毎年毎年恒例の新潟詣で

テーマ:
年始は、もはや恒例になった
第二の故郷 新潟市詣で  

もはや風前の灯となった、 
国鉄系車両115系もしっかり撮影


高架化された新潟駅。
昭和の風情が残る趣あるホームは無くなってしまいましたが、
線路が高くなり、母校の中学の象徴である、
北越製紙のエントツがハッキリ拝めるようになったです
いつもこのエントツは、スス臭い煙を吐いていた
その香りを嗅ぎながら3年間過ごした中学時代は
価値観を揺さぶられまくりでした
あの3年間が無ければ今の自分は無いでしょう(笑)
思春期というのはそんな感じだと思います
高架化された新潟駅と、引退間近の国鉄系気動車。
新幹線との乗り入れは便利になりましたが、
在来線の乗り降りは少し不便に…
古き良き国鉄駅舎も個人的には残して欲しい…
万代レインボータワー、マルタケビル、笹口小学校、笹ピンと、
自分が現役の頃の建物が次々と無くなるのは寂しいものがあります

東武→野岩→会津鉄道の直通特急 リバティにも乗車

東武末端区間の下今市からは、普通乗車券のみで乗れますが、
混雑時の座席の確保は困難です…
会津高原はドカ雪(^o^)
東武鬼怒川線のSL車両も激写(笑)
もとJR車が、東武線を走るのはなかなか貴重?