那須ウェルネスボディワーク 世良 徹のロルフィングで毎日イキイキ 快適 栃木県大田原市 仙台

那須ウェルネスボディワーク 世良 徹のロルフィングで毎日イキイキ 快適 栃木県大田原市 仙台

海外でロルフィングを学び 那須 観光地として有名な所にも ほど近く 自然の環境に恵まれ た大田原市に住んでいます
ロルファー 世良徹が体イキイキになりたいプロアスリートから一般のお客様に向けて体の事から心の世界まで那須の情報を含めてブログで情報発信しています


テーマ:
ロルフィングで 毎日イキイキ快適に アドバンスト ロルファー世良 徹です

しばらく ブログ更新されていませんでしたが 

フェイスブックでは 告知されていた講座があす仙台で 開催します

4つのエクササイズを すると身体に変化を与えて姿勢が変わります

とてもパワフルなもので きっと驚かれると思います


例えば バレエのアラベスクは 腹横筋がポイントです 実は 腹横筋と多裂筋が働いてこの様な姿勢ができるわけです

また 良い姿勢は重力とも関係がありますが その事を言う方は いません

重力は ロルフィングの重要な要素です

今からでも 申し込み可能です

日時 2018年 5月13日  13時30分から16時30分

場所 仙台市シルバー センター
〒980-0013 仙台市青葉区花京院1丁目3-2

申し込み先
torurolf@hotmail.com



テーマ:
ロルフィング®️で 毎日イキイキ快適に アドバンストロルファー 世良 徹です

気温の変化がここのところ クルクル目覚ましくて

花粉も飛び交い 身体に対してストレスになっている方も多いのではないでしょうか

今日は ロルフィング®️を受けた方が 何かを感じているけれど それを他の人に伝えられない理由について説明できたらと思います

ロルフィング®️の最初のセッション1というものがあります

ロルフィング®️は リラクゼーションの為のものでは 無いと先ず最初に言っておきます

身体は楽になりますが それ以上に身体は 変化をしています

特にセッション1は 多くの方が驚く機会が多いのではないでしょうか

身体とは 多くの記憶が埋め込まれているわけです

子供の頃 自転車で転んだとか

尻もち付いて 尾骶骨打ったとか

車に乗っていた時に 事故でくびを痛めた

寝違えた

10代の時にスポーツに熱中して でも身体の調整をあまりしなかったから 故障した


などなど 沢山あるわけです

それらの多くは 身体の組織に捻れや 組織の収縮 緊張 痛みとしてあります

また 身体の構造として表現されていると言っても良いですね

例にとってお話しすれば ロルフィング®️ロゴマークがあります

コレが マークです

{410A41BE-5B9A-4A6C-9B12-778C6A64C182}
この少年は 実際に存在した方を表しています

この図を見ていただくと少年の身体は 大きく歪んでいただろうと推察できる訳です

 ロルフィング®️は構造自体に働きかけられる利点があり 少年の身体は図の右側のように統合されました



つまり このリトルボーイロゴは ロルフィング®️というものを象徴して表しているのです

さて セッション1の話しに戻りますが 

セッションを受ける前の身体と その後の身体には 何かが起きています

それは 感覚でありますが 

脳と身体でのやり取りを 知覚神経や運動神経と組織にあるセンサーを通してなされ

自分のボディイメージとして持っていたものが

構造的な変化を受けた時に 何が変わったとクライアントの方は思うわけです

ですが この感覚は何だろうと思いつつ 感覚というものを 表現することを言葉として表せる程に 繊細ではないわけで

これは何だろう

でも なんか違う

という言葉として皆さん おっしゃります

右の肺の上部に肋骨に前方回旋があって 息を吸う時に内肋骨筋の動きの制限があって右肺が吸いにくく 後ろの背中にいつも緊張があった


という様には 説明出来ないわけです

しかし 動かない組織という事は 気にしているかいないかに関わらず 不快であり心理的な影響も二次的に与えられていると考えられるとして

セッション1で 肋骨の回旋が正常な機能に戻ったとしたら 不快なものが消えて

何か調子よくなったなぁと思うわけです

オステオパシーにおいても 構造と機能は関係していると言いますが よりそちらは治療としてのゴールを目指しています

ロルフィング®️の場合には 地球の重力との関係をゴールにしていると言いますが 

今回は話しがわからなくなると思いますから 控えて次回以降に お話し出来たら良いと思います

ありがとうございます😊


テーマ:
ロルフィングで毎日 イキイキ快適に アドバンストロルファー 世良 徹です

3月にはいりまして 少しづつ春めいてきたように感じますね

私の家から 見えます 那須の山々には雪がありますが 日中は気温が上がってきています

さて 先週末は大阪にてオステオパシーの講習がありました

ロルフィングもメジャーでは ないのにオステオパシーとか言ってもわかりませんよね

オステオパシーとは 医学の分野であり海外では 一部のお医者さんのなかでやられている お薬を使わない治療です

日本では 代替え療法の分野に入れられますが 実際医師が治療に取り入れている事は 少ないと思います

オステオパシーでは 構造と機能は関係していると言います

構造とは 身体のある場所に 痛みや不快な症状としてでていた場合に その場所になんらかのマニピュレーションを施すと

それらが 解消するわけです
解消という意味は 身体には恒常性と機能が備わっています

風邪をひいたら治そうとしたりする 力があるのをご存知ですね

簡単に言えば正常な機能が 働く様に 手助けするのが オステオパシーというものです

それは 身体の特定な骨や膜であったり
内臓や神経であったりします

 細かく身体を体の外観や症状として現れているものをテストしてみつけだしていく過程も大事なようです

手技は 多くのやり方がオステオパシーにはありますが 今回は カウンターストレインという技術です

身体の骨と その構造の圧痛に対して 完全に緩む姿勢や体制に持っていくと 痛みとしてでていたものが 機能として回復になろうとします

圧痛の組織は 硬くなっているだけでなく 乾いていたり弾力がなかったりしています

正常であれば 流れがあるわけです
ながれてとは 代謝 です

代謝が きちんと行われていれば 健康であると言えます

講習では 2人ペアーになり お互いに練習をします

2日間の間に 骨盤全面 後面 腰 胸 首などにたいして カウンターストレインの手技をしましたが かなりの刺激が 加わりヘロヘロ状態でした

普通は 1番の圧痛点をそれぞれの場所に 骨盤と腰 胸椎肋骨部 首に2、3箇所して 終わります

少ないけれども かなり効く感じと

体液やエヌルギーの変化が起こったのを 自分の身体で感じられました

次の日は ちょっと倦怠感もありましたが 時間的にオーバーワークだったかもしれませんでした

クライアントさんには 30分くらいで丁度いいかもしれません

また 経過報告できたら良いですら

ありがとうございます😊





テーマ:
ロルフィングで 毎日生き生き快適に アドバンスト ロルファー 世良 徹です

私は 栃木ばかりでなく 東北仙台にも出張ロルフィングをしています

かれこれ10年に なりますでしょうか
なかなか 横文字の手技は敬遠されがちですが 

お客さまがこれ良いですねと 言われますと今までやってきてよかったと思いまた続けてみようかとおもうわけです

今回は 昨年からお友達になった 創作人形作家の藤村みゆきさんのセッションの感想をいただきました

友達だから ひいき目に感想を書いてくれたのだとお思いでしょうが 私は頼んでいなくてもFBにメッセージを頂きましたので そのままぶに張り付けました

以下 感想です


昨日は、世良さんのロルフィングのお試しコースを受けてみました。
ロルフィングって?手技療法なのだそうで、
これは口では説明出来ないのですよ。と、世良さんが何度もおっしゃってました。

以前、あのベストセラーの4週間で、開脚出来る!というのを、当時トライしてみたものの、股関節の柔軟性だけでは、ない、こりゃ、筋膜だなぁと、実感した事もあり、いつか、筋膜の謎を解明したいと思っては、いたのでした。

とはいえ、ボディワークは苦手なので、なかなか機会はなかったのですが、世良さんから、体験受けてみませんか?と。

自分の体の癖みたいなものに気付いてない、全く興味ないけど、体験受けみて、その違いには、びっくり!おぉ。視野が広がってる、まさに、スマホのちっこい画面から、解放された感ですよ。

特に、縫い物をしてる自分の視野は、集中する時間がとても長いので、小さな世界に入っているのかもしれない!体験後、運転をしたときに、その違いが、とても分かりました。

安全運転だよ!この視界に入る感覚が広くなってました。なぜか、手帳に、オープンハートとメモったのですが、まさにそんな感覚^_^

世良さんのロルフィングのセッション、おススメです!


みゆきさん ありがとうございます😊

みゆきさんの作る人形は 個性があります
お客様のリクエストにより 動物から始まり 神様シリーズから お相撲さん おじさん お地蔵さん 天使シリーズなど 

その時々により 変わっていくそうです

型紙も何もないところから 製作されるそうで 出来た時に始めて その全容がわかります

面白いのは お相撲さん 叔父さんシリーズが その人自身であるかの様に生き写しなくらい 似ているところです

ある意味天才的

仙台では 個展もされていますから 仙台に行かれた場合はご連絡してみてはいかがでしょう




テーマ:
ロルフィングで毎日生き生き快適に アドバンスト ロルファー 世良 徹です

昨日まで 仙台でのセッションでした
かれこれ10年位毎月仙台にはいき続けています

 それで 土曜日の夜は 東北で活動しているロルファー3人の新年会もあり 若いロルファーはエネルギーシュだなと 思いつつ楽しい時間を過ごしてました

話は セッションの時の事になります

裏 メニュー的にオステオパシーのバイオダイナミクスを取り入れています

まだ バイオダイナミクスの生徒として 学んでいる途中ですから 面看板には出来ないので 今まで受講したフェーズを練習させていただいています

料金は それなりに頂いてはいますよ

さて バイオダイナミクスが気に入っているお客様がいます

バイオダイナミクスは 何をするかはこちらには用意するものは無く 静かな空間や雰囲気をまず作ります

それは 自分というものを薄く薄くしていく様なものでしょうか

しかし 自分を完全に消し去るわけでもなく

お客様の体から来る印象で 今日は身体のここをワークして欲しいと思う所が当たっています

今回のTさんも 何も言わず聞かずにいました

何か右の方が気になったのでですが いつも自分の中でそうなのかどうなのかと 疑問が出て来るわけです

それで 最初は肩にふれてから あれやこれやと思い描くわけです

そうこうしているうちに Tさんの意識も寝てるか起きているのかわからないほどの所にいたそうです

肩という事になった時 何か右肩に黒いかたまりの様な物がある様に思えました

バイオダイナミクスで言います所の病変です

これをなんとかしようとしないというのが 鉄則なわけで

身体の正中ラインにそれを溶けこませようとしてみました

身体の正中には お尻から入ってくる エネルギーの流れている場所で そこから癒しのエネルギーが必要に応じて組織へと向かいます

その黒い何かはわかりませんが それはミッドラインに溶けて 最後はキラキラと光に輝いた様にみえました

いつも こうなるとは限らないけれど 今日はこれで終わりなんだと思いました

最後に立ちあがって いつもの様に スッキリしましたといいましたが

あのー 肩が痛かったんでどうしようかと 思っていたのですが

全然 肩が痛くないです ありがとうございます😊

って言われて

やっぱり 肩だったんだって 自分も確認してしまいました

いつも 触れているだけ

何かをしようとしないこと

そうすると 上手くいく

いつもながらに 生命の不思議さを感じます



Ameba人気のブログ

Amebaトピックス