介護生活に片足突っ込んじゃいました♪(旧:ねこの足跡)

介護生活に片足突っ込んじゃいました♪(旧:ねこの足跡)

好きなことを好きなように書き綴ります。

次のテーマ

「離れの二人」・「義父」・「義母」・「長男跡取り様の夫」・「嫁の私」

この5つは当分の間、「全員に公開」にします。

それ以外は必要に応じて「アメンバーに限定公開」にします。

日記などは「全員に公開」 → 数ヶ月経ったら「アメンバーに限定公開」に変更。

本の記録などのメモ的なものは、初めから「アメンバーに限定公開」です。


テーマ:

義母が入院しており
毎日病院通いをしている。

別に毎日見舞いに行かなくてもいいんじゃない? と思うし
可能なら週二日くらいで済ませたい。
たとえ来てもらう立場になったとしても……。

そんな私がなぜ毎日行くのかというと
プレッシャーがあるからだ。

午後になると義父は
私の顔を見るなり「行くのか?」と聞いてくる。

朝の時点で、「今日も行くんだろ?」と確認されることもある。
わざわざ母屋まで来て「行こう」と催促されたこともある。
しかも、面会時間より一時間以上も早く到着するような時間に……。

今日も昼過ぎ、洗濯物を手に離れに行ったら
「行くのか?」に始まり
「これから行くのか?」「今日も行くんだろ?」「病院に行くのか?」などと
義父から「連れてけ、乗せてけ」のプレッシャーを貰う羽目になった。

「行きませんよ」
「今日は行きませんよ」
「○○(イベント)があるから行きませんよ」
「○○で交通規制があるから行きませんよ」
「今日は○○がありますよね? 交通規制で混んでいるし云々」

行かないと伝えているが
聞こえないのか
理解できないのか
お見舞いに行けないことを理解したくないのか
午後はお見舞いに行く、という思い込み故か
はたまた……
とにかく、しばらくの間「行くのか?」を繰り返された。

正直なところ



うざーーーーーーいっ!



と叫びたかったし



そんなにお見舞いに行きたいのなら
優しい息子に事前に約束を取り付けておけ!



とも言いたかった。

ちなみに優しい(押しに弱いとも言う)息子である夫は
朝から遊び(パチンコ)に行っている。

今日も我が家は平和です。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス