森夏子オフィシャルブログ「SummerHolic」Powered by Ameba

ヒマワリレギュラープログラムヒマワリ


α-STATION FM KYOTO 89.4 MHz

KYOTO AIR LOUNGE 毎週 水・木曜日 16:00-18:00カラオケ


今後の予定…

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

今年最初にお邪魔したI’ll centrino さん 北口シェフの繊細で深みの...

友達に連れてってもらって恋に落ちた西荻窪の仏ビストロ「organ」オルガンシェフの...

映画「風をつかまえた少年」

今日、番組でご紹介した映画は…カチンコ
「風をつかまえた少年」




アフリカのマラウイ出身の発明家
「ウィリアム・カムクワンバ」さんの実体験を書いた本
「風をつかまえた少年・
  14歳だった僕はたったひとりで風力発電をつくった」 の映画化カチンコ

舞台は2001年のアフリカ・マラウイ共和国
北海道と九州を合わせたほどの面積で、最貧国のひとつです。

内戦などは無い、穏やかな国ではありますが
社会インフラ=水道・電気・ガス・医療の整備の途上にある国で
主人公のウィリアム・カムクワンバ少年が住む村には
電気がありませんでしたひらめき電球



貧しい村で栽培されるのは、主食となる「とうもろこし」
日照りが続くと畑が枯れ飢饉がおきます。

村人たちは、タバコの栽培で森の伐採を決めたのですが、
結果、大干ばつが大地を襲う結果に…

村人たちのイライラは暴動寸前までの勢いになり
大人たちは大統領に困窮を訴えますが、
その声が届く事はありませんでしたあせるあせるあせる

村中を襲う 情勢不安・異常気象・飢餓・食料危機霧
実家が農家の14歳の少年ウィリアムは
授業料が払えず中学校を中退することになります。

ですが…教室の代わりに
学校の目を盗んで図書館にこっそり通い始めるのです。

ラジオの修理や自転車のライトの仕組みの解析などなど…
もともと機械いじりが大好きだったウィリアム少年男の子

彼は、図書館でたまたま見つけた『エネルギーの利用』
という本を読み「風力発電」を思い立ちます!

「風車を作って充電した電池でポンプを動かし
畑に水をまけば、乾季でも穀類の栽培ができる!!

英語はほとんど読めませんでが
図解を頼りに読み解き、

ゴミ置き場で電線やチェーンを拾い
時には感電したり怪我たり…
風車を作るためにお父さんとも大げんかプンプン

「畑仕事を怠けて、ゴミをあさっている」と村人から言われ
辛かったそうですが、とにかく前だけを見続け進むウィリアム。

いよいよ風車が完成か!!と思われますが…

ゴミ置き場では全ての材料は見つからず、目をつけたのは
「一家の暮らしに絶対欠かせないもの」でした

さてさて、それは一体何だったのか!?

詳しくは映画の中でどうぞ音譜


ウィリアム・カムクワンバさんは、
自身の子供時代についてこう語っています。

「僕は何かの仕組みを解き明かすのがいつも好きで、
 好奇心が旺盛だった。
 何か新しいものを見つけるたび、
 どうやって動いているか知りたくなった。
 小さい頃によく、『車はどうやって動くの?』
 『ガソリンとエンジンでどうやって、
  運転できるようになの?』と聞いて回ったのを覚えている。

 4〜6歳の頃からラジオに興味を持ち、
 最初は中に小さな人たちがいてしゃべっているものだと思って、
 『こんにちは』と話しかけたりもしたくらいだった。
 何マイルも離れた場所にラジオ局があると知り、魅了された。

 どうなってるの? どうやって動くの?
 そうした好奇心が科学への興味を突き動かした」

と。。。

当時はマラウイ全土で2%だった電気の普及率は
今、10%ほどに達したそうです。

私たちの感覚では想像ができない状況ですが
「STAY HOME 」家
この状況も今までの生活の中では全く想像できなかったこと。

子供たちもSTAY HOME家

もしかしたら、たくさんの「なぜ?」が生まれるのが、「今」なのかもしれません。

大人にも子供にも
「夢をあきらめないことの大切さ」を気づかせてくれる

そんな映画です。

「風をつかまえた少年」
ぜひご覧ください。








1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>