NHKスペシャル「患者が“命を終えたい”と言ったとき」を見ました。

番組内容は次の通りです。

今年、ALSを患う女性がSNSで知り合った医師に自らの殺害を依頼し、薬物の投与を受けて亡くなるという事件が明るみになった。「苦しむ姿を見せたくない」「延命して家族に負担をかけたくない」―そうした患者の訴えに、医師たちは今どう向き合っているのか。がんの終末期やALSなど神経難病の現場では、どこまで患者の希望に寄り添うべきか、どんな言葉をかければいいのか、医師たちが模索している。命をめぐる葛藤の記録。

です。

この番組で初めて知ったのですが、日本では「鎮静」という治療法があることを初めて知りました。

モルヒネなどの鎮静剤でも痛みが治まらないとき、特別な薬(たぶん)によって痛みを抑え、そのまま眠るように死に至ることがある(その場合が多い印象を受けました)という状況を作ることができる治療法です。

日本緩和医療学会は、「鎮静」の実行に次のような要件を設けているそうです。

① 耐え難い苦痛がある
② 他に苦痛をとる手段がない
③ 死期が迫っている
④ 本人の同意

など。

「鎮静」を希望する患者の申し出に対し、この要件を満たしているかの判断に、医師は苦悩するそうです。

それは、そうですよね....。

鎮静…。日本で唯一認められている安楽死措置。

日本では“安楽死”という言葉に過敏な社会です。ですから最近は「安楽死措置」に替わって「鎮静」という表現がなされる様になっているそうです。

 

とにかく、見ていて、なんだか泣けてくるしかない、番組でした。

 

さて、その番組がYouTubeで公開されています。

 

-----

 

NHKスペシャル「患者が“命を終えたい”と言ったとき」2020年12月26日 社会に衝撃を与えたALS患者の嘱託殺人事件。「命を終えたい」と訴える患者に医師たちは今どう向き合っているのか。医療の現場を長期取材し、命をめぐる葛藤を記録した。 今年、ALSを患う女性がSNSで知り合った医師に自らの殺害を依頼し、薬物の投与を受けて亡くなるという事件が明るみになった。「苦しむ姿を見せたくない」「延命して家族に負担をかけたくない」―そうした患者の訴えに、医師たちは今どう向き合っているのか。がんの終末期やALSなど神経難病の現場では、どこまで患者の希望に寄り添うべきか、どんな言葉をかければいいのか、医師たちが模索している。命をめぐる葛藤の記録。

 

 

こんにちは。

 

ネットフェニックスの坂本です。

 

さて、世の中には単発収入か、継続収入しかありません。

 

単発収入とは、一時的に支払われる収入のこと、継続収入とは、そのまま継続的に発生する収入のことです。

 

最近ではサブスク、とは最近言われますが、これ継続収入ですね。

 

僕のビジネスでやっている継続収入は、

 

・インスタグラムのフォローアップ集客

・GoogleマップのMEO対策

・ホームページ作成運営

・格安SIMのペンギンモバイル代理店

 

この4つは、継続収入型ビジネスです。

 

単発収入では、

 

・法人携帯

・大手デリバリー導入

・事業者向け新電力導入

・事業者向けインターネット回線

・個人向けソフトバンクのネット回線

 

これらの事業は、単発収入です。

 

単発収入は、出来高制なので、安定はしません。

でも、継続収入は電気代や水道代などと同じなので、安定します。

 

例えば、安定して毎月50万円の継続収入があれば、

あなたは24時間寝ていても、決まった日にお金が入ってきます。

 

逆に単発収入、やった分だけだったら、

何もしなければ収入が0です。

 

このコロナ禍の今、特に求められるのは継続収入ではないか?

 

なんて、思っています。

 

で、格安SIMのペンギンモバイルですが、

同時期に代理店をはじめた天堤太朗さんという人がいるのですが、

この人のビジネスの展開は早かったです。

 

元々何かのネットワークビジネスをされていて、

そこに商材説明動画を流すという形をとられたので、あっという間に月数百万の継続収入を作っています。

 

会ったことはないのですが、今も元気にされているのでしょう。

 

寝ても覚めても、とりあえずお金が入ってくるという継続収入の凄さ、

それは一度形を作ってしまえば、なかなか崩れないというところですね。

 

 

 

日刊工業新聞のインタビューに応じ、2021年3月に投入する携帯通信サービスの新料金プラン「アハモ」について、21年度に100万契約を目指すという記事。

まずは、先日ドコモが発表した「アハモ」は、データ容量20ギガバイト(ギガは10億)で、月額2980円(消費税抜き)。

契約などの手続きをオンラインで行う仕組みにしてコストを下げ、低価格を実現した形です。

そして、7ギガバイト以下の小容量の利用者を対象とした既存プラン「5Gギガライト」や「ギガライト」の料金引き下げも検討するそうで、「格安スマートフォン事業者も含めた他社の動向を見ながら、次の手を考えたい。春が商戦としては活発に動く時期なので、必要ならばそこで手を打つ」方針らしい。

日本の通信費は誰のお財布に入りますかね。