フルーツバスケット

フルーツバスケット

ピラティスインストラクター・コンテンポラリーダンサー・バレエ講師 嶌田 夏美のblog

2020年最初の舞台はバレエでした!

 

交流出演としてバレエコンサートでソロと、「眠りの森の美女」で貴族役をさせていただきました。

 

ソロは「パキータ」よりエトワールのバリエーションを踊りました!

何度舞台に立っていても、ソロや見せ場の前って緊張するんですよね。

でも今回は特に緊張して、本番直前にぶつぶつと独り言を唱えていたくらいですが、、、

私が10代の頃から知ってくださってる方々の支えと、川本バレエの生徒さんのエールや笑顔をいただいて、無事に踊り終えることができました!

 

「眠りの森の美女」は2幕と3幕を上演いたしました。

ストーリーの中に自分たちが居て、背景・音楽とともに、絵の作品を作り上げるかのような時間は、これぞバレエ!という感じで、改めて素敵だなと思いました。

皆さんと会話しながら作っていた時間が楽しかったです!

 

 

バレエは"非日常の世界”。

難しいし大変だけど、面白さもたくさんある!

 

これからも頑張りたいと思います☆

 

あけましておめでとうございます!

昨年は怪我も多く、初(疲労)骨折も起こしまして、自分自身と向き合う機会も多かった一年となりました。

今年は怪我なく、さらに"私らしく生きる"をテーマに精進していけたらと思っております!

2020年もよろしくお願い致します。

令和2年 嶌田夏美

2019年5月31日(金)~6月2日(日)

WithCOR主催公演Vol.9

「銀河鉄道の夜」全4公演が無事に終演致しました!

 

WithCORの公演には立ちげ公演以来で久しぶりに出演させていただきました。

 

宮沢賢治さんの原作を基にした作品。

私にとっては本を読むところから始まりましたが、ファンタスティックでいて、今の自分と重なる人への想いとか。

奥深くて取り組んでいてすごく面白かったです。

 

一つ一つのシーンを大切に作られる今回の演出家である市川さん。

はっきりとしたビジョンがあるからこそ、ダンサーとしてもっと良くしたいっ!と前向きに取り組ませていただきました。

 




“インディアン”というソロの役。

振付を任せてくださったのですが、頂いた曲が奇麗すぎて、どんな動きがいいのか…と考えているうちに曲が終わってく。。。

そのパワーに負けない自分の気持ちと動きを探すのに時間がかかりましたが、共演者の方や見に来てくださった方から嬉しいお言葉をたくさん頂けて自信につなげることが出来ました。

今ではお気に入りのシーンの一つです。

 

子役の子達が私の振りを真似してくれた時は、すごく可愛くて、そしてとても嬉しかったです!

 

ゲストのヤザキタケシさん。

スタジオで一番最初に踊りを拝見した時に、何もないはずのスタジオに、いろんな情景が見えてきて。

「表現者とはこういうものなんだ!」

と感動しました☆

私もそんなダンサーになりたいです。

 

 

終始笑の絶えない現場。

色んな個性の人が集まっていて、ボケとツッコミだらけだけど。笑

真剣にいいものにしたい!って思いが集まるからこその空気感が好きでした。

 

すでに1週間が過ぎて、今はただただ寂しいです。。。。

 

 


 

ご来場くださった551名の皆様、支えてくださったスタッフの皆様、お手伝いくださった子役の保護者の皆様。

本当にありがとうございました!