Nao's blog. 横浜市 旭区 三ツ境のピアノ教室、笹野台音楽堂だより

Nao's blog. 横浜市 旭区 三ツ境のピアノ教室、笹野台音楽堂だより

横浜市旭区 ピアノ教室 笹野台音楽堂、金子直樹のブログです。
有益と感じて頂ける記事を日々綴れるよう頑張ります!旭区でありながら三ツ境。瀬谷区と隣り合っています。駅からは徒歩4分、付近に駐車場あります。ホームページ www.sasaon.com もお願いします!

「ピアノが弾けるようになりたい!」 


生徒様の 【夢・想い】 は 全ての方がオンリーワンだと 私は思っております。

クラシックの芸術性を理解して弾きたい方もいれば、憧れの曲だけ弾けるようになりたい方も。

いつかは自力で楽譜を読めるようになりたいと願われる方もいれば、

とにかく難しいことは言わないでね!っていう想いの方もいらっしゃいます。

お子様に 音楽を通じて 心を豊かにして頂きたい。と願う 親御様の想いもございましょう。

練習ペースや量も、人によってマチマチです。


まず 今抱かれている夢・想いを 私に伝えて頂けるファーストコンタクトを大切にしています。


「ただ弾けるようにする」 だけのピアノ教室時代は幕を閉じました。

先生の言うとおりに弾く。


ああ弾きなさい、こう弾きなさい。


先生は何故そう指導するのかな‥?

先生がそう習ったことだから‥?


深く納得できない指導を受けることは、ストレスだと思いますよ。



笹野台音楽堂では 生徒様の【夢・想い】こそが、第一です。


最初にお伝え頂いた 夢・想いが、レッスンを受けていくうちに大きくなったり変わってくることもありますよねひらめき電球


その大切な【夢・想い】に必要なことだけご指導します。


もちろん、それが「なぜ必要なのか」

ご納得頂けるよう 説明しながら、的確に進めます。


「その方」 「その時」 「その場」 を常に意識したレッスンクオリティーです。



何故思うようにできないのか、プロから見れば必ず理由があります。


「練習してないから出来ないのよ」


これこそ 私が思う 昔ながらです。


笹野台音楽堂の生徒様であれば、私がそう申し上げる理由を よくお分かりかと存じます。


なぜ出来ないのか。できない原因を的確に分かっていないから、出来ないだけです。


分かっていない中でも、とにかく日々練習しようとする忍耐力。

そんなことでは 期待を抱くピアノがつまらなくなるのは、当然です。

生徒様が1人ぼっちで つまづいてしまっている、その こんがらがった想い。


笹野台音楽堂のレッスンで、想いに近づく実感から楽しくなってくる。笑顔の演奏をイメージしてください。


生徒様が、これからの 「プロ講師に 求めていただくべき」 ことだと思っております。


「弾けたよ!」 


音楽は一生の宝になります。


お近くには多くのピアノ教室があると思いますし、特色も様々です。


ぜひ、このブログで笹野台音楽堂の 雰囲気を感じて頂ければ うれしく思い、日々記事をご用意しています。


FREE なお笹野台音楽堂では無料体験レッスンを実施しています!


問い合わせてよかった!と思っていただける運営を目指しています。

ぜひ お気軽に お問い合わせ くださいませ 流れ星

皆さま こんばんは!笹野台音楽堂の金子です。

すっかりブログがご無沙汰しております‥。レッスン日々の充実、そして プライベートでも新しい出来事が重なり ブログまで行き付かずに日々が経過してしまっておりまして、大変恐縮です。

 

さて、コロナウイルス流行による教室運営につきまして、教室側から以降の運営についてご説明を差し上げたく存じます。

 

①現況(3月1日)までに得られる情報を鑑み 原則として「通常運営」させて頂きたく存じます。ここで申し上げる「通常運営」とは、取り決めたレッスンスケジュール、休会、退会制度の従来通りのお約束内容です。

※詳しくは月謝入会時にご一読いただき賛同いただきました「教室とのお約束」内をご参照のほどお願い致します。

 

②振替についてのみ、特別対応します。3月より2週間程度ヤマハ・カワイなどの大手教室が休講(これはレッスン代を返金する形ではなく振替を行うようです)する観点から、ご希望の方には1・2週の最大2レッスンを2・3・4週以降へ振り替える形を特別対応させて頂きたく存じます(つまり日頃は月1回ですが特別調整を1回足した最大2回となる方がいることとご認識ください)。
しかしながらお1人につき月に2回振替制度を用意する前提で運営しておりませんので、やはり調整が叶えば。という 調整不可となる可能性もございますので、ご希望される曜日や時間によっては振替を確約できない。という点も変わらずご理解のほどお願い致します。また、講師1人による運営ですので 振替制度はその月に消化するルールはそのままで進めなければ 皆様へ公平なお約束が出来かねます。何卒重ねてのご理解をお願い致します。

 

③この内容は更新しなければ上記を終息宣言や地域の安心が得られる段階まで維持したいと思います。残念ながら状況が急変悪化することや、それによって周辺の音楽教室を始めとする習い事や学校、イベントの対応が本日の状態から急変対応する場合は拙教室も これに追加・修正をして 改めてご案内致します。

 

なおこれからも通常運営する上で、感染リスクをゼロにすることは理論上出来る筈もございませんが 今までに行っております衛生管理と、更に当案内以降から新しく行っている衛生管理についても開示させて頂きます。

 

①今までに主に行っていること

・玄関マットをダスキンでリースし、毎月リニューアルマットに交換して頂いております。

・ピアノ室を含む玄関から教室へ向かう動線部分を始業前に清掃。

・ピアノの鍵盤を朝・夜に専門消毒液で洗浄。

・空気清浄機 アースプラスを教室内に設置。※インフルエンザウイルスを99%死滅させる医療でも用いられる清浄機とのことです。

・常時エアコン等による送風、そして常時室内換気は廊下側でも行っております。

・楽器管理の観点からも20~25度40~60%を目指して空調を適宜管理しております。

・発熱が見られる方はご欠席いただき、咳くしゃみを伴う場合は、マスク着用を義務付けさせて頂いております。

・冬のインフルエンザ流行時をベースにクレベリンなどの消毒を講師が携行してレッスンにあたっております。

・適宜 講師がレッスン続く際、手洗いうがい、お茶などの飲料を飲用する予防に努めております。
 

②当案内以降から新しく行っていること

・玄関ドア(外側内側、鍵)、レッスン室ドア(外側内側)、化粧室ドア(外側内側)の各ノブ及び化粧室関連スイッチ類等を次亜塩素酸を適宜に希釈し、朝夜に清掃。

・室内気温、湿度に配慮しながら 空き時間を中心に換気を努力致します。

・講師の体温を毎朝夜に計測し、発熱(37度5分以上)のないことを確認して 開講。
・講師に慢性的な咳が見られる場合、発熱がなくても休講(返金対応)いたします。※今までも このスタンスでおりますが、今まで以上に厳しく確認します。

・生徒様ならびに付き添いの方に 発熱(37度5分以上)ならびに咳がみられる場合はご欠席をお願い致します。発熱が見られない咳のみの場合も慢性的な咳はご欠席をお願い致します。

・玄関にクレベリンを設置。

・トイレの共用タオルを撤去。

 

主に以上の取り組みを行い、通常運営をさせて頂きます。個人教室であり、少人数でもございますので総理発言でもあった「全国的な大人数による文化イベント」等にあたる事業所ではない部分も参考にして検討しておりますが、今までにないウイルスの襲来によって どのように対応するべきか、答えは1つに絞れず、また どこかを優先すると どこかに問題が生じるという悩ましいバランス調整の中で このように判断させて頂いております。
拙宅には80代の祖母そして、4月に第一子が誕生予定の妻もおり、上述以外の部分も出来る限りの衛生面に努めております。想像以上に お問い合わせは少ないため、せめて どうか今まで以上にご安心してご来室頂きたいことから衛生管理についても開示させて頂きました。しかしながら、これは教室からご来室を強要するが如くお願いしたいものでは決してございません。

 

つきましては生徒の皆さまへおかれましては、以上を踏まえ 通常運営制度を中心にご用意しておりますが 個々のご意思によってどのようにお考えいただき、それぞれの制度の中からお考えをお申し付けいただくことこそ 最善と心し判断しております。

 

最後に この閉塞感漂う日々が少しでも好転し、明るく希望のある日々となりますように。また生徒皆さま並びにご家族様が引き続きご健康でいられますよう、深くお祈り申し上げます。

それでは何卒宜しくお願い致します。