ネロリのSea Side Story 〜煌めきの中へ〜

ネロリのSea Side Story 〜煌めきの中へ〜

☆Lightworkerの目覚め☆
溢れる気持ち 分かち合う喜び
恐れず 謙遜して隠したりせず 明かりを灯し続けて
私があなたに伝えたいメッセージ…
無限への扉を開け ワンネスへと繋がるために…

魂の闇夜∞9次元アクトゥリアン評議会 ダニエル・スクラントンさん経由

 

転載元 https://ameblo.jp/medjed2018medjed/entry-12486017169.html

 
 

 

「魂の闇夜」

∞9次元アクトゥリアン評議会

--ダニエル・スクラントンさん経由--

 

 

 

“ご挨拶申し上げます。

私たちはアクトゥリアン評議会です。

私たちは皆様と繋がれる事を嬉しく思います。

  

  

 

私たちは、

すべての人類が存在の深さを探ってきた方法に

非常に感銘を受けました。

 

平均的な人間の中で、

これまで地球上で見たこともないような

自己認識が見られ、感じるのです。

 

ですから、目覚めて

意識の先端にいるあなたがたにとって、

かつては恥ずかしく思っていたものの、

 

今となっては統合された

暗闇やネガティブさや、自分の体験について、

話すのは素晴らしい時期です。

 

  

 

あなたがたの物語を共有すること

あなたがたが旅の途中にいる場所に

辿り着くのに、

他の人を助けるための素晴らしい方法です。 

 

人々は自分たち自身のあらゆる側面を

探求することにおいて、

彼らが一人ではないことを

知っておく必要があります。

 

そして、あなたがたがその探求を

するかどうかわからなかった時期の物語を

共有することにおいて、

また、あなたがたの方法や

暗闇を乗り越える為の技術を共有するでしょう。 

 

 

 

目覚めているあなたがたの多くは、

ある時点で自殺を感じています。

 

そしてそれが号泣するような悲しみで、

それは目覚めていることの通常の結果です。

 

ですから、あなたがたが

その種類の経験をした事を、

他の人に知らせることは、

 

彼ら自身の魂の暗い心の夜を

乗り越えるのを助けるでしょう。

 

過去世に自分が誰だったかを意識することで、

今までの人生で皆さんが関わってきた

ネガティブな考えや行動には、

こうした経験が共有され、対話が生まれました。

 

 

  

あなたがたは

これらのタイプの経験を分かり易く説明し、

それらが持っている感情的でエネルギー的な

負担を取り除く事をのぞんでいます。

 

人々は

自分の考えや感情に囚われていると

感じることが多く、

それらの考えや感情を持っているのは、

自分たちだけであると感じているので、

 

そうした人々は

心の暗闇の全てに押しつぶされがちです。 

 

 

 

私たちは、あなたがたが自身の

ブログとソーシャルメディアの投稿を通して、

他人が自分たちの内側で遭遇したことと、

平和を築くのを助けることを提案しています。

 

それは、

自分の人生の中で経験を話す事によって、

経験を人々に知らせる事によって、実現します。

 

これは思いやりの行為であり、

残りの人類への奉仕活動であり、

未来を築き続ける為に、

 

そして、すべての人類にとって

より良い未来へと進むことができるように、

これらの経験を標準化する時期です。 

 

 

 

私たちはアクトゥリアン評議会です。

私たちは皆様と繋がれた事を

楽しんでいます。”

 

 

※今回の青文字はダニエルさんご本人によるものです。

 

※参考まで。非常に鮮烈な体験をなさってます。

シェアさせて頂きます。ありがとうございます。

☆Dilaさんのブログ

 

 

Daniel Scranton blog 2019年6月24日投稿(日本時間)

 

 

YouTube動画

 

 

 

写真:Karin Miller

あなたがたの遍在/全知全能(空)∞9次元アクトゥリアン評議会 ダニエル・スクラントンさん経由

 

転載元 https://ameblo.jp/medjed2018medjed/entry-12485436032.html

 

 
 

 

 

「あなたがたの

遍在/全知全能(空)」

∞9次元アクトゥリアン評議会

--ダニエル・スクラントンさん経由--

 

 

 

“ご挨拶申し上げます。

私たちはアクトゥリアン評議会です。

私たちは皆様と繋がれる事を嬉しく思います。

 

 

 

私たちはあなたがたと共に存在し、

同時に他のスターシステムの他の惑星に

存在可能という認識を持っていて、

 

そして、私たちはあなたがたや彼ら、

あるいは私たちが同時に

焦点を合わせることができる他の多くの

グループのいずれかに

私たちの注意を薄める必要はありません。

 

私たちがこれをすることができる理由は 

私たちは遍在/全知全能/空(※omnipresence)を

感じられ、そして、

私たちは、それが在ることを知っているからです。

 

今、あなたがたは私たちと同じくらいの

多くのソースエネルギー存在ですが、

あなたがたは肉体と同一視するように

教えられてきたので、

 

あなたがたの肉体に意識が

更に局在化(localized)して集中していると

感じます。

 

 

 

私たちはもはや肉体を持っていません。

それは私たちが遍在/全知全能/空の真実を

認識することをずっと容易にします。 

 

しかし、あなたがたは自分が肉体であるという

その信念を固守する必要はありません。

 

あなたがたは意識であり、そして

あなたがたの意識はあなたがたの体として

認識している肉体と一致していますが、

 

しかし、あなたがたの肉体の中のみで、

意識を感じるだけである必要はありません。 

 

私たちは体脱体験やアストラル投射について

話しているのでもありません。

 

私たちはあなたのがた肉体の中心に居ながら、

あなたがたの地球の他のすべてのポイントに

意識で到達することについて話しています。

 

この内容から始めるのが良いでしょう。

 

なぜなら、

あなたは人間集団、

そして銀河、

そして宇宙を統一しようとしていて

 

また、

あなたがたの

完全なソースエネルギー意識に戻って 

再び出現しようとしているからです。

 

 

 

ですから、あなたがたが 

自分の心の中心に焦点を当て、

それからあらゆる物理的なものと

人と動物と地球全体のあらゆる素粒子を

埋めるために四方八方に意識を広げる練習を

することを私たちは提案します。 

 

あなたがたは、今すぐ、偏在/全知全能/空を

経験する準備ができています。 

 

あなたがたは自分が肉体存在であることと、

エネルギーソースであることとを、

同時に自分自身に味わってみる準備が

できています。 

 

そして、この習慣は

遠隔で他の人を癒すのを助けるでしょう。

 

それはまた、意思表示をするのに役立ちます。 

 

それは、あなたがたが自分自身を

あなたがたの5次元の自己として

もっと知ることで、自分を助けるでしょう。

 

そして、これは、現時点で

あなたがたのためのゲームの名前です。

 

 

 

そして、それはゲームの名前で

あり続けるでしょう。

 

ゲームの名前である‘意識の拡大’については、

今や全てです。

 

残りの人類を待つ間に、この様な経験をして、

今の自分との調和を味わう必要があります。

 

現時点で物理的な現実が提供しているように

思われるものよりも、それを越えて、

もっと多くのものがあり、

今後もそこに留まるために、

自分が興味を持ち続けるべき場所であるという

ことを味わっておく必要があります。

 

 

 

私たちはアクトゥリアン評議会です。

私たちは皆様と繋がれた事を

楽しんでいます。”

 

  

訳注(※)omnipresence

偏在:何処にでも存在する/全知全能と訳されますが、

意味合いとしては、肉体を持つ  私たち人間に対して、

日本語では空:くうを指していると思われます。  

  

  

 

  

Daniel Scranton Blog 2019年6月23~24日投稿(日本時間)

  

 

YouTube動画

 

 

写真:Karin Miller

 

 


バシャール:心の状態

転載元 the PLANET from NEBULA さん


貴方の心の状態が天国を作り出しています。それと同じように、貴方の心の状態が地獄を作り出しているのです。そして私達はもともと天国の心を持っており、100%ポジティブで愛のエネルギーを持っています。

 

ですから、よく宗教で語れる天国や地獄は”人間の視点”で語られた概念であって、平たく言うとただの”コンセプト”に過ぎないのです。しかし、貴方がやってきた非物質界の世界を表現するとしたら、非物質界の場が天国と言う事が言えます。何故ならば、無条件の愛のピュアなエネルギーでできた世界だからです。そして私達は今世において覚醒(アセンション)を体験し、貴方の考える天国を物質界に創り出そうとしています。

 

今から貴方が考える天国をイメージしておくのも楽しいかもしれません。自分がワクワクする”体験したい天国”をもし物質界で再現したとしたらどんな世界なのか、そこをじっくりイメージしておくと良いでしょう。


バシャール:変化の体現 

2019-06-24 

転載元 the PLANET from NEBULA さん

貴方が変わった事を宇宙に知らせるには、頭の中で決意しただけでは証明できない事を知って下さい。貴方が変わった事を宇宙に知らせるには、貴方が体現して表現する事で初めて証明できるのです。例えば、人に対して愛と光を持って接すると決意しても、それを実際に行動に移せなかったら学びを得ている事にはなりません。例えば、スピリチュアルに関して知識を積んでいたとしても、それを実際に実行に移さなけれ知識が身についているとは言えないのです。つまり、新しい知識をどんどん詰め込んだだけの”頭でっかち”になっただけになります。

 

ですから、”新しい自分”をどんどん体現して宇宙に証明してゆく事が肝心なのです。そうする事で、もっと”新しい自分”を、もっと進化した自分を、もっとワクワクで楽しい人生を生きる自分を誕生させる事になります。

 

私達は日々変化する存在ですが、ドラマチックな出来事がない限りあまり大きな変化を体験する事は無いかもしれません。しかし、たとえ大きな出来事がなくても、大きくジャンプ(変化する)する事が可能なのです。恐れず貴方の想いをワクワクで体現してください。体現すればするほど、変化を証明する事がどんどん上達してゆく事になります。



2019年年6月24日のインテルアラート


アメリカの情報サイト「インテル」から2019年年6月24日のインテルアラートをお届けします。

 

 

【インテルアラート:2019年6月24日】


イベントが展開して移行の最終フェーズが開始されるまで、すべての情報源が沈黙している。

株式市場を世界的に崩壊させるための、複数の引き金が設定されている。

https://inteldinarchronicles.blogspot.com/2019/06/swiss-relations-with-eu-could-spill.html

7月4日のトランプ大統領のイベントに、すべての注目が集まっている。

 

 

27日からは大阪で、G20の首脳会議が開催される予定です。

 

何かが起きるかもしれないと言われる7月4日のアメリカの独立記念日まで、2週間を切りました。


ただ、今まで日付を指定して起きると言われても、起きた試しがありませんよね。(笑)

 

いや今回は違うんだ、と思いたいところですが、どうなるでしょうか。

 

しかし、イランとの摩擦は、米軍の攻撃寸前まで行くという綱渡り感もあって、なかなか興味深い展開でした。

 

裏でサイバー戦が起きていたという情報もありますので、その戦いを有利に進めようとする陽動作戦だったのかもしれません。

 

7月4日も終わってみたら何も起きず、やっぱり陽動作戦だった、なんてオチでないといいですが。(笑)

 

どちらにしても、もうすぐわかることです。

 

とりあえず、楽しみに待ちましょう。(笑)


新たなハイブリッド種族∞9次元アクトゥリアン評議会 ダニエル・スクラントンさん経由

 

転載元 https://ameblo.jp/medjed2018medjed/entry-12485369131.html

 

テーマ:

 

 

「新たなハイブリッド種族」

∞9次元アクトゥリアン評議会

--ダニエル・スクラントンさん経由--

 

 

 

“ご挨拶申し上げます。

私たちはアクトゥリアン評議会です。

私たちは皆様と繋がれる事を嬉しく思います。

 

 

 

私たちは、

あなたがた自身のアセンションを助けている

私たち自身と他の存在を

新しい立場へと繋げています。

 

私たちはこれらの伝達を通して、

そして、あなたがたを助けるという

私たちの意図のために、

人類とより密接に関係しており、

 

そして、その密接な関係から、

私たちがこの決断に繋がりました。

 

そして、私たちは、

あなたがたの支持者、教師、伝達者、

そして無条件の愛と高い周波数から、

エネルギーを発信しているだけでありません。

 

私たちは、また、今、

いくつかの新しい努力で

あなたがたと提携しています。 

 

この文脈で私たちが

代名詞「あなたがた」を使うとき、

私たちは人間の集団意識について語っています。

 

 

 

あなたがたの中には

これらのコラボレーションを

知っている人もいれば、

 

共同創造的な努力についての

意識的な経験を持たない人もいるでしょう。 

 

今、私たちはこのパートナーシップから

進化する可能性がある存在の種族を

確立しています。 

 

言い換えれば、あなたがたは、

あなたがたの物理的な交配種の存在が

あなたがたの側面にも有り、

 

そして、あなたがたの多くは

既にご存知の人もいるでしょう。 

 

私たちがここで話しているのは、

あなたが既に知っている存在とは異なる

ハイブリッドです。

 

私たちは人類と、

あなたがたが既に内面に

保持しているものより更に強い地球外の

エネルギーとの混成について話しています。

 

 

 

私たちは、

ここでは9次元のプレアデス・グループ、

そしてシリウス・グループと一緒に、

適切なE.T.のエネルギー量を決定するために

一緒に協力して働いています。

 

人間の意識と

あなたがたの肉体を構成するエネルギーを

保持する為に、

 

E.T.の意識とエネルギーの正しい量を

決定する為の、ハイブリッド的混成をします。

 

それはエキサイティングな努力であり、

そして、

あなたがたの集合意識は勿論、船上にあります。 

 

あなたがたが、完全に合意しなければ、

このようなことを設定することは出来ません。

 

 

 

人類種族は常に上昇の渦中にあります。 

 

私たちが何度も、

あなたがたは進化し、さらに成長すると

言っています。 

 

また、あなたがたは、その進化が

何になるかを定義し、決定しています。 

 

5次元的なあなたがた自身になるにつれて、

様々な機会が与えられます。

 

例えば、あなたがたの意識やエネルギーと、

私たちのような存在とを融合する機会を含む

多くの異なる機会を持つでしょう。

 

これはチャネリングによって

起こる事が有ります。

 

あなたがたが私たちや他の高周波の存在を

チャネリングするほど、

そのエネルギーの多くは、‘誰か’になり、

あなたがたは‘何者か’になっていく変容を

辿ります。

 

 

 

そしてこれは、

物理的および非物理的レベルで起こっています。

 

それで、あなたがたは、

人々があなたがたの目の前で

文字通り変貌するのを見ることができます。

 

そして、あなたがたの幾人かは、

この現象が起こっていることに気づくのに、

十分に調整されています。 

 

あなたがたの幾人かは、

特徴、外観、そして意識について

E.T.寄りに選択しているより多くの人間に

気づいていて、

 

そして、この時点からあなたがたは

それについてもっと認識するように

なるでしょう。

 

これは、私たちと

私たちが言及した他の存在に対する

あなたがたの開放性のために起こっています。

 

今が素晴らしい時です。

 

そして、この全てが、

銀河を結びつける役割を果たし、

私たち全員を

一つの種族、

一つの意識、

一つの集団にするのに役立ちます。

 

 

 

私たちはアクトゥリアン評議会です。

私たちは皆様と繋がれた事を

楽しんでいます。”

  

  

Daniel Scranton blog 2019年6月22日投稿(日本時間)

 

 

YouTube動画

 

 

写真:Karin Miller

天使、妖精/精霊、その他のヘルパー∞9次元アクトゥリアン評議会 ダニエル・スクラントンさん経由

 

転載元 medjed

テーマ:

 

 

「天使、妖精/精霊、

その他のヘルパー」

∞9次元アクトゥリアン評議会

--ダニエル・スクラントンさん経由--

 

 

 

“ご挨拶申し上げます。

私たちはアクトゥリアン評議会です。

私たちは皆様と繋がれる事を嬉しく思います。

 

 

 

あなたがたの意識の進化と言う次の段階に

あなたがた自身を導く時、

私たちは非常に興味深く、

そして人類の道を辿ることに興味津々です。

 

あなたがたは勿論、

常に進歩を遂げていますが、

ある特定の時には、より広い進歩が

人類によって体験される機会があり、

今こそ、それらの時代の一つです。

 

あなたがたの周りのますます多くの個人が、

あなたがたと彼らが丁度、

どの程度に進化しているかを、そして

5次元的にハイアーセルフになっているかを

示していくでしょう。

 

周りの彼らが経験している事と

知るようになった事に関して、

同じ言語を持たない人々でさえ、

 

あなたがたが保持し

おこなっているあらゆる事と

同じような経験をして、出来事に名称を冠し、

あなたがたに同期してゆく事ができます。(※)

 

 

 

それで、進化過程の次の段階に

人類が導かれるようになるにつれて、

あなたがたは新しく目覚めた人々への奉仕で

さらに多くの援助を得ようとしていることを

知って下さい。

 

あなたがたは天使たちによって

援助されようとしており、

そして、あなたがたが、

天使たちから受けるエネルギーは

あなたがたの光を更に強く照らすでしょう。

 

あなたがたは困っている人々には

目を惹くので、彼らはあなたがたと繋がり、

助けを求めるのがいいことを

彼らは知るでしょう。

 

そのような地上クルーは

新たに目覚めた人たちにも

影響を与えることができるので、

あなたがたはまた、

妖精/精霊の領域から来るより多くのワクワクを

経験することになるでしょう。

 

 

 

彼ら妖精/精霊は新たに目覚めた人間に、

魔法の体験を与えることが出来て、

 

この体験は、あなたがたが5次元に入った時に、

この神秘的で魔法の領域の詳細を

人々が理解するのを助け、

魔法の経験を与えることが出来ます。

 

妖精/精霊たちは、

皆さんが何を目指しているのかを

垣間見せることができます。

 

そして、天使たちはリーダーであることを

意図されるあなたがたのような人々と

他の人類へのガイドをサポートすることが

できます。

 

そして勿論、あなたがたは

イルカやクジラがこれらすべての中で

果たしている役割、

 

そしてあなたがたの惑星、太陽、

そして他の天体や高次元存在について

知っています。

 

これは本当にグループでの取り組みによる

努力の賜物です。

 

 

 

私たちは皆、ここで、より高次領域で、

一緒に働いていますが、

まだ眠っているそれぞれの個人を

どのように正確に目覚めさせるかを

議論し討論しあっています。

 

採用できる様々な方法を

検討するのは私たちにとって楽しいことです。

 

そして、私たちは、これらの目覚めが

ますます規則的になり、

あなたがたは

目を覚ますことを期待していない人々から

手助けしていき、楽しむのを知っています。

 

たくさんの楽しみが人類の前にあります。

 

そして、私たちはそれを高次から

すべてを見ることが出来てとても嬉しいです。

 

 

 

私たちはアクトゥリアン評議会です。

私たちは皆様と繋がれた事を

楽しんでいます。”

  

 

(※)訳注

メトロノームの同期

猿の海水の芋洗いの伝播/同期現象の例と

同じです。

  

 

 

  

Daniel Scranton blog 2019年6月21日投稿(日本時間)

 

 

YouTube動画

 

 

写真:Karin Miller

 

狂ってる!人も地球も・・・・


(転載記事)


地球の気候が本格的なカオスに : インドでは連日の50℃超の猛暑で多数が死亡。アメリカでは夏の大雪。オーストラリアでは氷点下の猛寒波。南極では-86℃を記録。そして日本には梅雨が来ない

投稿日:

 

 

インドの熱波を伝える2019年6月18日のNHKニュースより


India heatwave leaves 200 dead

2019年6月21日のオーストラリアの最低気温(青の地点はすべて氷点下)


Freezing weather for the rest of the week

 

世界全体に異常気象による農業の危機が拡大中

地球全体として、気温や気象がますますムチャクチャなことになっています。

日本にしても、何となくおかしなことになっていまして、それほど大荒れの状況が出ていないので話題になりにくいですけれど、多くの地域で梅雨入りしていません。

以下は 6月20日の日本気象協会のニュースの冒頭です。

 

異例づくしの「今年の梅雨」 この先は?

tenki.jp 2019/06/20

今年の梅雨は、いつもの年とは、かなり違っています。

違いの1つめは、「梅雨入り」が遅れていること。平年ですと、この時期は、沖縄から東北にかけて「梅雨の真っ最中」ですが、20日木曜日現在、九州北部や四国、中国、近畿では、まだ梅雨入りが発表されていません。原因は、梅雨前線がなかなか北上しないから。

九州北部や四国、中国、近畿は、1951年の統計開始以来、梅雨入りが最も遅い記録に並んだり、遅い記録を更新する可能性もあります。

 

そして、今日 6月22日にもまだそれらの地域では梅雨入りが発表されていませんので、四国に関しては「観測史上最も遅い梅雨入り」が確定しました。

 

九州北部や中国、近畿なども、週明けに梅雨入りしなかった場合は、観測史上最も遅い梅雨入りとなると思われます。

そして、関東などの地域も梅雨入りしたとはいえ、本格的な雨が降っていません。

 

梅雨のない北海道を別にして、日本の多くの地域は、梅雨があることを前提に農業の行程が進められますので、今後どうなるか気になりますね。

雨は年間で必要量が降ればいいというものではなく、適切な時期に、適切な量が降るということが、農業にも、あるいは経済全般にも必要なことだと思われます。

 

今後、急にたくさん雨が降り始めたとしても、今年はいろいろと難しい面が出てきそうです。

 

以下のような記事でも取り上げていますが、今年は「日本がたくさん食糧を輸入している国々」が、自然状況の崩壊で、農作が大変なことになっています。

世界的な食糧危機がやってくる : フランス、アメリカ、オーストラリアなど農業輸出大国で記録にないような甚大な被害が進行していることが明らかに

 

アメリカは、大雨と洪水と寒波により、広い地域で、「今年は農作自体が放棄された」という状況になっていて、フランスも春の寒波により、ワイン用のブドウやトウモロコシが絶望的な状況になりました。

 

穀物の一大輸出国であるオーストラリアは、116年ぶりの大干ばつにより「海外から穀物を輸入する」という事態に陥っています。

 

そのオーストラリアは、今度は、冒頭にも載せましたような「異常な寒波」に現在見舞われています。

 

南半球のオーストラリアは、これから冬に入るとはいえ、冒頭の気温分布のような「全土の3分の2以上の最低気温が氷点下となる」というような国ではないです。

 

また、南半球の気温といえば、6月20日に、南極大陸で「 -82.7℃」が記録されたことが報じられていました。記録されたのは、「ドームA」と呼ばれる標高 4093メートルの高地です。

 

2019年6月20日 南極で -82.7℃が記録される


Severe Weather Europe

 

この南極のドームAは、世界で最も気温が低い場所とされていまして、過去には「 -89.2℃」を記録したことがありますが、南極の気温が本格的に下がる季節はこれからだと思われますので、今年は、新記録が期待されるかもしれません。

 

そして、夏を目前にしたアメリカのモンタナ州では、6月20日に「大雪」が降りました。こちらはもう異常気象そのものです。

 

以下の写真は、雪の中でたわむれる結婚式中のおふたりです。

2019年6月20日 米モンタナ州ボーズマンにて


Bozeman、Montana 06/20/2019

 

ジューン・ブライドのその日は雪だった……ということで、思い出には残るかもしれません。

 

まあしかし、来年も再来年も、6月に雪が降るということになるのかもしれないですが。

 

狂気じみた気象に陥っているヨーロッパとロシア

ヨーロッパは、気温云々を超えて、比較的全域が、

「狂った気候」

と表現して構わない状況となっていまして、先日も、以下の記事で「ヨーロッパの広範囲に、直径 10cm以上の雹(ひょう)が降った」ことをお伝えしています。

中央ヨーロッパのほぼ全域で「10センチ以上の大きさの雹が降る」というかつてなかった黙示録的事象が発生。フランスでは農作物に壊滅的な被害

 

 

下の図は、この記事に乗せました「10cm以上の雹が降った場所」です。

2019年6月に巨大な雹に見舞われたヨーロッパの場所


・ESSL

 

もう、これに関しては完全に異常でありまして、かつてなかったことであると同時に、現在のヨーロッパでは、「このようなことが繰り返されている」ということが、もう黙示録的といってもいいかと思います。

 

そして、この雹で、またしてもフランスなどで農作物が壊滅的な被害を受けていまして、食糧への影響は拡大しています。

 

この「雹」というものの被害は、

「 21世紀になってから唐突に拡大した事象」であることについては、以下の記事でふれたことがありますが、同時に、この記事を書きました 5月以来、全世界で雹の報道がさらに増えています。

全世界で一斉に激しい雹が降り落ちた黙示録的な三日間から知る「雹被害は21世紀になってから始まった災害」だということ

 

アメリカでは、夏を前にして、すでに 2019年の雹による経済被害が

過去最大となっているこことが伝えられています。

 

ヨーロッパ各地も、農業被害を含めて、おそらく過去最大の被害となっていると思われます。

 

雹は、合理的には「非常に荒れた気象状況」を示す事象ですが、一方では、雷と共に象徴的な意味を持つ事象でもあるだけに、世界各地で雹が連続し続けているというのは、印象深いことでもあります

 

 

IN DEEPさんのブログより



バシャール:サイキック能力


私達はみな、生まれながらにしてサイキック能力を持っています。例外はありません。サイキックは非物質界のエネルギーを感じ取る能力で、私達はみなこの能力を知らずに使っています。例えば、薄暗い公園の奥のベンチが何だか気になるだとか、神社やお寺のエネルギーを感じて健やかな気分になる、または子供の雰囲気で何かあったかを感じ取る事ができたりします。

 

ですからサイキック能力は私達に自然に備わる機能の一つで、別に特別な能力ではないのです。だれもが持っている能力なのに、それを伸ばそうとは誰も考えていません。まるで運動神経が抜群なのに、全く運動をしないのと何だか似ています。つまり、『持っているのに使っていない』という感じかもしれません。

 

いずれにせよ、貴方のサイキック能力は貴方のイマジネーションと深い関係があります。非物質界のエネルギーを貴方のイマジネーション内に取り込み、更に捉えやすい方法でメッセージを受け取っているのです。

2019年年6月21日のインテルアラート

 

NEW !
テーマ:

アメリカの情報サイト「インテル」から2019年年6月21日のインテルアラートをお届けします。

 

 

【インテルアラート:2019年6月21日】


トランプ大統領は、彼の金に対する経験から、金本位制に戻ると予想されている。

https://inteldinarchronicles.blogspot.com/2019/06/trump-and-possibility-of-return-to-gold.html

情報源によると、金本位制への復帰は6月末までに発表される予定だ。

他の情報源は、2020年の選挙前には間違いなく金本位制へ復帰すると予測している。

一方、地球同盟は現在、ジンバブエに金本位制通貨を採用するように促している。

https://www.enca.com/business/mnangagwa-explains-why-zimbabwe-did-not-adopt-rand

すべてのジンバブエ(兆シリーズ)紙幣は、ジンバブエの天然資源にリンクされているため、新しい通貨が解放されたら償還して破棄する必要がある。

これからの金本位制通貨はすべて、待機中の量子金融システム(QFS)にリンクされている。

QFSが正式に稼働するときが、中央銀行と旧金融システムの終わりとなるだろう。

QFSにおけるすべての取引は監視され、通貨に関係する犯罪行為はすべて根絶されることになる。

ディープステート/カバールが、マネーロンダリングや裏取引などにより、大衆から搾り取るとともに、グローバルな金融システムの操作によって大成功を収めたことを思い起こしなさい。

これは犯罪者が権力の座についたときに起きる。

QFSの下では二度と起きないだろう。

私たちは、かつて経験したことのない、世界規模の経済移行の開始を目の当たりにしている。