neimii~和装生地/古布の創作~

neimii~和装生地/古布の創作~

箪笥に眠っている着物、出番のない大切な遺品など、古い稀少な正絹を、伝統和装の良さを活かすような洋装にと、製作しています。



11月に奄美大島へ行って参りました

大島紬の生まれる現場…いつか見せていただきたいという念願でございました

幾重もの工程
緻密な作業
職人技の極み

わたくしの根幹が震え
わたくしは更なる先を描こうと思いました


大好きな大島紬づくしでございます

2枚の着物からアンサンブルに仕上がったオーダーをご紹介します

お母様の遺品の茶系大島と、ご自身のお嫁入りの際に誂えていただいたという黒大島

お二人の…母娘のお着物がセットアップに



お気に入りの形と仰るワンピースをもとに、柄行きを損なわぬようバックコンシールファスナー仕立て、シャーリングポケットは横置き柄に配置してモダンに

いつも個性的でお洒落な着こなしをされるお客様らしい一品です

本当にお似合いでございました


茶系の大島はポンチョにというご希望でした

折角なら…どこかにワンピースの生地をあしらい、遊び心のあるセットアップ風に…など、お客様との楽しいデザイン検討の時間をいただきました

そして仕上がったケープコート&ワンピース



納品は何度経験しても、いつでも、緊張いたします

お客様が真に喜んでくださるのか…本当に祈るような想いです

いつも同じ台詞になってしまいますが、ご依頼主様の笑顔が、わたくしどもにとって創作力の源です


もう一品、間も無く喜寿を迎えるわたくしの母からのオーダー

昭和前半の粋な大島紬…母の叔母の形見です

叔母が好んでいた歴史、譲り受けた母が纏っていた姿を、覚えています

仕上げてから母は毎日のように、このワンピースをカパッと被って重ね着しています





樹木希林さんがお着物通で、リメイク品も好んでいらっしゃったことは周知かと存じます

同じような事を母が口にします

気に入った物がいいの…その形を幾つか用意して着回すの…ですって


着物の魅力、正絹の息遣い、日本人だからこそ守るもの

溢れ出す…零れ出る…


無下な大量消費の時代は終焉に向かい、個々の価値観のもと、大事とされてゆくものも変化してゆくのでしょう

2020年が想定外の渦中で幕を閉じます

来たる2021年、皆々様の心身が少しでも、傷みませんように…哀しい涙を流されませんように…

誰もが、大切なモノを、大切にしてゆかれますように…