まりすのよふかし

まりすのよふかし

京都府出身、東京でうたっとる人。
七つ森というバンドのボーカルと、
たかはしまりすというウクレレ弾き語り。

気心知れた友達とは、

ついたくさん喋ってしまうので少し声が詰まったりした。


仕事と家事の合間にぱらりと開くナチュラルボイスの発声法の本がすごく役立つ


舌トレーニングを継続的にやっていきたい


やっぱり中島みゆきは元気になる


それと、

昔ライブハウスでバイトをしていたときに出会った音楽、シンガーの「ゆいこ」さんの名前を 知っているミュージシャンのXで見つけ、

当時本当に心惹かれて、バイト中にCDも買ったくらいやから

一気にその時の気持ちを思い出して検索。


確か、そのときは表記が「ゆゐこ」さんやった気がしたのでそれで検索するも出てこず


「い」に変えて検索したら

YouTubeが出てきたー!!!嬉


ライブいきたい、、また歌っておられることが心から嬉しく 特に好きだった「in my ocean」を聴いて心が浄化された。。


そういえば昔、ミニアルバムをレコーディングしてくれたエンジニアのuさんがエレクトロニカのユニットの話を一度持ちかけてくれた事があったな。今になって超やりたい。


生演奏が好きやけど、

uさんに出会ってエレクトロニカも好きになったよ


なんだか鼻のずーーーっと奥の方で、懐かしい匂いがするような そんな気持ちで夜を過ごしてる




口の中で声が共鳴している感覚が気持ちよく、声を出したい・話したい という気持ちになれた。


白か黒か、0か100か みたいな性格なので

少し声が詰まると悔しいけど

ここはゆっくり、ゆっくり、そういう気持ちで構えていたい。


「声が出ていないことをどう思われているだろう」という不安の中で暫く会話をしてきたけど


今日は「会話をしたい」という前向きな気持ちで

お店のお客さんと話せた気がする。


ファルセットとミックスボイスやけど、

歌うのも本当に気持ちがいい。中島みゆきと ユーミンを歌うのが気持ちいい。Superflyも。

教科書みたいに歌っている。


この気持ちよさを、地声にも持っていけたら良いな。


T先生の本を読んで

声帯や筋肉の図柄を見ていたら


ここを切り開く手術を選ぼうとしていた自分に「おいおいおいおい!」ってツッコミ入れた。


私の目は節穴だな。



9月のライブを迷いなく決めた。

リハーサルが楽しみ。曲も書きたい。


せっかくいただいたのに放置していたYAMAHAのキーボードにも電源入れる。鍵盤で曲書こうかな。


そんなに好きじゃなかったハイボールがおいしい。



最近そういうの増えてきた。

では。



今日は雨。


中国リラクゼーション整体

すいな屋ミナミナさんへ


赤子を連れて、どうやって施術してもらえるだろうか とこれまでなかなか予約に踏み切れなかった。


一番短い、1時間コースでお願いした。


案の定、子はずっと泣いて私の顔付近に居た(笑)

けど、全身しっかりマッサージしてもらえた。


肩、首、頭が硬いね との事。


首周辺と 顎がすごく痛くて、気持ちよかった。



施術後、なんだか話すのが軽い という感じで

少し楽になった気がした。

定期的に行きたい!



家では中島みゆきを聴いて元気を貰っている。

ボイトレのT先生の著書も、じっくり読んでなかったので本棚から取ってきた。出しておこ。


少しずつ前に進んでいると信じたい。



おやすみ。


昨日書いた、他人任せの無責任な「信じる」


それとは違う「信じる」を見つけられたような昨日のボイトレ。



落ち込んで、悪化して、また落ち込んで、の悪循環負のループから抜け出せた。

でもまたきっと落ち込む時は来るから

そうしたらまた光を見つけるんだ。



歌う事をやめるという選択を、自分に強いられていたような気がする。

本当はそんなこと絶対に嫌で、私は何よりも歌いたいって

レッスン中、不意に出た涙で気付いた。


決して優しいだけじゃなくて、

たまに傷口に塩を塗られるような言葉もあるけど


もう20年近く(ギョッ!)歌をみてくれているT先生が

私の声を引っ張ってくれた。



レッスンの最後に、中島みゆきの「糸」をワンコーラス歌った。

喉に邪魔されない歌を、久しぶりに歌えた。

そもそも、なんで自分の喉に邪魔されるなんて事があるんだ。おかしい。

だって私の喉。ずっと一緒にやってきた。


メス入れてチタンで留める手術だって考えた。

でもやらない。きっとやらない。


きっとまたすぐに落ち込む。


でも、

昨日捕まえた感覚を

思い出しながら前に進むつもり。


今日はここまで。

Twitterでも(あっXか)、Instagramでもなく


自分の言葉を綴る場所が必要なんだよなぁと

改めて思った今日この頃。



夫「じゃあ紙でいいじゃん。」


違います!

違うんです!全然違うんでーす!!


紙には毎日日記書いてます。

違うんです。(何回言うんやw)




今、代々木に向かっているところ。

代々木なんて、いつぶりに降りるだろう

少しワクワクしながら

でも基本的にここ一二週間憂鬱に潰されそうな状況。


でもその状況に陥ったからこその、

「言葉を発していこう」

なのだから


意味がなかったわけじゃないって思う。


「信じる」という無責任な、他力本願な行為を

自分で打ち破っていかないとと思う。


長年悩んでいる自分の「声」と

ようやく真面目に、向き合っていこうと思い始めたところ。


ボイストレーニング行ってきます。