長崎原爆の日。

テーマ:
ー理想の未来を築きたくて
過去の過ちから学ぶとき、
過ちは正の意味を持つ。

歴史と対峙するこの姿勢は正しく、
決して自虐的ではない。
(琉球大学留学生/金信愛さん)

平和は「退屈」ですか/下嶋哲郎》より

・・・

昨夜、沖縄県知事、
翁長雄志さんの訃報を聞きました。


そして、
今日、8月9日は長崎原爆の日。


花を。

・・・


道路を走って
畑の柵の高さ、仕様をみると
大雑把に
その地域のけもの分布が推測できます。
(個人的見解です)

・低い柵→イノシシ。
・高い柵→シカ(+イノシシ)。
・屋根付き→サル(+イノシシ)(+イノシシ+シカ)。

(あくまで個人的見解です)

・・・
けものVSにんげん。

猪は食べるわけでもないのに
畑を掘り返して遊んじゃったり、
鹿はなにもかもを食べ尽くす。

猿は、もう、それはもう、
ものすごーくたいへんだとか。
(想像したくない…)


人が猟をしなくなり
山が荒れて食べ物がない、
という事情もあるそうだけど、
畑の作物の方がおいしいから!
里に降りて来ちゃったりもするらしい。

・・・
・・・
とりあえず、
菜園の西瓜は全滅。
実は食べられ、根っこまで掘り返され…。
(たぶん、いのしっしーの仕業)


昨夜の声は
"おおう、おう"←たぶんフクロウ。
"ぐうう、ぐう"←たぶんイノシシ。
"ぴぃぃ、ぴぃ"←たぶんバンビちゃん。

なんだか今年は
去年に増してにぎやかな夏…。



コウノトリの消印葉書。

翼を広げるコウノトリと
豊岡名産の鞄と柳行李(?)の記念消印。

・・・
兵庫県豊岡市の
"ここから幸せ発信"の

ここから手紙出すと
上の記念消印を押してもらえます。

※送るときは隣りのお店の方に「記念消印希望」の旨を伝えると、白い紙袋に"記念消印を押してください"と鉛筆で描いて渡してもらえます←真心の手仕事!※

(そのまま投函しても
記念消印は押されないので注意!、
ということに投函寸前に気づいた)

消印みたさに、
お世話になった方々への
暑中見舞いと一緒に
…自宅にも送ってしまいました。
・・・
・・・

この日もコウノトリは空を飛び交い、
クチバシを鳴らすクラッタリングの音が
公園周辺に鳴り響いていました。
・・・
・・・
恒例の美味しいパン屋さんのパン。
ごちそうさまでした



去年、広島平和記念資料館へ行った。

帰省の帰り、
高速を降り急遽の立ち寄った。

わたしは広島で生まれたけれど
3才くらいまでしか過ごしていない。

資料館や原爆ドーム周辺は
日本人より外国人観光客であふれていた。

はじめて入る平和記念資料館は、
リニューアルもされとても綺麗だった。

とても綺麗に美しく整備されていた。

戦争が、あの原爆が
世界中の誰が訪れても
わかりやすいように展示したのだろう。

だけど、
小学生から毎年夏になると
読み続けたはだしのゲン
母から聴いた広島の方々の被ばく体験、
自分で読んできた幾つもの本… 

わたしが知っている
戦争、原子爆弾、放射能被ばくとは
あまりにも違った。

綺麗に美しく加工し尽くされた
架空の戦争映画の資料館のようだった。

資料館の中、
訪れた人々の表情は
あちこちに笑顔もあって楽しげだった。

今が平和だから
(とは到底思えない見せかけの平和だけど)
これでいいのかなと思ったけれど、
これでなにがどれくらい伝わるだろう?
とも思った。

資料館を出たあとは
原爆ドーム周辺をぐるりと歩き
なんだかもやもやした気持ちで
広島の街を後にした。

・・・
・・・
今日8月6日は
広島に原子爆弾が投下され
73回目の"原爆の日"。

そして
核の平和利用として推進した
原子力発電所の事故から
8年目の日々の中を
わたしたちは生きている。

過ちを何度でも、繰り返しながら。

 
花が咲き、実がふくらんでから
想像したより長い時間をかけて
ブルーベリーが
ぽつりぽつりと熟しはじめた。


実がまあるくなった頃、
可愛いブルーベリー嬢が
鳥に食われてなるものか、と
思った人がブルーベリーに
ブルーなネットをかけた。

ネットの奥の令嬢となった
ブルーベリー嬢。

人がこれは自分のモノだ、と
所有権に目覚め
誰かに盗られたらどうしよう、と
対抗意識を燃やしたとき
争いははじまるのだと、
ひそかに学んだのでした。

(そして今、夜な夜な鳥以上の強敵が次々と菜園に現れているのでした…)
・・・
・・・
ブルーベリーは
たくさんの種類があり、

うちのブルーベリー嬢は
熟す前にうさぎの眼のように赤くなるので
ラビットアイ系と呼ばれるのだとか。

正しくは
"ラビットアイ系のフェスティバル"
という種類になるらしい。

そしてブルーベリーは
2本植えないと実がつかない、
ということで
となりにもう1本いるのだけど
そちらは葉っぱだけで
花も咲かず実もついておりません…?

・・・
・・・

無人販売ブルーベリー。
大粒、完熟、ワンコイン。
お世話になりますー。




トマトとたぬき。

テーマ:
7月のいつ頃だったか、
菜園のトマトのお尻がかじられました。
 
その次の日もかじられました。
(茄子もおまけに)
 
そして無策で無柵の菜園は
トマトの畝だけは
ネットで包囲されました。
 
トマトをかじった犯人は
農家さんによるとトマトが好物の
"たぬき"だろう、ということです。
 
 
だけど、かじられトマトは
まだかたく青く熟れてなく、、
美味しかったのかどうか。
(感想お待ちしております)
・・・
 
 
齧られず収穫された赤いトマトたち。
・・・
・・・
「ぐぐぅぐぐぅ」
「きゅいきゅい」
「ぴーぃぃ、ぴー」
 
最近、日付けが変わる頃、
お山の住人らしき声がいろいろ。
 
きのうの夜は
「ぐふぐふ」
(…なんかきた…)
 
「がぶしゃ、がぶしゃ」
(…なんかたべてる…)
 
 
1度目は飛び起きた方が
飛び出してライトを持って威嚇、
2度目はひっそり独り窓の外をのぞくと
月明かりの下、
こんもりしたでっかい黒い影がもそもそ。
 
実はおとつい、きのうと2夜連続。
こわい、、。
 
 

 

映画/沖縄スパイ戦史。

テーマ:

 

普段目に触れることのない
沖縄の姿を撮り続ける三上智恵監督が
この度公開された映画
ラジオに出演されて話されました。
 
10代半ばの「護郷隊」と呼ばれた少年ゲリラ兵、
軍による強制移住でマラリアに罹り苦しみ抜いて亡くなった波照間島の人々、
住民が敵に捕まりスパイになることを恐れ行われた虐殺、
疑心暗鬼になった住民同士の密告、殺し合い…。
 
 
戦後70年経っても
生き延びた人たちが
沈黙するより生きる術がなかった
日本の地上戦、沖縄戦、"秘密戦"の姿。
 
敗戦前、窮地に追いやられ
やむなく住民を苦しめたのではなく、
元からあったマニュアルにそって
住民を犠牲にしていった日本軍の姿。
 
 
ラジオの中で三上監督はいいます。
・秘密保護法も成立し、
今、攻撃能力を持った自衛隊が沖縄に入ってきて、沖縄戦の前と同じような状態が作られはじめている。 
 
・国の防衛を考える上で
沖縄戦ほどいい教科書はない。
 
・隣の国が怖いとか強いものに守って欲しいという人は軍隊によって守られるということがどういうことなのか、観て欲しい。

・・・
【音声配信】
「”少年ゲリラ部隊”、”マラリア地獄”、”住民虐殺”・・・。沖縄戦の知られざる側面とは?」
三上智恵×荻上チキ
TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」
(こちらから視聴できます)
 
・・・
・・・
軍用犬を育てた方の話がありましたが、
これも以前ラジオで特集されてました。
 
そして、
Twitter、#あちこちのすずさん で
たくさんの方の戦争体験が
書き込まれているようです。

 
 

イラストレーターのミサップルさんから、

今回は本のご紹介。



"81日(水)22時~放送予定の

NHK「クローズアップ現代+」で、

『戦中・戦後の暮しの記録』が紹介されます。"


とのことです、

今夜放送、みなきゃー


・・・

・・・

戦争を体験した人たちは

口を揃えて言います。


「気が付けば

戦争がはじまっていた」



真実と嘘、正義と悪、

正気と狂気が入れ替わり、

一時騒然としても

いつの間にか

何事もなかったかのように

許されていく社会。


平和と戦争も

簡単に入れ替わるでしょう。



今こそ、人の言葉を。


過ちを

繰り返さないために。


❽。

テーマ:
連日の高温➕湿度により
連敗記録更新ちゅう。




・・・
月曜日に聴いた話。
・日本の気象第一人者さま
温暖化は人間が原因説について
個人的には限りなく、黒に近い、と。

火曜日に聴いた話。
・環境学の先生
温暖化により地球上の生物は
順番に滅んでいくだろう、と。
・・・
いつかは
なにもかもが滅びるのだけど、
自然の成り行きのその前に
わたしたちが発した熱で
わたしたちも滅びていくみたい…?
・・・
・・・
…とりあえず
42都道府県高温注意情報発表で
❽月突入→