neimii~和装生地/古布の創作~

neimii~和装生地/古布の創作~

箪笥に眠っている着物、出番のない大切な遺品など、古い稀少な正絹を、伝統和装の良さを活かすような洋装にと、製作しています。


テーマ:
もう弥生も半ば…時は巡り行きます

明日は当たり前に来るわけではなく、この1日を大切にと念頭に置く…

時間は決して止まらず、今日が昨日になってゆきます


年明けからの3つのイベントを終え、少し平静を取り戻し、足元を見る時です


ショーの直前に仕上がったワンピース

この振袖から仕立てたwasukaを、年明けにご紹介しました

今回は肩から裾までの柄行きを、全て接ぎ合わせてからのパターン製図でした

30年ほど前の思い出の着物、姉妹お二人が袖を通した振袖が、形を変え、3月5日、揃って身に纏ってのお披露目となりました





わたくしは、自己満足で製作をしたいわけではありません

我々には、衣食住が必要であり、生活の基盤になるわけですが、そのどれに重きを置くのかは各々の価値観です

美味しいものが食べたい、理想的な家に住みたい、そして…自分好みの服装をしたいという"衣"の需要、これは最後の…ともすれば贅沢な希望なのかもしれません

そのお手伝いに、日本文化を、伝統和装の継承を、という要素を提案する品作りは、本当に難しいものだと悩むことも多いです


しかし…これを見てください



初めての、超ミニ丈に…とのお直し品

可愛いでしょう?

驚くのは、ご依頼主様が古稀を過ぎた方で、なんと趣味のボーリングウエアにされるとのこと

下にスパッツを履いて、この赤い30cm丈のスカートを巻き、サッと投げポーズを決めるお姿を想像すると、もう嬉しくて

深刻な高齢化社会問題を払拭するような、元気をいただきます


もう1つのオーダー品も幸せな製作でした





来るお子様の入学式にと、この優しい桜色を選ばれました

ベージュのショートジャケットを羽織られるそうで、あれこれと生地合わせからの楽しい時間

晴れの日の笑顔を想い、日本の四季、季節感をも共有させていただきました


心根だけで、この仕事を継続してゆくことは、現実的ではないのかもしれません

それでも自分流にしか進めない、有難うの想いを重ねて、今日も在ります


Ameba人気のブログ