42.195キロ

テーマ:

昨日、はじめて神戸を走った。

42.195キロを走るのは5年ぶりだった。

でもあの時と違う、走る前だった。

5年前はきっと、大阪の街を走る喜びもあったと思う。

昨日は、不安がいっぱいだった。

 
フルマラソンといっても大会によってレベルは
様々だ。同じなのは42.195キロという長さだけ。
大阪や東京、神戸は真のフルマラソンではないという
人もいる。その気持ちはよくわかるし、ある意味同感だ。
緩い基準だからだ。
神戸は2万人走り、完走率は95%を超える。
大阪、東京もあまり変わらないと思う。
 
考えてみれば、もともとはマジで走る人だった。
今はなんちゃってやけど。
はじめてフルを走ったのが、20歳頃。
篠山マラソンを走り、35キロの関門でアウトになり、
涙を流した。
そして1年後に完走をした。
あれからいろいろなマラソンを走っている。
ほとんどが20代。
思い出すだけで、那覇、千歳、河口湖、チェジュ島、
バンクーバー、京都、静岡のどっか、和歌山のどっか、
種子島、全部フルマラソンだ。
まだあったかもしれない。
 
昨日はしんどかった。
途中であかんかなって思った。
あきらめようとする自分がいてた。
今までにないことや。
フルマラソンで完走できなかったのは、
初めての篠山だけ。
昨日は、2回目の完走できずが25キロくらいで
よぎった。
でも神戸を走れてよかった。
神戸も思い出ある街や。
そんなことを考える余裕はないくらいの
マラソンやったけど、良かったと思う。
 
41キロくらいのところでメダリストの有森裕子が
ランナーへの声がけをしてくれていた。
全く気付かず、目の前で声がけしてくれて
気付いた。
随分昔やけど、チェジュ島マラソンに出たとき
有森裕子が招待ランナーだった。
あの時は近くで見られたし、話もできた。
有森裕子はすごいなあって思う。
ランナーとしては素晴らしい実績だが、
プライベートは不遇だったかもしれない。
でも昨日、ああやって声かけてくれたのは
とてもうれしかった。
 
元世界チャンピオンボクサーの長谷川穂積に
走っているときに抜かれたのも昨日のことだ。
なんか印象的な出来事だった。
 
ポートライナーから見る夕暮れの神戸って
とてもきれいなんやけど、久々に見られたしなあ。
三宮でおいしい中華とビールと紹興酒も飲めた。
 
平凡やったけど、たぶん忘れられないランだったと思う。
昨日はヘトヘトやったけど、今日はだいぶまし。
でも階段や座るときはたいへん。
でも昨日よりはまし。
今日は早朝から大学の仕事できついなあっていう朝やったけど
なんとか終えることができた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

AD

神戸マラソン

テーマ:

三宮をスタートし、明石大橋の見えるところを折り返し、

ポートアイランドまで。

なんとか時間内にゴールにたどり着けた。

途中で、収容車かと断念が何度もよぎったが、

神戸を完走できてよかった。

後半ほぼ完歩。

ああ、疲れた。

AD

大丈夫かなあ。

テーマ:

明日は、かなり寒くなるらしい。

12月下旬の寒さとか。

近畿北部は雪が舞うとか。

 
明日は神戸でマラソンだ。
大丈夫かな。
準備不足すぎる。
いまさらということでこの1週間は
全く走っていない。
 
しかし、11月最大の寒波の日になるなんて
今年を象徴しているなあ。
5年前に大阪でマラソン走った。
それ以来ずっと走ることすらしていなくて。
直前に少し走っただけ。
大丈夫かなあ。
 
今日はいっぱい食べたぞ。
しんどいやろなあ。
 

 

AD