ねこごよみ さわだまことオフィシャルブログ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

お見舞い申し上げます

本日もブログ「ねこごよみ」においでいただき、

ありがとうございます。

 

連休の日本列島を襲った台風19号は、

東北、関東甲信越を中心に各地に甚大な被害を

もたらしました。

 

お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りすると共に、

被災された皆様にお見舞い申し上げます。

 

12日は頻繁に鳴り響くエリアメールにビビりつつ、

TVニュースで台風の様子を確認していたのですが

台風の進路が北に進んだ夜になり、

「宮城県の丸森町筆甫(ひっぽ)で、観測史上初の降水量を記録」

というニュースが流れるようになりました。

 

丸森町は、前回の記事で紹介した「猫にお願い」展でも

展示されていた猫碑がたくさん確認されている地域です。

特に筆甫地区は、多くの猫碑が点在する場所だと

記憶していたので、とても心配していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の企画展のため

筆甫地区から貸し出されていた猫碑。

普段は見落とされそうな道端にあるのだそう。

 

 

翌13日の朝。起き抜けにTVをつけ、水没した

丸森町が目に飛び込んできたときには愕然としました。

 

『丸森町の猫碑めぐり』を買い求めた観光案内所も、

観光名所齋藤屋敷も、空撮で映る被害の大きな

街の中心地なので、どうなってしまったか心配です。

また、水害だけでなく土砂崩れなども発生しているようで、

散状に心が痛みます。

 

村田町歴史みらい館の企画展を見に行った際には、

9月の末に、仙台の旅行会社「たびのレシピ」さんの

企画・催行で「丸森町猫碑めぐりツアー」が

開催されたことを知りました。

 

会場にいらした「たびのレシピ」の石塚さんに

「またツアーをやるときはぜひ参加したいです!」なんて

お伝えしていて、東京からいらした、編集や企画を

されている女性の方とも「猫碑をきっかけに

丸森町も盛り上がっていくといいですね」

とお話していた矢先だったので、

「どうしてこんなことに…」という思いでいっぱいです。

 

今も丸森町は電話も通じず、国道が分断され、

孤立状態のところもあるそうです。

まずは住民の方の一刻も早い安全の確保と、

インフラの回復がなされますように。

また、広範囲にわたる被害に遭われた地域も、

これ以上の被害が拡大しないようお祈り申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>