日曜日も大丈夫

テーマ:

のっけからばばくさいですが、「いやー、良い時代になったもんだ」と思うのは、アメリカにいても日本の本や食料品が、前よりずっと楽に手に入ることです。

 

 

が、それと同じくらいそう思うのは、私が住むコネチカット州で日曜日に酒屋が開いているようになったことです。

酒飲みの私には、とてもうれしい。

ただし他の日よりは開いている時間は短くて、12時から5時まで。

 

 

 

 

 

 

2年くらい前までは、酒屋は日曜日には営業してはいけないことになっていて、それを見込んで買っておかないと、意図していなくても休肝日になってしまうことに。

 

バーに行けば飲めましたが、私は家のみ派なので。赤ワイン白ワイン生ビールロックグラス

 

日本ではコンビニでもワインも買えるのに感激したし、ビールが道端にある自動販売機で24時間買えるというのが、今考えるとびっくりです。

 

アメリカ、少なくともコネチカット州では、スーパーマーケットでやっとビールだけが買えるようになりました。

 

ただ支払い時のレジでは、いくら年がいっていてもIDを見せるように言われます。

 

問題があった時のための形式上のことで、決して成人に見えないからというわけではないので、夫のように喜んではいけません。

 

 

 

 


海外永住ランキング