naoi-blog

naoi-blog

さいたま市の一級建築士として、仕事の事だったり、事じゃなかったりする事をつらつらと書いていきます。

安野光雅さんがお亡くなりになりました。

 

94歳とのことで、まあ、大往生なのでしょう。

 

若いころ、海外の画家の美術展を観に、せっせと上野へ通い、わかった風なことを述べたりもしていましたが、

 

正直、ホントに心をとらえた画家というのは少なかったです。

 

これはもちろん、僕にそれだけの感性がなかったという事に他ならないのですが、

 

そんな僕が、理屈抜きで夢中になった画家が二人。

 

一人が、安野光雅さん。

 

ちなみにもう一人は、北海道の山々を数多く描かれた坂本直行さん・・・。

 

要するに、自然の風景を描いていて、そこから寒暖や、匂いや、音や、そんな五感に響く何かを感じることのできる絵が好きなのです。

 

単純なんですね。

 

・・・

 

サラリーマンだったころ、水曜日だけが唯一の休日だったことが長く続いていた時期があり(今思えば立派なブラック企業だな)

 

その水曜日に、せっせと長野や群馬の山へ、日帰りで風景画を描くために通いました。

 

なんとか、安野光雅さんのような風景画を水彩画で描けるようになりたい!

 

何かにとりつかれたように、たぶん2年間ほども通い続けました。

 

なかなか思い通りの絵は描けませんでしたが、それでも、時折、偶然のたまものか、「お、これはいい出来だな」

 

と、思える絵が、少しずつ描けるようになり、どんどん、風景の写生にはまっていきました。

 

遠景に山々が連なり、民家が点在して、近景には、田畑が横たわる・・。

 

そんな風景が心底好きです。

 

「ああ、住まいとは、風景に溶け込むように造らなければならないんだな」

 

そんなことも実感したものです。

 

・・・

 

今は、日々、設計図を描くことにとりつかれているので、すっかりご無沙汰になっていますが(もう、2年ほども絵筆を握っていない)

 

久しぶりに画集を取り出して、ちょっと描いてみようかなとモチベーションを上げています。

 

 

とはいえ、現実は、まず、図面・・・

 

トホホ

 

さいたま市の設計事務所 直井建築設計室 http://naoi-boo.com