ねこごよみ さわだまことオフィシャルブログ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2019年04月17日

今月のお言葉

テーマ:猫語読み

毎月17日は『まんがライフ』発売日です。

 

「ねこごよみ」今月のお言葉は

「猫に鰹節」です。

お楽しみに~!

 

 

今月も過去に取り上げたお言葉をご紹介していきます。

 

 

【猫の子もただではもらえぬ】

何をもらうにも無料というわけでもなく

礼がいるということ。

 

関連語としてこのような言葉もあります。

 

【猫の子をもらうよう】

縁組みが手軽に行われることをたとえていう。

 

 

「猫の子もただではもらえぬ」は手軽に

やりとりをする猫の子でさえ、

礼が必要だという意味を含んでいるようです。

 

猫がネズミ対策として飼われていた時代には

猫をもらい受ける際、人間の嫁入りのような

作法を行なっていた地域もありました。

 

猫の子をもらう際、香川県では煮干し一升を、

長野県では煮干し一升か鰹節一本、

富山県では赤飯を相手の家にお礼に持って行くという

地域があったそうです。

 

今ではどちらかといえば保護猫などの子猫を

「もらってもらう」という感覚が強いので

あげるほうがお礼をする、というイメージがあります。

 

 

実際の子猫のやりとりはともかく、

「何をもらうにも礼がいる」という考えは

とても良い教えだと思います。

 

大げさなことでなく、ちょっとしたことでも

お礼を忘れないようにしたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

14年前、ただでもらって(拾って)きた

もこちゃん

 

 

 

 

 

 

 

 

かわいいラブラブ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ