒屋の皆さん、ご苦労されてる状況、ひしひしと感じられます。

お取引先様、お客様皆様のご無事とご健康を心より祈念申し上げます。

 

そんな中、我々はまだ酒造りが続いております。

みんな元気に頑張っております。

出来上がる酒、ことごとく素晴らしい旨い酒が誕生しております。

 

いつかそれらを、皆様へお届けできる日が来ることを信じて止みません。

どうかそれまで、ご期待してお待ちくださいませ。

 

3月上旬、突然立ち寄られた、イギリス人のご一行様。

4月の「高田城址公園百万人観桜会」、今年も出展を予定をしておりましたが、参加を中止することに致しました。

楽しみにされていた方には、大変申し訳ありません。

 

まだ収束の様子が一向に見えないコロナウィルスのリスクから、社員の安全を守るという観点からも、やむを得ない判断でございます。

 

また、今後しばらくは海外出張を控えます、既に2件キャンセル致しました。

国内出張も喫緊の事情が無い限り、当面は控えさせて頂きます。

 

更に今後しばらくは来客のお断りもさせて頂く場合がございます、不要不急の来社はお控えくださるよう、宜しくお願い申し上げます。

 

一連の騒ぎにより、経済損失は弊社に於いても膨大に膨れ上がっており、今後しばらく改善の見込みが全く見えて来ませんが、今はじっと我慢の時であり、この試練を社員一丸となって乗り越えて、また平和な日常が戻って来た時に、より一層活発に動こうと思っております。

 

改めまして、今年の高田城址公園での観桜会への出展参加を、取り止めるということ、ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。

 

代表取締役 武田良則