古時計の館ーTAKOのブログ

主に18歳から20歳代の頃、詰まる所1990年代。そのころ、時計収集に凝ってました。現役、アンティークなどなど。今では、もうその頃現役の時計も皆古時計です。最近はほとんど時計を買っていません。欲しいのもありますが、高くて買えません。


テーマ:

ヨーロッパの各国のミリタリーは暴騰しつつあり、4桁ロレックスより値上がりが激しいですね。

 

 

ミリタリー時計って復刻は案外と人気がありましたが、本物は安かったんですよ。 ここに目を付けられたのは、パネライが元凶かなと思いますね。人気のパネライは多くがミリタリーモデルで、そこから軍用時計見直しが始まったかと。

 

 

特に少なめの空軍モデルはやっとWWII当時のマークVIIなども認識され、高かったJL以外のオメガなども高いですが、案外ショボいですよ。

 

 

 

 

イギリスのでは、所謂マークVIIは陸軍航空隊と海軍のがあります。まず同じものですが、裏の刻印が違います。

 

 

海軍用の刻印。 空軍のは有名な6BBですね。

 

現在は陸軍航空隊のが20〜30論まで上昇。 ウイームスタイプのはJLのは80論に上がりロンジンですらロレックスミルガウス程度に。

 

 

WEEMSタイプと普通のマーク7

 

 

マーク11の前は 7です。IWCやJL の10というのは、単なる陸軍時計です。7の前は懐中で5です。つまり7, 11しかマークって無いんです、腕時計では。マーク12以降はなんちゃってですし。

 

 

この当時のサブセコは陸軍用です。 しかし、JL, IWCの中身は凄いのでやはり良いですし、僕はマーク7より好きですね。

 

 

 

 

これならダーディーダーズンと蔑まれる、イギリス、ドイツ陸軍のサブセコの方が安いし良いなと思っていたら、

 

 

ぬあんとそんなのも10論~20論などするんですね。1日10個など買えません。

 

 

こうなると、まるで同じような陸軍モデルは売りたくなりますが2度と買え無い気がしてそのままコレクションしています。

 

ただ、間違って(笑)2個持っているメーカーも一杯ありますから売っても良いかも。

 

一方、余り変わら無いのがアメリカモデル。

空軍のは冴えない安さ。 小さいですからね。

海軍の水中のは数少なく、高騰しました。 

大きめの海軍や空軍の戦後のモデルのベンラス タイプ1,2は冴えないですね。

 

僕は基本的に現行や近いのを除くと時計は売らないのですが、

 

「間違って2個買ったのは」

 

たまに売ります。売らないのは案外古い時計は同じメーカーの同じモデルでも素材が違ったりしてますから。

なので、時計高騰はさして嬉しくは無いのですが、今は間違って2個ずつあるベンラスが全く上がら無いので、売っても資金捻出出来ず、ヤレヤレです。

 

 

 

 

 

お勧め3針ミリタリー

 

ここまで上がると、揃えて眺めるより良いものを数少なく使うのが良いかと。

 

兎に角、数が多いので選びやすい

 

 

WWIIの陸軍モデルでは、ロンジン、オメガ、IWCなどのムーブの良いサブセコのもので綺麗なもの。が、使いやすいですね。

JL, IWC, OMEGAなどは民生品より開けると綺麗なムーブだったりしてビックリしますよ。手巻きの頂点が買えると思えば今の価格でも良いのかなと。 

 

英軍、ドイツ軍のが一番普遍的デザインだと思います。ドイツのではロンジンが良いかと思います。英軍のは勝者なので、戦後に売った時に綺麗にしてますから、ドイツ軍のより綺麗なのが多いです。

 

 

〜綺麗なのは正式リダン(軍かメーカーで交換)なんですけどね。 

 

英軍陸軍WWII モデル。IWC.

 

 

マーク10と言われますが、それは時計屋がつけたインチキな名前で、典型的な陸軍モデル。IWC Cal.83搭載の時計で、ムーブはIWCでも最強の一つですね。

 

IWC, JLは陸軍でも上がりましたが、シーマとか買うなら、長持ちするオメガ, JL, IWCとか良いと思うですよ。

 

 

 

WWIIの空軍のならマーク7は正直ショボい

英空軍 マーク7 オメガ

 

 

各種あってJLのはちょっとおしゃれ。

 

 

ですが、ウイームスタイプが一番かと。

 

 

刻印が美しいのもウイームスJLの魅力なんですが。ちょっと暴騰しちゃいましたね。

 

マーク7は、JLかロンジンのが機械が良いですが、ロンジンがまだ現実的価格かと思います。

 

 

ドイツは空軍のはクロノが魅力的なので3針は今ひとつ。

 

 

 

WWIIのは、後はチェコ3兄弟は大きさが現代的で使いやすいですね。迫力のロンジン、実際使いやすいレマニア、中間のエテルナですか。

 

 

チェコ軍初期のはホーローなので文字盤は未だ綺麗です。後期のはもうやれてますね。

 

 

 

戦後のでは、空軍センセコだと、イギリス関係のマーク11,

JL, IWCがもう以前より高いので今でもゆっくり探しても上がら無いでしょう。

ただ、どちらも現行ロレックス買えますから、古時計にここまで出すのかと悩んだら、

 

オメガの54(53)年モデルがマーク11よりは現実的価格で案外とかっこいいです。

通常多いのはアローマーク、細いか太いかが付いています。無しはまあまあレアモデル。ですがそんな事は気にしないで綺麗なのが良いかと。

 

 

 

とかハミルトンのマーク11(もどき)

 

もマッシブでイギリス軍のでは良いと思います。

 

イギリス空軍3針モデルなら、JL, IWCのマーク11、オメガ54、ハミルトンのが、英軍としては同じスペックとして納入させています。価格はJL マーク11>IWC マーク!! >>オメガ 54 >ハミルトン ですがオメガ、ハミルトンが上昇中なので差が少なくなっています。ムーブに拘れば、まずないJLのが一番ですが、IWCのCal.89, オメガの30mmムーブも良いですね。その点ハミルトンはちょっと落ちますね。

 

 

また、陸軍ですがロンジンのグリーンランダー

 

 

というのもイギリス軍のでは迫力ありますが、こちらは戦後の陸軍用ですね。これは、暴騰していないようで、かなりお勧めです。

 

 

 

後はアメリカ軍のは未だ安いので魅力的です。 30mmの小さいのは、FJなどに合わせやすいです。

 

余りにも小さく普通過ぎるのであれば、

 

エルジンなどのキャンティーン 水中時計

 

は数少ない割にヨーロッパ系のブランパンの水中などが300論などになったのに比べまだ買えます。

時計は普通の30mmですが竜頭が時計の半分の大きさで面白い時計です。

 

 

ベンラスのタイプ1,2 

 

は、1が水中、2はパイロット向けとなってますがどちらも使っていたようです。1の方がシンプルでミリタリーらしいですが、2も味わい深いです。

 

右のが復刻版。 

 

なぜか同じ形ですが迫力無いんです。素材のためでしょうかね。

Benrusは何故か持って無いと思っていて10年開けて又買ってしまった、アホな例です。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。