マイホームを買うとき

夫婦ふたりで買うのだから

名義は夫婦で・・・

住宅ローンの名義も夫婦で・・・

もっともです

 

夫婦それぞれに収入があって

それぞれの収入を合算すれば

借入金額が多くなる。。。

それは使いたい!

 

夫婦の収入を合算する方法は

夫婦で

①連帯保証する

または②連帯債務にする

または③ペアローンにする

この三つの方法があげられます

 

①連帯保証は夫婦のうち

一方が住宅ローンの主債務者

もう一方は連帯保証人

 

主債務者が返せなくなった場合にのみ

連帯保証人に対して

返済請求するというもの

 

②連帯債務とは

夫婦が連名でそれぞれ債務者となり

借入金残高の全額に対して債務を負担するもの

 

返済が終わるまで夫婦の両方に対して

借入金残高の返済請求ができます
 

そして③のペアローン

これは夫婦が別々に住宅ローンの借入をして

お互いの連帯保証人になる方法

 

それぞれ一方が返せなくなったら

もう一方の連帯保証人に対して

借入金残高の返済請求ができます

 

夫婦なんだから

どちらかが返せない状態になったら

代わりに返済するのは当たり前!

なわけですが

もし、離婚することになったら???

 

一方にはまたは両方に

家が必要無くなったら

この保証債務関係を変更したい!

と考えますね

 

もちろん

住宅ローンの債権者である金融機関の

承諾が必要ですが

借り入れをするのに

あんなに時間をかけて

もったいぶって

金融機関の承諾を待ったことを

思いだしてください!

 

そんなにすんなりかえてくれるとは

考えられません

現実的には・・・

可能なことではないのです


つまり

新たな保証人をみつける・・・

または

ローンと同じ価値がある不動産を持ってくる・・・

 

それでも

なかなか承諾が難しいようです・・・

 

住宅ローンを設定する際

借入金額を多くしたいという理由で

安易に

とても安易に

夫婦の収入を合算して

借り入れることだけは

避けましょう!

 

http://www.nb-bs.net/

 

住宅ローンの支払い不安は、

6人に1人の方がいだいています

そして、それは絶対に解決できる問題なのです

逃げないで・・・住宅ローン難民さん!

一緒に楽しく解決しましょう!