ねこざんまい

ねこざんまい

東京で「猫も!里親さんも!保護主も!みんなが楽しくなれる」譲渡会を開催しています。
何より楽しく、そしておもしろ可笑しくゆる~いのんびりした譲渡会。
でも、譲渡や活動はきっちり真面目に!



 


↓1日1回上も下もポチッと押してくれると嬉しいにゃ~


今日もねこざんまいにご訪問ありがとうございます♪
1日1回のポチポチ、ご協力お願い致します♪

 にほんブログ村 猫ブログへ

 


☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚* ☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚* ☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚* ☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚* ☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*

 

 

  3月10日(日)12:00~16:00

中央区立産業会館2階

 

 祭ねこざんまい譲渡会に参加予定祭

 

 

乙女のトキメキぼく、リバーくんだよ星よろしくね!乙女のトキメキ

 

 

 

 
みんな、げんき!?
 
ぼくはとっても元気!!
 
 
育ち盛りだからご飯もたくさん食べて、
 
体力つくりを兼ねて兄妹3人で毎日取っ組み合ったり
 
猫じゃらし遊びを奪いあったり…していたら
 
でっかくなっちゃった音譜音譜音譜
 
 
 
(ちなみにこれ、保護された当時の小ちゃかったぼく!)
 
 
でっかくなちゃったぼくは、写真を撮りなおすから
ジッとしていい顔してね!なんて言われるんだけど・・
 
ぼくたち子猫にはじっとしていることが難しくてさあせる
 
ジッとしてって言われても、ジッとしてられないよ汗
 
可愛いお見合い写真撮るんだからビックリマークって言われてもねー。。。笑
 
これで勘弁してよグラサン(なかなかイイ男に映ったねチョキ
 
 
 
ぼく、赤ちゃんの頃からヒトに大事に育ててもらかったから
 
ヒトのことが大好きですぐに仲良くなれる自信があるよ爆笑
 
(あ〜!なんて可愛かったんだ、ぼく恋の矢恋の矢恋の矢
 
ぼくたちのような最高にかわいいにゃんこ・・・
 
この機会を逃したらなかなか会えないと思うなぁ・・・ニヤリ
 
こんなかわいいぼくを家族にできたら、
 
めっちゃ自慢できると思うけどな~チュー音譜音譜
 
 
 

 

ぼくの詳しい紹介は、下の家族募集から、必ずみてね!!

 ↓

 ↓

 ↓

猫ちゃんの一覧はこちら右矢印家族募集中

 

譲渡にはいくつかのお約束事がございます

ご来場前にご確認ください右矢印譲渡について譲渡の流れ

 

 

 

11:30より、2階会場入口にて受付を開始します。

受付時に入場予定時間が記入された整理券をお配り致しますので、

整理券を受け取った方はお時間になりましたら2階会場入口に番号順にお並び下さい。

 

 

 

 



※ねこざんまい譲渡会は、先着順で里親様を決定する譲渡会ではありません。
先に申し込みをした方を優先することもありません。
お話をして、その猫ちゃんに合ったおうちに決めさせていただいております。

12時に開場し、里親様の決定は14時以降となります。
14時以降にご入場の場合、希望の猫ちゃんが決定している可能性があります。
また1頭に対し多数のご希望をいただいた場合、早めに申し込みを締め切らせていただく場合がございますので、予めご了承下さい。

 

 

 

★里親希望者様へ★
ねこざんまいでは、ペットではなく生涯、家族の一員としてたっぷり愛情を注いでくださる
ご家庭をお待ちしております。

 

●学生の方
●子猫・幼猫希望の60才以上の方のみのご家庭
●脱走防止対策にご協力いただけない方
は原則譲渡を遠慮させていただいております。
●一人暮らし・同棲(事実婚)の方
保護主の希望や猫の年齢・性格等により、ご希望に添えない場合もございます。
 

 

★仔猫ご希望の里親様★
仔猫ちゃんたちは、まだ体がしっかりしていない赤ちゃんです。
下痢だけでも数時間対応ができなかっただけ死に至る事もあります。
その為、月齢に応じたお留守番時間を設けさせていただいております。
また、譲渡会当日に不参加になることもございますのでご了承ください。
6ヶ月未満の子猫ちゃんの里親様には子猫支援金にご協力をお願い致しております。

 

 
 

 

 

 

*大事な愛猫を危険いっぱいの外から守る脱走対策は大事な命綱!

ベランダや玄関前の廊下に便利で安全なおススメ商品です!

 

 

 

 *ベランダに最適!足元から天井まで、猫を通す隙間のない安心安全な

脱走フェンスです!

 

 

まだ小さな子猫ちゃんでも心配なく使えます!

猫ちゃんの理想のトイレは(成猫を想定してください)体の1.5倍!

猫の頭数+1個ご用意ください。トイレ管理は健康管理に必須ですビックリマーク

 

 

お家から一歩でたら脱走リスクが伴います。

手頃な価格の簡単なつくりのキャリーバックは病院行き来の際に脱走されることが

多発しています。布製など、ソフトキャリーは興奮しパニックになると破られます。

ハードタイプのキャリーが必須です。使いやすく猫が快適な広さも必要です。

病院で獣医師、看護師さんにも好評なリッチェル3WAYがお勧めですビックリマーク