Bass Style
The limiter is unnecessary in me.
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

イベント

音楽スタジオの店長をしていた縁で、若手のバンドライブなりイベントなりにお誘い頂く機会が増えた。
自身、主催のイベントを店長時代も含め数回させて頂いた事もある中で、色々考えさせられる事が多い。

色んなバンドがいて、その中で勢いがあるバンドが主催イベントを打つ。
箱側とバンド側で出来る事出来ない事という制限がある中で自然とフォーマットが出来上がる。
問題はそのフォーマットがいつしか音楽界隈の中で常識として完成される事にある。
それは決してライブハウスが悪いという意味ではない。
少なくとも俺が関わったライブハウスはこちらの要望に対して真摯に対応してくださった。

ただ、どうしても双方の落としどころから完成するフォーマットなので、爆発的な成功はない。まぁ普通にしてれば赤字にはならんし、赤字にならんのならひとまず成功と言ってもいいんやけどね。
ここで言う成功とは集客という単発の結果だけではなく、自ら興行するイベントがブランドネームとして価値を持っていくために必要な独自性を欠く点にある。

・見にくる側にとって魅力的なブッキング
・より多くの人に伝わる戦略的な告知
・通常ブッキングとは一線を置くオファーを受ける側のメリット

この辺りはどこのイベントでもある程度は練られていて観る側も楽しめている。(そうじゃないクソイベントもあるけど)
「あのイベントはスゴい」と演者からもバンドからも言われるイベントにする為に何が必要なのだろう?

例えば俺でいうと、元々同年代や先輩バンドとの繋がりしかなかった。そこには俺たち世代ならではの常識が存在し、そこに何の疑問も持たなかった。
かく言う俺もフォーマットに沿ったイベントを打つ、何の特徴もない何処にでもいるバンドでしかなった。

俺もアホではないので朧げながら何か他所とは違うところを出していく必要は感じていた。
結果…まぁ当時のお客さんには喜んで貰えるイベントにはなったと思う。
ゴリゴリの身内ノリではあったけど。
ただそんなもんはいつまでも続かんので、二の矢三の矢となるとネタ切れは時間の問題だったろう。

主催が出演バンドに出来る事
自分達にしか出来ない事
全ての演者がお客さんに出来る事

今思うところとしては、バンド界隈で既存のイベントを見てても何も生まれないだろうと言う事。
だって他所がしてることしててもしゃーないやんね。
アイドルでも良いだろうし、クラブでも良いし、劇団でも良いだろう。何かヒントが欲しい。

自身のバンドはまだ産声すらあげる前だが、二歩先三歩先を観られる人間になりたい。

あ、そうそう。
このタイミングでこの記事書くとさ、昨日行ったFREEZEの乱音に対してみたいになるなーって思ったんやけど、全くそういう意図ではない。
俺はあのイベント面白かったし、出てるバンド観ててそれ以上に悔しい思いしてた。
この気持ちがあるうちは音楽続けていかないといけないし、その為には自分の常識なんかクソ以下だろうがよ?と改めて思わせてくれた。
俺たちの時代は〜だの言いだしたら老害のはじまりはじまり。

さて…明日にでもメンバーが慌てる曲でもぶん投げてやろう。

ベースストラップを作ろう

そんな暇あるなら曲でも作れやと自分でも思うが、新しいベースには新しいストラップを奢りたい。
というのも今まで使っていたストラップ自体不満は無いのだが、購入した時はまだ20台半ば
今とは流石に趣向も異なる。


これはこれでかっこよかったが、経年劣化でスタッズも錆が浮き痛んでいた。
もう少し大人な…というかシックながらも主張するストラップが良いなぁと思っていた。

と言うわけで作成スタート。

素材の革をカットしてもらい購入したのは行きつけのいづみ恒商店様。
帰宅して外周をセオリー通りにヘリ落とし。


調整用のバックルを見様見真似で取り付けて、ベルトループを少々飾り付け。


良き。イケてる。濡れる。

工程自体は大して複雑ではない。物によっては側面を丸々一周糸縫いするが今回はなし。
全体にHTC辺りがよくやっているモチーフを誂えながら飾り付けする。
切り出しに事前にテンプレートを作成していたので、あてがってさっさと切り出していく。
飾り付けだけ楽しみたい場合は同サイズの革が売っているのを見かけたので、それを使っても良いと思う。


因みにこの飾り石は、不思議と店頭ではなかなか見ない。ネットで探してみるとそれなりに出てくるのになぁ。

赤の革は、年明けに馬革の手帳をオーダーいただいた際に余った革を使った。
手帳の依頼主にも断りを入れており、楽しみにしてくださっていたので緊張した。馬革やしw
そして結局ミスったのを機に革はデザインを変えて切りなおした


スタッズの間隔も均一に出来ず…修行が足らん!

一通り飾り付けを終えたら、肩が当たる箇所をメインに滑り止めの革を貼り合わせる。


この辺は耐久性なんかも未知数なので、使いながら必要があれば修正していこうと思う。

ベルト穴は専用のものを購入したので、これで開ける。


ええ感じやん!と言うわけで完成。



ええ…まぁありがちと言えばありがちなデザインやが、なかなかの出来栄えではなかろうか?(自画自賛)

そして先日作成したNaojiro signature RDと組み合わせる。


良き。イケてる。濡れる。
先っちょが精一杯。
「シックながらも主張するストラップ」とは結局程遠い主張の強いストラップになったけど…まぁいいやw

さてさて、次はシステムボードの縮小なんぞに取り掛かろうと思う。
ではまたー!

naojiro modelを作る⑩

というわけで長かったベース製作記も今回でおしまい。
マテリアルは以下

body:ash
neck.finger board:maple bolt on
Nut:graphtec Black Tusq XL
Pick up:seymour duncan asb-bo-4s
Control:front vol/rear vol/tone→Vol/PU selector/Direct SW
Bridge:hipshot 3 Point Super Tone Bass Bridge
Peg:hipshot
Color:vintage walnut

記載漏れもあるかもしれんけどとりあえずこの辺が主な仕様。


前々回の記事でモザイクしていたモディファイ部分について触れる。
BACKLASHボーカルのR氏から紹介で知り合った、ヘナアートのうーたん氏に書いていただいた。
モチーフはオオカミ。


この絵を描いてもらうことを決めた時点で、ハードウェアは全て黒で纏めようと決めたくらいに惚れ込んだ。
氏のInstagramにその他の作品も数多く掲載されている。
物によって可否はあるようだが、持ち込みしたものにも書いてくださるので、是非問い合わせて頂きたい。

余談だが、このイラストを描いてもらうにあたって打ち合わせをした時のこと。


ラフ画がラフすぎて爆笑した。
ヘチマやんけw

書きながら
「あ、本番はちゃんと書きますよ?大丈夫ですよ?」
と。
大丈夫です。心配してないしゴーストライターがいるとか思ってないです。

これが


こう


ギャップよ…。
改めて全体の写真を







ポットのハンダ付けが不安だったが、見事に不安的中

音が出ない…

THE 音が出ない!

まぁそんな気はしていた。
そもそも電気系統は本当に苦手なので、BIG BOSS様に預けて待つ事1週間。

序でにコントロールも変更しようという事になり、最終的にコントロールはVol/PU selector/Direct SWとなった。


なかなか素直に進まなかったが、最終の音出しまで漕ぎ着けた。

ある程度狙った通り今時な音が出るベースが仕上げられたと思う。
今までメインで使っていたサンダーバードを引退させるつもりは無いので、使い分けをしたいという意図にも叶う格好となって安心している。

まぁ兎にも角にも長くかかったし、本来なら木材のカットから作成するので職人さんは凄えなと思う。

先々機会があればテレキャスターシンラインでも作ってみようかなと思うが、当分は遠慮したい。
俺はプレイヤーであってビルダーではない。

そろそろ現役復帰したい。

最後にバンド解散後、ろくに弾いてなくてヨレヨレな俺の演奏をば!
戒めも込めて…



ではまたー!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>