餌に群がる金魚 | 間違いだらけのテニス指導 <初級(初心者)・中級から上級テニスを目指すために>
2015-04-15 19:02:23

餌に群がる金魚

テーマ:雑談
例えは悪いのですが。

タイトルは
「餌に群がる金魚」


この情景は読んで字のごとしだと思います。

さて、テニス多くの人がこの金魚だったりします。プロもアマも関係ないかもしれません。


ボールは餌にあたるわけですが。

自分にとって美味しい餌、つまり美味しいボールというのがあるでしょう。

やってきたボールが自分に無理ない体勢で打てるものならば、それは全部美味しいという人もいるでしょう。

こんな美味しいボールに対して打ってくわけです。後先考えずに打つわけです。それが相手の罠とも知らずに。

「美味しいボールが来た!」
と強打します。コントロールはまあまあです。

すると相手からボールが返ってきました。
前に来たボールと同じです。
それでまた強打しました。

するとまた同じようなボールが来ました。
それでまた強打しましたが、今度はミスして
終わってしまいました。

強打を繰り返し、自ら少しずつバランスを崩して
いたのです。相手からのボールは変わらないのに
自分が駄目になっていったのです。
なお、相手からのボールも威力はイーブンかアップ
していて落ちることはなかったのです。何故なら相手
は無理せず予測だけをきっちりしていたのです。


チャンスなのに自らバランスを崩し時間を無くす。まるでブラックホールに吸い込まれるように。

同じ餌でも自分がまかせた餌なのか、それとも意外なところにやってきた餌なのか、そのへん気をつけたほうがいいのです。

そして、逆にこちらから餌をまきましょう。相手がフォアのパッシングが得意ならフォアに絶好球を打ってあげましょう。きっとあなたの想像するところに強打がくるはずです。それを待ち伏せしカウンターショットでジエンドです。予想どおりいきすぎて喜びすぎたり力が入ると元の木阿弥です。あくまで冷静に。










nice-tennisさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス