負けをどう感じ、そして取り入れるか | 間違いだらけのテニス指導 <初級(初心者)・中級から上級テニスを目指すために>
2015-06-29 06:53:36

負けをどう感じ、そして取り入れるか

テーマ:雑談
 タイトルはあるTV番組でジョコビッチ選手がインタビューに答えていた言葉の内容です。実際に発した言葉は違いますが、ニュアンスはあっていると思います。その番組の中で私が一番感銘を受けた内容でした。ジョコビッチ選手は「私も数々の辛い敗戦をしてきた」というようなことも言ってました。

 「相手が強かった」「今日は調子が悪かった」「ペアに問題があった」などなど、敗戦の理由をその場の気分を沈めるために探し、または作っていないでしょうか。そういうことも精神衛生上必要なことだと思いますから、否定はしませんし、むしろ良いことだも思います。ただし、強くなる、上手くなるためには、そこでストップしていてはならないのでしょう。

 「敗戦」という貴重な経験を生かしてこそ明日があるのだと思います。それは自分のレベルが上がるに従い、他者からは見えにくい内容になっていくものと思います。

 強くなるために、逆境にどう立ち向かっていったかが大切だと思います。どういうレベルであるかは問題ではないのです。そして、このことは年齢に関係ないと私は思います。死ぬまで誰にもチャンスはあるのだと思います。

 私は「年相応にしたら」とかいうのが大嫌いです。自然からみれば人間の0歳も100歳も大して変わりはないと思っていますので。


 
 

nice-tennisさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。