こんばんは。
成れる会新潟 
プラチナマインド塾の藤井です。


成れる会は、
今以上の自分になりたい!
成れる会で学んでみたい!と
本気で思う仲間が5名以上集まって開催するスタイルです。

お客様として待っている会ではなく、本気で変わりたい人の集まりです。

{FB7E4B37-ACC2-4A0C-8A14-896F9FD73D45}

私も成れる会で多くの方と共に学んできたのですが、もし、今私が成れる会に誘われたら…
どう考えるのだろうと思いました。

まず
成れる会ってなぁに?

どんなことをする会なの?

受講したらどのような結果になるの?


成れる会主催のセミナーに受講されたり、講座へのお誘いを受けたことがある方も多いと思います。

もちろん、それぞれに様々な状況はありますが、
私の場合、今のあなた以上になれるチャンスの場であることや、共に学び共に成長していきたいと思いお声がけしています。


ですが、
みなさんはどう思われているのでしょうか?
少しの期待と不安が入り乱れているのではないでしょうか?


ですので、今回は
今「自分は成れる会が必要かどうか」
度をチェックしてみていただきたいと思います。

これはみなさんが感じていらっしゃることを簡単に上げてみました。少し参考になさってみてください。


1、今現在、なりたい自分、目標、夢、また、そこへ向かうために困っていることはありますか?

「ある 」と答えた方 は 2へ進みましょう。

「無い」と答えた方  
今のあなたには成れる会は特に必要が無いようです。今は順調のようですので引き続き頑張りましょう。
または、今の良い状態をさらに伸ばしたい方は2に進んでください。



1で「ある」と答えた方


2、成れる会は、巷によくある
「経営者、個人事業主向け勉強会」ですか?

勉強会はあちこちで開催されており、忙しいので1DAYや単発開催でよいと思うのに、毎週全24回とはなぜそんなに多いのか?興味はあるがその時間と受講費が厳しい…


成れる会では、人生=マーケティング。
インプットとアウトプット実践に起こし繰り返して学んで結果にしていきます。


人は今までの自分の考えを簡単に変えることは難しく、新しい発想を受け入れる事はなかなかできないものです。

私も頑固なところがありますので本当にその通りです。。


全24回受講することの意味はここにあります。



受講費については、
費用をかけた以上の学びの場を提供している自信があります。
成れる会で学んだことをきちんと行動に起こせば受講費以上に「稼ぐ力」を身につけて行けるはずです。

ここについては、
一度お近くの成れる会で開催されている、
オープンキャンパスや講座を受講されてみてください。



3、この講座を受講するとどのような効果や結果が得られるのですか?

今までもたくさんの本を読み、
セミナーや講座にも参加したことがあります。
ですが、あまり現状はかわりません。
どこも同じなのではないかと思ってしまいます。


はい。
もちろん、どこのセミナーや塾でも素晴らしい学びの場を提供されていることと思います。

他で、ノウハウやインプットの多い会もありますし、または、ご自分でインプットばかりの会を選んでノウハウコレクターになってもいませんか?、
そして、その学んだことを行動を起こしてますか?


結果にするかしないかも自分次第であることにも気づいてみてください。


なかなか結果が得られない方は
成れる会が1番大切に考えている
「マインドセット」
についても学んでみてください。

全国の成れる会には
一般社団法人 日本マインドセット協会の公認インストラクターも在籍しております。


目標に対してなにが不足で、なにが必要なのかおわかりいただけると思います。



もしも、私が成れる会に誘われたら…


すぐに受講します(^^;;
今の現状を変えたいならば迷うことはありません。

チャンスは自分で掴むものだから。


他、成れる会にご興味のある方、お問い合わせは全国にあります、お近くの成れる会または、代表者までご連絡ください。
















AD
 
新潟マーケティング実践会の内山さおりです。
 
「成れる会」の正式名称は
「目指す自分、なりたい自分に 成れる会」
です。
 
例えば経営者で社員がいても
自分の人生は自分のもの。
 
どのような状況でも
自分という一人の人間がしていることです。
 
一般社団法人 成れる会は
目指している結果を出せる自分を作る
実践的なビジネス講座です。
 
では・・・
参加者は実際に学んでみてどのように感じているのか?
 
気になるところです。
そこで、当会のメンバーに質問してみました。
 
メンバーからの感想です。
--------------------
 
週一で講義を受ける事が出来る
 
・他の講座は、
学んだ内容をやる前提での内容になっているが、
成れる会は、
実行に移せる自分作りを重視した講座になっている。
 
超実践型のセミナーで必ず結果が出るところ
 
・週一で開催されること、復習講師があること
 
結果に焦点を当てていること。
ノウハウではなく、考え方が結果を決めるという内容。
 
学び方を学ぶという所、
ノウハウを生かす以前の考え方を学ぶ所
 
毎週行われる事。
学んで実践した事を共有する場がある事
 
・一発逆転のような簡単な儲け話ではなく
本質的な内容が殆どなので
長期的に使えるものだと思った。
(当たり前のことをしっかりやるというようなこと)
 
最短で結果を出す方法を学べるところが他と違います
 
・ノウハウではなく、結果に焦点を当てているところ
復習があること。少人数制
 
実践型だというところ
 
------------------
等々、感想をいただきました。
 
良いことを聞いても
実際に行動しなければ成功も失敗もなく、
聞いた時間もお金ももったいないことになってしまいます。
 
目指していることを達成するかどうかは自分次第。
その自分を作ることが
成れる会という場です。
 
「実践」とはよく聞くし当たり前と思うのですが
いざとなると、なかなかできていない自分に
…なかなか気付かない 笑
やれていると思ってしまうのですよね。
 
振り返ってみたときにようやく
あの時の自分はあれもこれもやっていなかった…
とようやく気付く。
 
しかし
あれ?以前はできなかったこんなことも
いつしかできるようになっている?!
あれもこれもできるようになっていた!!
そんな自分にも気付きます。
・・・と私の体験なのですが。
目指すことはいろいろあるのでまだまだ学びは続きます。
 
 
あなたは
目指す自分、なりたい自分に
なれていますか?
 
もしも何か目指していることがあるなら
 
成れる会で、あなたの成りたい自分になりませんか?
 
 
 
 
 
 
 
 
AD

成れる会丹後では、

11月11,12日の成れる会メンバー向けプレミアム自主合宿、

「丹後カニ合宿」準備の打合せを重ねています。

 

自主企画とはいえ成れる会の全国的な合宿なので、

単なる観光ツアーではなく、

交流やマーケティングの学び、各自の成長につながる要素を盛り込みたい、

 

けれど、

せっかく遠方から来ていただくからには丹後ならではの体験もしていただきたい。

 

あれこれ考え、

 

全体テーマ:
【非日常の多種多様な交流で

地に足のついた地域活性と

ビジネス発展の手がかりを掴む!】

を設定、

 

キャッチコピー:

【丹後で脱皮し、飛躍する!】

も決めました。

 

 

そして、1日目午後は

参加者の興味および

丹後らしさ・丹後メンバーの得意なことから

・舟屋で有名な伊根の散策、酒蔵訪問
・丹後ちりめんの織元見学や着物体験
・パワースポット巡り

を設定し、

 

限られた時間を有効活用すべく

アイディアを出し合い、

下見に行き、

検討を重ねて

ガイドブックに載っていない魅力的な行動プランを作成中、

 

SNSやウェブサービスを活用した発信にも取り組んでいます。

 

http://narerukai-tango.com/members/tango-spots

 

全てがマーケティングの学びの実践

 

観光地ならば、

「こんなすばらしい景色を見られます!」

「こんな美味しいものが食べられます!」

「こんなすばらしい体験ができます!」

 

商品販売なら、

「この製品にはこんなに優れた機能があり、こんなことができます!」

「ゼッタイお買い得!」

 

など、

 

販売する側の

サービスや商品に対する思い入れが災いし、

一方的なセールストークになっていませんか?

 

 

わかっているつもりでも

ついついやってしまったりするのですが、

 

 

同じ商品やサービスでも

「よさそう」と興味をもったきっかけや、

購入まで進むかどうかの判断ポイントは十人十色。

 

 

ゼッタイラーメンを食べたい時に

お寿司が激安!といわれても

食指が動かないのだから、

 

まずは相手が何を食べたがっているのか知ることが必要です。

 

 

 

そんな視点を持ちながら、

丹後ちりめんチームメンバーは、今ちょうど、

インターネットミーティングの真っ最中。

 

明日の講義のアフターで結果を持ち寄って最終決定できるかな?

 

 

成功者がやっていることを

頭で理解するだけでなく

実践できる自分になるために、

 

 

成れる会には

グループ学習で他のメンバーの視点に刺激を受けながら

実践的な力を養える仕組みが何重にも用意されています。

 

 

公式サイトはこちら

一般社団法人成れる会

 

( 成れる会 丹後 ビジネスマインド実践塾 代表 早川昌美 )

 

AD

こんにちは。

成れる会新潟
 
最短を最速で走る!
【SAKURAマーケティング塾】の中村千夏です。
 
 
先日は、成れる会の【代表者オンライン交流会】を開催しzoomにて全国の代表者の皆さんのお顔を拝見しながら情報交換をさせて頂きました。
 
 
普段は、チャットでのやり取りが多く、遠く離れているため、直接会ってお話をする機会が少なく、今回はオンラインでも顔を合わせながら話をすることで、よりコミュニケーションも深まったという実感がありました。
 
 
今日のブログは判断基準について。
 
成れる会というのは、初級講座を受けた人が次期の復習の講師をするというシステムがあります。
 
アウトプットをすることで復習講師はより理解を深め、さらに受講者は復習を聞くことで考え方や理解が間違っていないかを確認し、前回の理解を深めるために行う工程になります。
 
 
実践にこだわり、速度を上げていくために必要としているカリュキュラムです。
 
 
通常のビジネスセミナーには無いスタイルだと思います。
普通のセミナーは、受講者がセミナー内容を一方的に聞くというスタイルです。
 
 
ここで成れる会のスタイルからも学べることがあります。
 
 
それは
 
【誰もやらないことをやる】
【一番難しいことをやる】
 
ということです。
 
 
{D2CAB465-8C96-42DA-9206-4229BAD4404F}

 
 
 
これは、成れる会の学びを通して、私の判断基準になっています。
 
 
何か始める際には、一番楽なことや、周りで既に誰かがやっていることから始めてしまいがちです。
 
 
でも、いいと思えることで、尚且つ楽なことなら既に誰かが始めていますよね。
 
 
そして、大変なことほど誰も手を出しません。
 
 
誰もやっていないことは、まだ出回っていないため認知度も低く、広げていくのにも苦労が絶えません。
そして、周り反発も受けやすいですし、低く評価されたり、他人の見る目も気になったりするものです。
 
 
これは、やったことのある人ならわかるはず。
 
 
そして人間は
『誰かと同じ』
ということに安堵感を抱いてしまいがちです。
 
そのため、誰もやっていないことというのを取り組むという人は少数派です。
 
 
しかしながら、世の中の成功者というのは『誰もやっていないこと』を取り組んだ人が成功しています。
 
 
成功後の姿しか見ることがないため、今までの苦労や困難というのが見えない部分となりやすいですが、よく名前が挙がる成功者と言われる人の中で、楽をして誰かと同じことをやり、成功をしている人はいません。
 
 
少数派だからこそ成功できると言っても過言ではないでしょう。
 
 
 
誰もやっていなく難しい事は、どうしようか判断を迷いがちです。
 
 
迷いがあり判断が鈍ってしまうことで、チャンスを逃してしまったり、また、違う結果となってしまう場合があります。
 
 
頭で分かっていても少数派に行けないのが普通です。
 
 
 
しかしながら
他人がやらないからこそ、やりがいがあり面白い。
選択肢の中で、一番難しいことだからこそ結果に繋がる。
誰もやらないからこそ結果が出た時に大きな成果になるもの。
 
 
そう思いませんか?
 
 
私はそう考えることとして、自分の判断基準を決めています。
 
 
もちろん最初からそうだったのではなく、成れる会の学びを通して、実践をしていくうちに、このブレない判断基準というのが確立されていきました。
 
 
今では
【少数派であった方がむしろ正解!】
と思えます。
 
 
そして、それを実行していくマインドと力というのも実践を通して日々培っています。
 
芽を見たときにようやく周りの反応も変わるものだと思いますし、
その分、信頼をしてくださった方や協力をしてくださった方の感謝の気持ちも
ひとしおなのだと思います。
 
 
この成れる会の開催もまさにそうです。
 
 
{547F9546-B1B0-4F18-A509-6E62CBE30CF2}

 
 
誰もやらないことをやる。
一番難しいことをやる。
 
 
成れる会自体が、会の開催を通してそれを実現している会なのです。
 
全国各会の代表者は、【誰もやらないこと】を実践していると言えます。
 
 
誰もやらないことを選ぶマインド。
一番難しいことを選択するマインド。
 
 
成れる会では、学びを通してそれが身についていきます。
そんなマインドを育てていきませんか?
 
 
 
成れる会は、全国各地で開催中です。
公開講座、オープンキャンパスセミナーも開催中。
詳しくはホームページをご覧ください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

成れる会京都情熱未来塾代表の藤井俊二です。

 

近年、自分らしく生きるとか

好きなことをして生きるとか

やりたいことを仕事にするなど

テレビや雑誌、本のタイトルも含めよく目にします。

 

それだけ世間は病んでるのか疲弊してるのか。。。

 

いささか疑問ですが当然、その方がいわゆる

「売れる」からでしょう

 

私自身爆読ではありませんが自己啓発本、ビジネス書

ハウツー本、経営書、時短、効率、マーケティングの

本を読んで共通することがあります

 

「全てはマインドセットに集約される」

ということです。

 

それまではさほど気づきませんでしたが、成れる会で学ぶようになって

他のセミナーや本を読んで

 

「何だ全部成れる会で学んでるやん」

 

って気づいたんです。

 

ならば今は他の学びの場は必要ないと!

 

見事にマインドセットが全てです。

 

言い回しを少し変えてるだけで

全てマインドセット。

 

これは自分にとって非常に大きな気づきでした。

 

余計な学び、余計な出費を抑えられるからです。

 

成れる会では様々な共通言語がありますが

 

まさに「シンプル最強」です。

 

多くを学ばず一点突破で考えを整え行動しましょう!

 

 

本日は、zoomでの【代表者オンライン交流会】でした。

全国で開催している成れる会。

今回は、都合上全員の参加とはいきませんでしたが、東京、大阪、名古屋、新潟、福岡、丹後の7名の代表者で情報シェア会を開催しました。


各自、各地域での活動や課題などを共有しました。


より一層よい会に育てていきたいというのは、どの代表者であっても同じ考えです。


活動を通して、様々な課題が出てきますが
、真摯に向き合い解決していく力をつけていく。
自分自身が成長することで、会というのも成長をしていきます。


それをよく理解している代表者だけに、自分自身の課題として受け止めているため、内容はとても有意義なものでした。


今後の発展に繋がる貴重な時間を共有しました。



成れる会HPはこちら

{40C89660-7D96-49ED-867C-6D940F1FB26F}




成れる会大阪マーケティング塾の高橋正哉です。

私が今まで出会ってきた人の中で、

すごい人、尊敬する経営者や先輩、結果を出している人、

仕事ができる人、影響力のある人

に多い特徴として、

 

全力で遊んでいる、

 

というのがあります。

なぜか?

昔はこれが分からずにいました。

むしろ、遊びに投下する時間をなるべく削り、

仕事や勉強に時間を投下した方が良いのでは?

でないと、仕事などで結果を出すのは難しくなるのでは?

そのような考え方でした。

だから、自分の中で仕事以外の事(遊び)をする場合には、
どうしても力が入ってない状態だったように思います。

でも、最近感じていることがあります。

全力で遊べる人は、

「全力の出し方」を知っている(マスターしている)


のではないかと。

全力の出し方をマスターしているから
仕事などでも全力を尽くせて


結果が出やすい、成功しやすい、のだと思います。

全力で遊べる人はそのようなことを意識していないかも知れません。
それが当たり前なので。

でも、何事にも全力、が当たり前ではない人は、
全力を出す、ことに関する練習をしないといけないでしょう。


ではどうすれば良いか?

全力でやると決めて(マインドセットして)実際全力を尽くしてみる

以上。

これだけで本当に良いと思います。

その結果、どうなったかを検証して、
反省点があれば、改善していけば良い。

そうすれば「全力を尽くす」ことが上手くなってくるはず。

ご相談を受けることの多くが、

目の前の事に全力を尽くす、ことで解消できるように感じています。

全力を尽くす、ことで、多くの悩みを解消できます。

それくらい全力を尽くすということは大事。

成れる会では、全力を尽くす力、が身に付きます。

一般社団法人成れる会のサイトはこちら

成れる会大阪マーケティング塾のサイトはこちら

 

おはようございます。

 

高槻前人未到の会 若林です。

 

高槻は現在、2期集客をしています。

 

少しずつですが集客における感覚が
変わってきたように感じます。

 

集客=ビジネス
集客=人を集める力

 

と成れる会でも学び、日々の実践に
おいても高い意識を持ち行動していますが、
このところ色々なシーンにおける自分自身の中での、

 

「集客」

 

の前提は何か?を冷静に考えました。

 

集客=人が集まる場

 

であり、

考え方、想い、学びを共有し共感、共鳴する場
ではないかと思っています。

 

人が集まる状態(集客)として

 

・コンセプトが明確であるか
・どのような会運営を作り出しに行くか
・会の実績
・会に参加することでの価値提供
・会に参加することでどの様な未来が見えるか(目標達成)
・共通言語からなる同じ価値観を持った者同志の関係性の構築
・独自のコミュニティーの構築

 

このあたりを言語化(見える化)し、運営側が共有し明確に
しておかないと、集客があいまいになりがちであることに気付きました。

 

実践してきた中での失敗、問題点として、

 

・集客失敗の原因の追及が不十分
・一つの集客方法に偏りすぎ
・ひとつのリストに頼り過ぎ

 

などがあげられます。

 

もう一度、2期運営に関わっていただく方と
上記のことを中心に話し合い、考え方を
含めた会運営を共有し同じベクトルで行動
できるように整えていこうと思います。

 

しっかりと対応することで今までとは違った
結果が出るのではないかと考えます。

 

【一般社団法人 成れる会HP】
https://narerukai.jp/

【成れる会高槻 前人未到の会HP】
http://realmission.co.jp/index.php?narerukai-takatsuki

あなたは、仲間と集まって飲み会に行くとき、
列のどの場所にいますか?

先頭? 真ん中? 一番後ろ?


さて、あなたはいつもどのあたりにいますか?


東京マインドセット実践会の小関です。


どんな集団に入っても、
自分の位置って変わらないそうです。

いつも先頭を歩いている人は、どの集団でも先頭にいて、
いつも後ろからついていく人は、どの集団でも後ろからついていく。


成れる会では
「人の前を歩け」と言われます。
それも「日常的に、人の前を歩け」と言われます。

人よりも前を歩くというのは、
先頭を歩くということ。

後ろに人を従えて先頭を歩くのは、
緊張感があります。

道を間違えたら、皆を遠回りさせるし、
ちゃんと後ろがついてきているか、気を配らないといけない。

つまり、
先頭を歩く=リーダーシップを発揮する、です。

ビジネスで成果を上げるにはリーダーシップが欠かせない。
私はそう思います。


私はこの言葉を聞いてか
日常的に、先頭を歩くのを習慣にしました。

皆でどこかへ移動するときはもちろん、
何かを行うとき、一歩先のことを考えながら行動する、
前例がないことでも、試しにやってみるなど、です。

ささいなことでもよいので、
「日常的に、先頭を歩く」と決めてやってみると、
少しずつ自分の意識が変わります。

周囲をよく観察する、
ささいな変化や流れに敏感になる、
誰かに依存せず、自立して行動する、
など。

1日1日の行動は小さくても、
「先頭を歩く」意識を積み重ねることで、


いざというとき、
失敗を恐れずに、また依存せずに
意思決定できるようになりました。

すると、
その意思決定の結果が成功であれ失敗であれ、
大きな糧になると分かったのです。


「日常的に、先頭を歩く」効果は、
自分のリーダーシップを育て、
ビジネスにもよい影響を与えると実感しています。


あなたも日常的に先頭を歩いてみませんか?

全国の成れる会はこちら
 

福岡ビジネスメイク塾の小川です。

成れる会では実践をしながらマーケティングを学んでいきます。

なぜ実践しながらかというと、いくら知識を増やしても実践しないと何の役にも立たないからです。

学ぼうとするかどうか、ではなく、やるかどうか、が大事だな、とつくづく実感します。

 

最近パーソナルトレーニングの体験セッションを受けました。

身体の動きをチェックしてもらうと、胸椎がうまく動かせていないことが分かりました。

この胸椎を動かせていないと胸や肩周りの動きが硬直してしまい、肩こりなどの原因になるとのことです。

胸周りがカチカチに固まってる感覚はたしかにずっと昔からあったのですが、そんなもんだと思っていました。

 

(今の自分が、たとえ苦しくても、当たり前だと思ってしまう、本能に流されていたわけです。)

 

でも、トレーナーの方、つまり、自分よりもレベルが上の人から、身体の動きを見てもらうと、一瞬でこの苦しみの原因を解明することができました。

 

それが胸椎が動かせていない、ということです。

 

他にも、

 

・原因が分かっただけでは動かせるようにはならないということ

 

・脳の回路を作らないと、筋肉を動かす指示が出せるようにならないということ

 

・だから、トレーニングをして筋肉の負荷をかけることで、脳の回路を作っていく必要がある

 

ということを教えていただきました。

 

さすがにすばらしいセールストーク(笑)

 

でも、ホントだな、と思いました。

 

その場でいくつかのエクササイズを実際にやったのですが、意識して胸椎を動かそうとすると、なかなかうまくいかずぎこちない感じでしたが、それでもちょっとやっただけで、今までにない楽な感じを得ることができました。

 

その感覚はやってみたから分かったことでした。

 

脳の回路に刺激を与えることができたのだろうと思います。

 

成れる会では、マーケティングを実践するための考え方をすべて学ぶことができます。

 

知識ではなく、まずやる、という行動ベースで学んでいきます。

 

マーケティングの知識を増やすだけでなく、その知識を使いこなすための脳の回路を作りたい方は、ぜひ参加されたらいいと思います。

 

全国の成れる会はこちら