暴力を引き起こす処方薬 トップ10 | あなたは「幸せ」ですか それとも「不幸せ」ですか・・・       ニコラスの呟き・・・

あなたは「幸せ」ですか それとも「不幸せ」ですか・・・       ニコラスの呟き・・・

60年近くも生きてみると 色んな事を経験します。
「成功」「達成」「挫折」「失望」「不安」「離別」「病気」・・・

それぞれの経験に意味があると最近思います・・・

お会いすることのないどなた様かのお役にたてば幸いです・・・      



2011年、米国薬物安全使用協会が発表したFDAの大規模有害事象症例報告データベースの情報に基づく新たな研究によると、他人への暴力行為を引き起こしたとする報告が31種の薬に集中していると「タイム・ヘルスランド誌」が報じていた。

"Top Ten Legal Drugs Linked to Violence"

『暴力を引き起こす処方薬 トップ10



日本での発売の有無や関連情報を整理してみました。

トップ10の中8種類が向精神薬であった・・・



□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□



1位 バレニクリン


(Chantix
 チャンピックス) 禁煙補助薬

バレニクリン (Varenicline) とは、日本初の経口禁煙補助薬である。

世界初のニコチン受容体パーシャルアゴニストであり、従前の禁煙補助剤であるニコチンガム、ブプロピオン、ニコチンアンタゴニストなどとは薬理学的に異なる。商品名は「チャンピックス®で、酒石酸塩としてファイザーが販売する(20081月に製造販売承認を取得、同4月に保険適用)。

アメリカでは20065月に販売を承認し、同年8月に発売開始する。欧州では同年929日に販売を承認する。

副作用

厚生労働省医薬食品局はチャンピックス®に関する副作用を報告している。チャンピックス®の添付文書には使用上の注意としてめまい、傾眠について書いてある。実際に意識の低下・消失など意識障害を起こし、それにともなう自動車事故が発生している。



2位 フルオキセチン

(Prozac プロザック) 抗うつ薬・SSRI

日本未承認

フルオキセチン (Fluoxetine) は、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)の1つである。

塩酸塩は商品名プロザック® (Prozac®) としてアメリカのイーライリリー・アンド・カンパニー社からカプセル剤が発売されている。主として、うつ病、依存症、摂食障害等に有効とされている。塩酸フルオキセチンは、月経前症候群にも有効なことから商品名サラフェム (Sarafem) として販売されている。なお、本剤は日本では未承認であり販売されていない。

1988年の発売当初はその効果(重度のうつ病患者には効果が劣るが、軽度から中度の患者には、一般の抗うつ剤と同等またはそれ以上の効果が認められる)から、新世代の抗うつ剤、奇跡の薬とも言われ大変な人気を博した。その後自殺を誘発させる可能性もあるという副作用に関する説や性欲亢進の作用があるという説[2]も出ているが、因果関係は明らかにされていない。主な副作用としては、吐き気 (21.1%)、頭痛 (20.9%)、神経痛 (14.9%) など。



3位 パロキセチン

(Paxil パキシル) 抗うつ薬・SSRI 断薬症状の激しさでも有名

予想通り3位にランクインしていた・・・

パロキセチン(パロキセチン塩酸塩水和物、Paroxetine Hydrochloride Hydrate)は、イギリスのグラクソ・スミスクライン社で開発された選択的セロトニン再取り込み阻害薬SSRIである。

同社より商品名「パキシル(Paxil)」で発売されている。

日本では200011月に薬価収載され、販売が開始された。薬事法における劇薬指定。また、グラクソ・スミスクライン社から2012119日に、同年118日付で、徐放性製剤である「パキシルCRControlled Release)」錠の製造販売承認を取得したことが発表された。さらに、同年622日付の官報で、パキシルCR錠、およびパキシル(パロキセチン)の後発医薬品が薬価収載された。

軽症のうつ病を説明する「心の風邪」というキャッチコピーは、1999年に明治製菓が同社のSSRIであるデプロメールのために最初に用い、特にパキシルを販売するためのグラクソスミスクラインによる強力なマーケティングで使用された。現在では、軽症のうつ病に対する抗うつ薬の効果には疑問が呈されており、安易な薬物療法は避けるよう推奨されている。

他害行為と抗うつ剤との因果関係が否定できない症例が確認されたことから、20095月に厚生労働省より添付文書の改定を指示され、[重要な基本的注意]「自殺企図」の中に「攻撃性」のリスクが明示された。

パロキセチンの断薬は、危険性の高い中断症候群を引き起こすことがある。



4位 アンフェタミン


(Various)
 ADHD 治療薬

アンフェタミン (Amphetamine, Alpha-methylphenethylamine) は合成覚醒剤の一種である。食欲低下や体重抑制、およびナルコレプシーや注意欠陥多動性障害 (ADHD) などの治療に用いられる。能率向上や娯楽目的での濫用は、ほとんどの国で違法とされる。

密造と濫用がヨーロッパ諸国で横行し、主にフェニルプロパノールアミンから合成した硫酸アンフェタミンの形で出回っている。さらに、アメリカ合衆国、イギリス、オーストラリア、カナダなどの国々ではナルコレプシーやADHDの治療に用いられるため、処方されたアンフェタミンが横流しされ、高校や大学で最も頻繁に濫用される薬剤の1つとなっている。



5位 メフロキン


(Lariam
 ラリアム) マラリア薬

メフロキン (mefloquine) は抗マラリア剤。内服薬として用いる。「ラリアム」「メファキン」「メフリアム」の商品名で、塩酸メフロキンのかたちで市販されている。メフロキンは、キニーネに類似の化学構造を持つ物質として1970年代にアメリカ合衆国メリーランド州のウォルター・リード陸軍研究所にて開発された。

メフロキンはマラリアの予防および、クロロキン耐性熱帯熱マラリアの治療に用いられる。メフロキン耐性のマラリア原虫の拡大にともない、メフロキンの効果は減少していった。アーテミシニンなどのほかの抗マラリア剤と併用することもある。



6位 アトモキセチン

(Strattera ストラテラ) ADHD 治療薬

アトモキセチン(英語: Atomoxetine) は注意欠陥多動性障害(ADHD)の薬である。ノルアドレナリン再取り込み阻害剤(英語版)の一種であり,米国イーライリリー・アンド・カンパニーにより開発された。この薬はアトモキセチン塩酸塩の形で使われる。StratteraTomoxetinAttentinの商品名で販売されている。

日本においてはストラテラ (Strattera)の商品名で日本イーライリリーが製造販売している。

18才未満の注意欠陥多動性障害(ADHD)に対して承認され、18歳までに使用していた患者は必要に応じそれ以降も使用出来る。成人に対しては20128月に追加承認され、同年秋に使用が開始された。



7位 トリアゾラム


(Halcion
 ハルシオン) ベンゾジアゼピン系 睡眠導入剤

トリアゾラム (Triazolam) は、第3種向精神薬の超短期作用型ベンゾジアゼピン系睡眠導入剤。商品名は、ハルシオン (Halcion) として米国アップジョン社が開発・販売した。その後、合併・買収を経て2003年よりファイザーから発売されている。

商品名の「ハルシオン」はギリシャ神話に登場する風波を静めるという伝説の鳥、Halcyonに由来する。

日本では薬事法に基づく要指示薬・指定医薬品・習慣性医薬品である。入手には医師の処方箋が必要である。



8位 フルボキサミン

(Luvox ルボックス) 抗うつ薬・SSRI

フルボキサミン(Fluvoxamine)は、医療用医薬品。抗うつ薬のひとつで、ベルギーの化学会社ソルベイ(医薬品部門は現アボット・ラボラトリーズ)によって創製された世界で始めての選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)である。

主にうつ病、不安障害、強迫性障害、摂食障害、注意欠陥・多動性障害、月経前症候群等の治療薬として、日本ではフルボキサミンマレイン酸塩錠が「ルボックス®(アボットジャパン←アステラス製薬←藤沢薬品工業)、「デプロメール®Meiji Seika ファルマ)の商標で販売されている。また、後発品も多数存在する。

日本で最初に発売されたSSRIで、医師の処方が必要である。過去のセンセーショナルな登場から、SSRIを「ハッピードラッグ」として飲む者もいるが、実際にはそのような作用はないので無意味で危険な行為である。逆にSSRIを危険な薬として過度に警戒し、安易に服用を避けようとすることも同様である。服用にあたっては医師や薬剤師と十分に相談し、適切な服用を心がける必要がある。



9位 ベンラファキシン


(Effexor
エフェクサー) 抗うつ薬

日本発売中止

ベンラファキシン(venlafaxine: エフェクサー)は欧米ではナンバーワンの売り上げを誇り、治療ガイドラインでも大うつ病性障害の第一選択薬として挙げられています。「エフェクサー(Effexor、一般名:ベンラファキシン、venlafaxine)は2007年の時点で日本での開発中止が正式に決まっています

エフェクサーの製造・販売元であるワイス社(後にファイザー社に吸収合併されました)は日本で第1相、第2相、第3相とフルパッケージの治験を行いましたが良い結果を出せず、「もう日本でのエフェクサー開発に関しては投資はしない」という経営判断を下したのです。

日本での治験の結果が出た当時、すでに欧米ではエフェクサーは特許切れ寸前で、後継のプリスティク(エフェクサーの活性代謝物ですが)の開発が始まってましたから、古い薬にこれ以上は金も時間もかけられないということだったのでしょう。全米でもっとも売れた抗うつ薬であり、欧米の治療ガイドラインでは第一選択薬として推奨されているこの「大うつ病性障害(MDD)の標準治療薬」が、今後日本の精神科臨床にお目見えすることはありません。



10位 デスベンラファキシン


(Pristiq
プリスティーク) 抗うつ薬・SNRI 更年期障害治療薬

デスベンラファキシン(desvenlafaxine

抗うつ剤 セロトニン・ノルアドレナリン(ノルエピネフリン)再取り込み阻害剤



□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□



Nico



引用URL



1位 バレニクリン

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%8B%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%B3

2位 フルオキセチン

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AB%E3%82%AA%E3%82%AD%E3%82%BB%E3%83%81%E3%83%B3

3位 パロキセチン

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%AD%E3%82%AD%E3%82%BB%E3%83%81%E3%83%B3

4位 アンフェタミン

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%BF%E3%83%9F%E3%83%B3

5位 メフロキン

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%83%95%E3%83%AD%E3%82%AD%E3%83%B3

6位 アトモキセチン

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%88%E3%83%A2%E3%82%AD%E3%82%BB%E3%83%81%E3%83%B3

7位 トリアゾラム

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%82%BE%E3%83%A9%E3%83%A0

8位 フルボキサミン

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AB%E3%83%9C%E3%82%AD%E3%82%B5%E3%83%9F%E3%83%B3

9位 ベンラファキシン

http://blog.livedoor.jp/venlafaxine/archives/4467756.html

10位 デスベンラファキシン

http://d.xenowire.net/?%A5%B3%A5%CF%A5%AF%BB%C0%A5%C7%A5%B9%A5%D9%A5%F3%A5%E9%A5%D5%A5%A1%A5%AD%A5%B7%A5%F3