別居・DV・浮気に悩む妻たちへ☆~愛ある家族になりましょう~

別居・DV・浮気に悩む妻たちへ☆~愛ある家族になりましょう~

『新・良妻賢母のすすめ』認定講師です。
DV・モラハラ・別居・浮気のご相談を承っています。
ご希望の方はメルマガにご登録ください♪

DV・夫からの暴言で悩んでいませんか?
親族や専門機関に「離婚」を勧められた。
本当に離婚しかないの?
…まだやり残したことがあるかも知れません。

幸せな家族をあきらめられないあなたへ。

★「DVにあって、いろいろな相談機関に行ったけれど、離婚しか解決はないの?」
★「夫に離婚を迫られているけれど、どうしたらいいのかわからない」
★「周りの人皆から離婚するしかないと言われるが、離婚の決心がつかない」
などなど

DV・モラルハラスメント、浮気、別居中のお悩みのご相談を承っております。

WEBコンテンツ

● メルマガ

愛ある家族になりましょう~♪配信中!!
ブログよりも1ランクアップした内容で、あなたの幸せを応援します!!
              ご登録はこちらから♪


カウンセリングメニュー
● オープンカウンセリング(旧お茶会) 
               開催情報・詳細はこちら

● 個人カウンセリング
随時受付中
  ▼対面セッション 
吉祥寺の自宅で行います          
  ▼電話・スカイプセッション 
                申込方法・詳細はこちら

こんにちは。芙蓉です。



あなたが望む、「2つの願い」の叶え方。



今日は、あなたが望む願いについて

お話ししたいと思います。



夫婦関係がうまく行かない奥様たちのの願いは、

主に2つあるなぁ、と感じています。



①一つは、旦那さまと会話したい。

仲良くコミュニケーションを取りたい。



②そして、もう一つは、温かな家庭を作りたい。

家族みんなで仲良く、穏やかな日々を送りたい。



あれ?


そんなこと?…と思いますか?



そうなんです。


普通に、旦那さまと楽しく会話ができていて、

普通に家族みんなで、

仲良く暮らしている人からしたら、

はてなマークはてなマークはてなマーク

ですよね?



でも、この日本の家庭の中には、

かなり多く、


旦那さまと奥さまが、会話できない。

コミュニケーションが取れていない。


家族みんなで仲良く出かけることもできない

という状態の家族がある、ということなんです。



かつての、うちの場合もまさにそうでした。


まったく、会話ができませんでした。


普通に、話せばいいじゃん!って

思うかもしれないけれど、

それができないのです。



同じ日本語を話す、同じ日本人なのに、

言葉が通じないのです💦


世の中に、こんなに悲しいことがあるのか?

と、当時は信じられない気持ちでしたガーン


どうして、こんなことになってしまったんだろう?

何が原因なのだろう?


いろいろ考えて、コミュニケーションを取ろうと

努力の限りを尽くしましたが、

当時は、本当にどうすることもできませんでしたね。



ふと、周りを見渡すと、

幸せそうな家庭が、たくさんいました。


子どもたちの友達の家族が

当たり前に、お父さんとディズニーランドへ行ったり


泊まりがけで旅行に行ったりしている姿が

本当に、眩しく感じられました。


この当たり前が、私の家にはないんだ。


失くしてしまったんだ、と思った時、

とてつもない喪失感と、欠如感を感じました。



だから、


今、旦那さまと、心からの会話ができなくなってしまったというご相談があった時、


「どうして良いのかわからない」

という奥さまの気持ち。


とてもわかるんです。



どう突破口を開いて行けばいいのか、

わからないですよね。



今、振り返って思うのは、


夫と話が通じていなかった時の私は、

自分との対話が、まったくうまく行ってなかった、

ということです。


自分が本当は、何を考えているのか?

何を望んでいるのか?

わかっているつもりでも

全然わかっていなかったのです。


口をひらけば、常識がツラツラと出てくる。

親から譲り受けた価値観。

テレビの中の価値観。


「普通こうでしょ?なのに、あなたは、どうしてこうなの?」


「どうして、私の気持ちをわかってくれないの?」


「こんなに我慢しているのに、ちょっとくらい、私の気持ちを汲んでくれてもいいんじゃない?」


要は、優しく接してほしい。

頑張っているんだから、否定しないでほしい。

普段やっていることに感謝してほしい。


そういうことが言いたかったのだと思います。


だけど、本来、それは人に要求することではなく、

自分ですることだったんですよね。



自分が散々、自分に優しくもせず、

否定しまくって、

いくら頑張っても

自分に感謝なんか、まったくしない。


自分とのコミュニケーションが、

滅茶苦茶なところを、

夫に要求する……



こりゃ、拗れるわけだ……ダウンダウンダウン


と、今なら、


今ならですが、わかります。



自分との対話を取り戻すためには、


宝石赤ほんの少し視座を変えてみるきっかけ

と、

宝石赤勇気

が必要です。


私のカウンセリングでは、


視座を変えるきっかけ作りと、

勇気を出すための背中の後押しを


やっています💖


ベル個人カウンセリングはこちらから♪


ベル5月のzoomレイキ会は

こちらから♪







いい天気❗️













こんにちは。芙蓉です。



不安をあおるものは、スルーしよう。



今、あなたの心の中に、「不安」はありますか?


おそらく、この世の中を生きていて、

まったく何も不安じゃない人。

一つも不安な種を抱えていない人なんて

存在しないんじゃないかな。


お金の不安。

子育ての不安。

健康の不安。

夫が浮気してんじゃないか?という不安💦


地震だって不安だし、

言ってみたら、世の中、不安だらけですよね😅



だからこそ、と言いますか


その不安につけ込んで来るもの、と言いますか


不安を煽って来る情報って


結構、ちまたに溢れていると思うんです。




それも、良い人のふりをしてだったり、



または、

「親切に大切な情報を教えてあげてるんだよー」

的な雰囲気で、

近づいて来ることが多いですね。



知らず知らずのうちに、

私たちの脳は、その情報に反応して


しなくても良い心配。

感じなくても良い不安を


たくさん抱え込んでしまっているのでは

ないでしょうか?


「こうしておかないと、大変なことになるよー」


「これを身につけておかないと、後から困ることになるよー」


「証拠、とっておけー」みたいな。



こういう情報に、本当

惑わされないようにすることも


幸せを保つ重要な要素だと

つくづく思いますね。


それに大金を払ってしまう、とかも

ありがちかと思います。



奥さまが、不安になって

いろいろやり過ぎた結果、

夫婦関係が悪くなっているケースも、多々あるんです。


特に、旦那さまのことや

お子さんのことで不安になり過ぎると

どんどん不幸路線に入り込んでしまう、というのが、

ひとつのパターンです。


奥さま的には、

不幸を回避するために、

いろいろ情報を集めて、


それに賛同するように

旦那さまやお子さんを動かそうとしてませんか?


「こんなことになったら、大変❗️」

「悪の道に行ってしまう‼️」

「一文なしになってしまう❗️」


ひどい時には、

「地獄に堕ちてしまう❗️」的な😅


自分の知っている範囲で判断して

突っ走らないことが大切かと思いますよ。



その情報は、自分を不安を煽っていないか?


まず、その視点で見てみること。



もし、不安を煽られているようなら、

情報をくれた人には感謝して

心では、スルーすることです。



本当に、思って言ってくださっているかも知らないので、

感謝しつつ、スルー。



不安になるより、信頼の波動を出していた方が、

幸せになりますアップ


間違えても、地獄に堕ちるなんてことは、

絶対にないので、


そこのところは、安心してください😊✨




一緒に、

【光による自己浄化法】をやりませんか?


自分を整え、浄化することで

余計な不安は流れて行きます音譜



ベル5月のレイキ会、募集中

詳細とお申し込みはこちらから






薔薇がきれいな季節ですね🌹✨







こんにちは。芙蓉です。



「依存」という言葉が

一人歩きしているように感じます。



「依存」というと、一般的には

・アルコール依存

・薬物依存

・ギャンブル依存…など


何かを、際限なく、やめられなくなる状態。


制御のきかない状態を指すように

使われていますよね。


だから、ほとんどの人が

自分の中にも「依存」があること。


依存的な人間であることに

気付いていません。



私もそうでした。


何かを、際限なくやめられない状態では

ありませんでしたし、


自分自身に、

困った状況があったわけではありません。


ただ、夫が毎晩お酒を飲んで、

家計が逼迫していたことくらい。


やがて、それがだんだんと

暴言を浴びせられるようになり、


それに反発すると、暴力を振るわれるようになり


夫がそれを翌朝には

あまり覚えていないという…


この時点で、

私は、夫のアルコール依存を疑うようになりましたね。


でも、それは、あくまで夫の問題行動についてでした。



夫が、お酒を飲まなくなってくれたら。

夫の暴言・暴力が止んでくれたら


それで問題解決できると思っていたのです。



夫のアルコール依存を治そうと思ったら、

家族は、「依存症家族の会」に参加することを

勧められました。


そこで、はじめて知ることになります。


「共依存」という言葉。


依存は、家族単位で起きている。

「機能不全家族」という言葉を知ったのも

その時がはじめてでした。



それから、怒涛の「依存との戦い」でした。


その時は、戦いという意識もなかったんですよね😅


自分のことは、あくまで、普通だと思ってましたから。


私は、やられっぱなしの存在。


被害者だと、どこかで思ってました。


夫の被害者から始まって、


学んでいるうちに、今度は、生まれた家族の被害者。

母親への恨みつらみが湧き起こり、


「こんな私にしたのは、母だ」

と、最終的には、母親の被害者になりました。



夫の被害者をやめるより、

母親の被害者を止める方が、


はるかに時間がかかりましたね。


今、母の介護が始まって、

母の被害者、という意識もなくなっています。


日々どんな心で介護をしているか、は

また別の機会にお話したいと思います。



クローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバー



今ならよくわかるのですが、


依存とは、何かをやめられなくなる

困った状況だけを指すわけではなく、


当たり前に、

普通に暮らしている人の中にも

存在しているものだということです。



私の母も、依存的な人間ですが、

特に、そのことで問題は表沙汰にはなりませんでした。



夫の両親も、依存的ですが、

やはりそれで、ものすごく困ったことが起こったわけではなかったのです。


向き合うことが、人生の課題では

なかったのでしょうね。



依存とは、

「○○のせいだ」と考えてしまう

その考え方、感覚全てに該当すると

私は思っています。



あなたは、思わないでしょうか?


「自分が今、こんな風になっているのは、

親が愛してくれなかったからだ。

愛し方が、おかしかったからだ」と。



または、この家庭がうまく行かないのは、

夫が仕事人間だからだ。


反対に、仕事をしないでお金を入れないからだ。


私より、家事をしてくれないからだ。

育児にかかわってくれないからだ。


ごくごく普通に感じるこれらの不満が、


実は実は


すべて依存とつながっているのです。



では、依存とは反対の、「自りつ」の世界では

どうなるかというと、


「○○のせいだ」が、

すべて「○○のおかげ」に翻ります。


ただ、ひたすらに、「夫のおかげ」「親のおかげ」と感謝しかない世界に突入するのです✨



私もこの、「依存」から「自りつ」への移行を体験した時には、ものすごく驚きました。


あんなに「夫のせいだ」「母親のせいだ」

「夫がこんな風になったのは、夫の親がこんなだからだ」


とまで、


今となっては相当失礼なことまで

思ってしまっていたのに、



ふと、我にかえると、


今のこの幸せは、「夫のおかげ」

「私を産んでくれた親のおかげ」

「夫を産んくれた親のおかげ」


更には、その親を産んでくれた、

おじいちゃんおばあちゃんのおかげ。


その先の先祖のおかげ。


血を繋いでくれた全ての人が、

一生懸命生きてくれたおかげ、と

魂が震える感覚にまで、なれてしまうのですから。



自分で立つから、「おかげ」がわかる。


そういうことなんだな、とつくづく思います。



とはいえ、「○○のせいだ」と考えてしまう思考が

まったくゼロになるわけではありません。


また、何かあれば、

「○○のせいでこうなった」と反応してしまう瞬間は

あるのです。


それでも、一度「○○のおかげ」の世界を知ってしまうと、


「ああ、今は○○のせいだと感じているけれど、

きっとこれも、おかげなんだろうな」


と俯瞰している自分がいます😊


少しだけ、余裕を持って

ものごとを見られる気がするのです。






「今の私がこうなったのは、お母さんののせいだ。

お父さんのせいだ」

という思いがある人。


「おかげ」の世界に行きたい人におススメです😊💓


↓↓↓

5月のレイキ会募集中


詳細・お申し込みは

こちらから♪






今日のおやつ💓