宮菜穂子オフィシャルブログ「菜時記」Powered by Ameba


<出演情報>


■【TV】 

 2019年2月17日(日) 夜9時~

 テレビ朝日系 日曜プライム

 『棟居刑事の黒い絆』




■【舞台】

 こつこつプロジェクト-ディベロップメント-

 リーディング公演

 『スペインの戯曲』

 

 2019年3月15日(金)~17日(日)


 作・ヤスミナ・レザ

 翻訳・穴澤万里子

 演出・大澤遊

 出演・春風ひとみ 塚本幸男 斉藤直樹 

     宮菜穂子 中村美貴

 


宮 菜穂子OFFICIAL WEB SITE はこちら  

  $宮菜穂子オフィシャルブログ「菜時記」Powered by Ameba



1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

ザビエル

先日の深夜のこと。

テレビをつけた主人が「あれ、出てるよ」と。

2007年放送の「ザビエル 動乱の宣教師の旅」ではないですか。


ほぼ初めての映像の仕事。

ディレクターが「ザビエル、上智、歌える、と検索したら君が出てきたので会いにきた」

とおっしゃって始まった16年くらい前の出来事。

その検索の仕方、、他にもたくさんいらっしゃるだろうになぜゆえ?と思いながら、

カメラマン、ディレクター、音声さんと

4人でひと月くらいかけてロケして回りました。

何もかもが初めてで、旅好き、歴史好きの私は、ロケが進むにつれて紐解かれてゆくオラショの物語、ザビエルの足跡、生月島の美しさに魅了されるばかりでした。


留年し続けて堪能しきれていない四谷キャンパスを、撮影時に初めてゆっくり歩きました。

両親にようやく顔向けできるような気持ちになったことを覚えています。

石神井キャンパスは、イスパニア語学科入学時のASADO(新入生パーティーでアルゼンチンの神父の先生主催のバーベキュー会)以来。

取材時にお話を伺ったエセイサバレナ神父も天国へ行かれてしまいました。



あぁ、最初から見たかった!

知っていれば録画したのに!という思いで、チラリと見始めましたが、双子の夜泣きで退散。

見たかったな〜。


ザビエル会と称して、年に何度か集まって食事をし、芝居を見にきていただいたり、都度連絡を取り合って可愛がっていただきましたが、

ディレクターもカメラマンも今はお空に。

添い寝しながら、大野ディレクター、吉田カメラマンに思い馳せました。



映像ってすごいなぁ。

15年前の風景が、景色が、思いがきちんと残る。

舞台は記憶にしか残らないもんなぁ。

瞬間に消えるから、瞬間の思いが残るからいいのだけれど。


でも、この時は出会っていない人に、見てもらえることができるって、いいなぁ。

いつかまた再放送して、偶然双子が見てくれたら気づいてくれるかしら。



1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>