初回受験355点からTOEIC755点を3ヶ月で取得した勉強法

テーマ:

ジメです。

 

 

 

 

前回のブログでは、

 

 

 

 

 

「70%の受験生が知らないパート5の解き方のコツ」

 

 

 

 

 

について、情報をシェアさせてもらいました。

 

 

 

 

 

前回ののブログの復習をすると、

 

 

以下の3つが大事とうことです。

 

 

 

 

 

1.英文を文頭から読む

 

 

2.空欄を飛ばして文末まで読み、文意をつかむ

 

 

3.選択肢から、文意に合った語句を選ぶ

 

 

 

 

 

なぜ、この3つが大事なのか知りたいあなたは、

 

 

前回のブログを読んでください。

 

 

 

 

 

今日はパート6のポイントについて、

 

 

あなたにお伝えしたいと思います。

 

 

 

 

 

新形式なって、パート6は出題数が増えました。

 

 

 

 

 

つまり、少しずつTOEICは長文を読ませる

 

 

形式になっているということです。

 

 

 

 

 

パート6は実はポイントを押さえれば、

 

 

スコアは自然に上がります。

 

 

 

 

 

なので、真剣に読んで実践してください。

 

 

 

 

 

パート6で測っている能力は

 

 

 

 

 

「文書の文脈を理解する力」

 

 

 

 

 

です。

 

 

 

 

 

ここでも少しイメージしてください。

 

 

 

 

 

海外支社のオフィスで働く場面の続きです。

 

 

 

 

 

===============

 

 

 

 

 

あなたはA社に提出する提案書をするために、

 

 

隣の部署の外国人スタッフにアドバイスを

 

 

もらおうと思って、彼の机の上にメモを

 

 

残したシーンです。

 

 

 

 

 

連絡を待っていると、彼からメールが来ました。

 

 

 

 

 

帰社が遅くなるので、メールで返答します。

 

 

 

 

 

 A社に提出する提案書の作成には、以前に

 

 

 B社で提出した提案書が参考になると思います。

 

 

 

 

 

 ただし、その際に使用した部材は製造中止で

 

 

 他社の製品変更が必要になります。

 

 

 

 

 

 同種の部材を作っているメーカーは数社あります。

 

 

 

 

 

 が、現在取引があるのはC社です。

 

 

 

 

 

と、書いてあります、

 

 

 

 

 

あなたは、彼にお礼のEメールを送った後、

 

 

提案書の作成に取りかかります。

 

 

 

 

 

===============

 

 

 

 

 

こうした場面で必要な力を試しているのは、

 

 

パート6「長文穴埋め問題」です。

 

 

 

 

 

具体的な問題形式は、

 

 

100語前後の文書の中に、

 

 

4つの空欄があります。

 

 

 

 

 

それぞれに当てはまる語句や英文を、

 

 

4つの選択から選びます。

 

 

 

 

 

文書の内容は、

 

 

 

 

 

・Eメール(e-mail)

 

 

・社内連絡(memo)、

 

 

・利用者へのお知らせ(notice)

 

 

 

 

 

といった、社内で見かける文書です。

 

 

 

 

 

(英文の種類は、問題冒頭の指示文の

 

 

 最後に書かれています。)

 

 

 

 

 

このパートで測っている力は、

 

 

「文書の文脈を理解する力」なので、

 

 

問題を解く際も、以下のポイントで解きます。

 

 

 

 

 

===============

 

 

 

 

 

1.文書を文頭から読み、テーマをつかむ

 

 

2.空欄をすべて飛ばして文末まで読み、文脈をつかむ

 

 

3.選択肢から、文脈に合った語句や英文を選ぶ

 

 

 

 

 

===============

 

 

 

 

 

1.文書を文頭から読み、テーマをつかむ

 

 

 

 

 

英文の冒頭の

 

 

 

 

 

「誰が、誰あてに(who)」

 

 

「何のために書いたか(what)」

 

 

 

 

 

を示すワードを見落とさないようにします。

 

 

 

 

 

例えば、Eメールであれば、

 

 

宛先(Eメールアドレス)、件名などです。

 

 

 

 

 

Eメールアドレスの@以降が同じならば、

 

 

会社のやり取りです。

 

 

 

 

 

2.空欄をすべて飛ばして文末まで読み、文脈をつかむ

 

 

 

 

 

ここが一番大事なステップです。

 

 

 

 

 

なぜなら、パート6が苦手な人は、

 

 

文書を全て読んでいないからです。

 

 

 

 

 

パート5同様に、空欄を飛ばして読むことに、

 

 

あなたは違和感があると思います。

 

 

 

 

 

飛ばして読んでも、文脈がわかりますよね。

 

 

(文脈:各センテンスの意味上のつながり)

 

 

 

 

 

あなたは対策本を読んだことがありますか?

 

 

 

 

 

対策本では

 

 

 

 

 

「一問ずつ選択肢を見て、空欄のある

 

 

 センテンスを読んで解く。

 

 

 (マークシートを塗りつぶす)

 

 

 

 

 

 そのセンテンスだけでは判断できない場合は、

 

 

 次のセンテンスを読む」

 

 

 

 

 

といった、指南がされています。

 

 

 

 

 

しかし、空欄のたびに、思考を止めて選択肢を

 

 

選んでいたのでは、文脈をつかめませんよね。

 

 

 

 

 

特に、英文(1センテンス)を選ぶ問題で、

 

 

苦労することになります。

 

 

 

 

 

全文書を一気に読んでしまった方が楽です。

 

 

 

 

 

100語前後の文を一気に読むには、

 

 

単語ごとに意味を理解するのではなく、

 

 

ネイティブ・スピーカー同様に

 

 

 

 

 

「誰が」,「どうした」,「何を」

 

 

「どこで」,「いつ」,「何のために」

 

 

 

 

 

といった意味のかたまりで、

 

 

あなたは理解することが必要になります。

 

 

 

 

 

この力をパート6で得ることができます。

 

 

 

 

 

3.選択肢から、文脈に合った語句や英文を選ぶ

 

 

 

 

 

2で確認した文脈に会う語句や英文を

 

 

順に選んでいきます。

 

 

 

 

 

950点以上の人は、1セット2分で、

 

 

英文を読み4つの設問の選択肢を選びます。

 

 

 

 

 

このスピードで解くためには、Eメールが

 

 

書ける程度のライティング力が必要です。

 

 

 

 

 

僕はまだこの段階まで来ていないので

 

 

勉強しなければいけません。

 

 

 

 

 

今日あなたに覚えておいてもらいたいのは

 

 

 

 

 

1.文書を文頭から読み、テーマをつかむ

 

 

2.空欄をすべて飛ばして文末まで読み、文脈をつかむ

 

 

3.選択肢から、文脈に合った語句や英文を選ぶ

 

 

 

 

 

です。

 

 

 

 

 

このことだけを意識して、パート6の

 

 

練習問題を解いてみてください。

 

 

 

 

 

慣れれば、徐々に読むスピードが上がり

 

 

スコアを上げることができます。 

 

 

 

 

 

それではまた

 

 

 

 

 

ハジメ

 

 

 

 

 

 

 

 

追伸0:

 

 

 

 

 

初回受験TOEIC290、1ヶ月後TOEIC430

 

 

2ヶ月後TOIEC565、3ヶ月後TOEIC755

 

 

 

 

 

を突破した、戦略的トレーニング法を

 

 

あなたにお伝えします。

 

 

 

 

 

あなたが45日間で、

 

 

TOEIC630点を突破したいと思うなら、

 

 

以下のリンクをクリックしてください。

 

 

 

 

 

[Link]http://mintia.secret.jp/toeic/

 

 

 

 

 

追伸1:

 

 

 

 

 

もし、この記事が役に立ったと感じたら

いいねを、お願いします。



読者登録もお願いします。



また、こんなテーマで書いてほしいなど

質問、要望ありましたらコメントを書いて下さい。

 

 

 

 

 

よろしくお願いします。

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス