NEW !
テーマ:

ジメです。

 

前回のブログでは、

 

「TOEICは単なるテストではなく、

 ビジネスで使う英語力を測るテスト」

 

という情報をシェアしました。

 

まだ、前回のブログを読んでいないあなたは、

今回の話の一部がわからないと思うので、

以下のリンクからブログを読んでください。

 

[Link]80%の受験生が知らないTOEICの真実

 

あなたはTOEICの問題形式がどんな

英語力を測定しているか知っていますか?

 

このブログで詳しくお伝えしますが、

あなたはこの意図を知ってさえいれば、

1ヶ月程度で100点スコアアップが可能です。

 

また、ビジネスに必要な英語力を勉強を通じて、

自然と身に付けることができます。

 

つまり、コミュニケーションが取れます。

 

逆に、意図を知らないまま勉強すると、

点数が上がらないだけではありません。

 

あなたは使えない英語を身に付けることになります。

 

「俺は使えない英語でもいいから、

 点数が取りたいんだよ」

 

と、思われている方もいると思いますが、

点数を取る勉強だけをすると時間がかかります。

 

例えば、100点スコアを上げたいとします。

 

意図を知って勉強すると25時間ですが、

意図を知らずに勉強すると60時間かかる

ということです。

 

「嘘だろ、そんなの信じられない」

 

と、あなたは思うかもしれませんが、

このブログを通して情報をシェアするので

楽しみにしていてください。

 

そのため、このブログを読む時は、

静かな部屋でゆっくりとリラックスをして

一文字も見逃さないように読んでください。

 

TOEICって、どのように作られたか知っていますか?

 

恐らくをこれを知らないと思うので、まず

TOEICができた歴史をあなたにシェアします。

 

========================

 

TOEICの歴史

 

1970年代、製造業を中心に日本企業の

海外進出が急速に進んでいきました。

 

輸出だけではなく、製造拠点を海外に作りました。

 

工場の立ち上げや生産の技術の指導を

外国の方に伝える必要がありますよね。

 

そうなると、エンジニアが必要になりました。

 

これまで英語が不要だった人たちが、

現地の外国人とコミュニケーションを

取ることが求められました。

 

この状況の中で、コミュニケーションに

必要な能力を客観的に評価するとともに、

その評価を目標設定にできる世界共通の

物差しを作るろうと考えて生まれたのが

TOEICになります。

 

テストを考えたのは日本人です。

 

========================

 

これがTOEIC誕生の歴史です。

 

1979年に第一回のテストが実施されて、

今では約300万人です。

 

今では、

 

履歴書にTOECのスコアを書いたり、

新入社員にTOEICを受験させたり、

昇進にTOEICのスコアが基準になったり、

 

しています。

 

TOEICって難しいテストではない事実を

あなたは知っていましたか?

 

TOEFLは語彙レベルが6700語必要になり、

英語で大学の授業を受けることを想定しています。

 

英検一級は語彙レベルが8200語が必要です。

 

では、TOEICのスコアと単語数について

気になりますよね。

 

驚かないでくださいね。

 

中学3年生まで(1000語) 470点

高校1年生まで(1500語) 600点

高校2年生まで(2000語) 730点

高校3年生まで(3000語) 900点

 

になります。

 

あなたが高校を卒業していれば、

900点取れてしまうんですね。

 

びっくりしますよね?

 

では、TOEICの各パートがどんな英語力を

測定しているかについてシェアしますね。

 

===================

 

Part1 指示や説明を受ける能力

Part2 質問する、応答する能力

Part3 ミーティングに参加する能力

Part4 プレゼン、スピーチを聞く能力

Part5 メモを読む、残す能力

Part6 Eメールを読む、書く能力

Part7 ビジネス文書を読む能力

 

========================

 

以上の能力をTOEICでは測定しています。

 

このことを意識して、あなたが勉強していましたか?

 

あなたはこれらを意識して勉強すると

単にTOEICのスコアが上がるだけではなく、

ビジネスで英語を使えるようになります。

 

しかも、短時間です。

 

逆に意識しないで勉強すると、

勉強するのも時間がかかるし、

使えない英語を身につけます。

 

今日は、TOEICがどんな英語力を測っているかだけを

理解しておいてください。

 

次回から、各パートの勉強の仕方をシェアします。

楽しみにしていてください。

 

それではまた。

 

ハジメ

 

 

追伸0:

 

初回受験TOEIC290、1ヶ月後TOEIC430

2ヶ月後TOIEC565、3ヶ月後TOEIC755

 

を突破した、戦略的トレーニング法を

あなたにお伝えします。

 

あなたが45日間で、

TOEIC630点を突破したいと思うなら、

以下のリンクをクリックしてください。

 

[Link]http://mintia.secret.jp/toeic/

 

 

追伸1:

 

もし、この記事が役に立ったと感じたら
いいねを、お願いします。

読者登録もお願いします。

また、こんなテーマで書いてほしいなど
質問、要望ありましたらコメントを書いて下さい。

 

よろしくお願いします。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。