絵本作家 有田奈央のブログ

絵本作家 有田奈央のブログ

絵本作家 有田奈央の日常をお送りします。



Amazonランキング1位になっていました❗️😀😀
(童話・子どもの文学カテゴリです。)


今年度の課題図書に選ばれた作品「山のちょうじょうの木のてっぺん」(作・最上一平  絵・有田奈央   新日本出版社)


夏休みの子ども達が読んでくれているのでしょう。

ありがとうございます。😀✨🙏


絵本作家  有田奈央

8月1日になりました。

世間はまだ落ち着かない様子ですが、今のところ予定通り読み聞かせイベント&サイン会を決行します。😳


●8月9日(日)14:00〜       16:00〜

●イオンモール幕張新都心グランドモール1F

●幕張蔦屋書店内

●問い合わせ〜043-306-7361


一人一人の間隔をしっかり設けて、密を避けて行いますので、ご安心を。😀🙏



絵本作家  有田奈央




「思うことから、すべては始まる」(著  植木宣隆   サンマーク出版)を読みました。😀


数々のベストセラーを生み出してきたビジネス書の出版社、サンマーク出版の社長植木宣隆さんが書いた本です。


なかなか面白く勉強になりました。😀✨


特に出版業界に携わる編集者さんや作家さん、作家を目指す方には気づきもあったり面白いかもしれません。


「水は答えを知っている」(江本勝著)や「生き方」(稲盛和夫著)や「人生がときめく片づけの魔法」(近藤麻理恵著)などミリオンセラーに加えて、数十万部のヒット作が生まれる秘訣、本の作り方、どうやって人を育てているのかなど、なるほどと思わせる内容です。


出版に関する失敗や成功、表と裏を赤裸々に綴っています。(書いていないような事も沢山あるでしょうが。)😀


出版業界でよくあるのが、本の帯や宣伝キャッチコピーに「70万部突破!」とか
「累計300万部突破!」とか書いてある事です。


知らない読者は70万部売れているんだ、とか300万部売れているのだと思いがちですが、それは刷り部数が70万部や300万部であって、実際に売れている数字では無い場合が多々あります。

●刷り部数(本を刷った数)と実売部数(売れた数)なのです。


そうやって売れている感、大きな数字を出す事が一番の宣伝であり、売りやすいからです。


資金力のある著者だと、自分で著書を沢山買ったりすることさえあります。


数字を大きく水増しする出版社もあるようですが、サンマークさんは一切しないようですね。😳


とにかく社員さんが一丸となって本気で本作りに携わっている印象です。✨


それは、実売にして3万部以上売れた本には、企画者に定価の1%のボーナスを出す、という事や社員全員に海外研修旅行を楽しんでもらったり、年度目標を達成すると全社員に1か月の休暇をあげる〜といったご褒美要素も大きいかもしれません。😀


今は以前に比べて本も出しやすい時代です。


極論を言うと、ビジネス書などは、お金さえ出せば(300万円くらい)出版プロデューサーに本を作ってもらい、誰でも商業出版できます。


でもヒット作や長く読まれる本、2冊目3冊目を出版できるかと言うと、そうではありません。


特にこれからの時代、この本に書いてあるように本気で本作りに携わったり、本を作った後の売ることにもしっかり目を向けていく必要があります。🤔



絵本作家  有田奈央

友人から下記の論文記事がメールで送られてきました。😀
要は絵本の読み聞かせが認知症予防になる、という事です。
歳を取ると、身体が弱ってくる事に加えて認知症の問題が出てきます。😥自然の摂理とはいえ。
確かに絵本の読み聞かせでは、眼を使って絵と文章を見るし、言葉を発して耳で聞き取るし、何より読み手と聞き手によるコミュニケーションが取れる事がすごく良いですね。😀
子どもから大人まで絵本を楽しんでください。✨
絵本作家  有田奈央
〜記事〜
軽度認知障害(MCI)は認知症の前駆段階とされており、罹患率は65歳以上人口の4〜19%といわれている。
MCIから認知症への進展率は約10%/年とされる一方、MCIからの改善率は14〜44%/年と回復の頻度が高い。
東京都健康長寿医療センター研究所社会参加と地域保健研究チーム研究部長の藤原佳典氏は、第21回日本認知症ケア学会(6月15日〜12月31日、ウェブ開催)で講演し、絵本の読み聞かせはもの忘れの不安がある高齢者の記憶の保持能力を改善し、認知症予防に寄与することを報告した。
認知機能訓練の中でも絵本の読み聞かせは、高齢者にもなじみやすく、会話、発声、適度な緊張感などによる心身機能の改善や他者との交流などによる社会性の向上につながり、認知症予防に役立つ要素が多いと考えられる。
 藤原氏のチームでは認知機能トレーニング部分を強化した絵本の読み聞かせプログラムを作成し、絵本の読み聞かせ講座を行うプロジェクトを立ち上げ、活動を支援している。絵本の読み聞かせ講座は、1クラス20〜30人、期間は3カ月間(10〜12回)で、インストラクターが絵本の読み聞かせの手法、絵本の選び方、起承転結の覚え込み方などを教える。「絵本の読み聞かせは発声や滑舌の訓練になるだけでなく、ストーリーをイメージしながら絵本を音読するため"エピソード記憶"が鍛えられ、一定時間内に読み終えるよう意識することで"時間の見当識"が身に付く。
加えて、聞き手の様子を見ながら読むという"注意分割機能"も強化できる。聞き手を前にして行う実演で適度な緊張感を味わえ、実演後には反省会を行うなどの交流でコミュニケーションも図れる」と説明した。
同氏は「もの忘れの不安がある高齢者に対し、絵本の読み聞かせプログラムによる介入を行うと記憶の保持能力が向上することが分かった。また、絵本の読み聞かせには知的活動が含まれており、子供や同世代との交流ができるなど社会的つながりを持てることから、認知機能の低下を抑制するだけでなくQOL向上も期待でき、認知症予防に寄与するものと考えられる。プログラム参加後に子供たちへの絵本の読み聞かせボランティアを続け、認知機能を維持している方も少なくない」と述べた。
今年に入ってからコロナの影響で今まで以上に自宅にこもる事が増えました。🙂


私はこれまで読書は沢山していました。

 
しかしユーチューブ動画はほとんど観た事なかったのですが、巣篭もりでユーチューブ動画を時々観るようになったのですが。。


ユーチューブってすごいですね!😆✨
(今さら?て感じですけれど)


何がすごいって、テレビや新聞、雑誌には絶対に出てこないような情報を結構発信している人が多い事です。(有名人やインフルエンサー?ユーチューバー含む)


例えば、私は20代の頃に本を読んで、
・イルミナティやら
・ディープステートやら
・レプティリアンなどの存在を知ったのですが、
知れば知る程、結構絶望したのですよね。😣💦


どこまでが真実かは分かりませんが、
要は一部の支配者層(悪魔崇拝者)がこの世の中を全て牛耳っていて、何もかもが彼らの思惑通りに計画通りに成り立っている世の中〜、という世界に。🤔


こういう話に、「都市伝説だ」とか「陰謀論だ」とあたかも、そんな事はあり得ない〜という人も日本には多いのですが、そう決めてかかるのもどうかと思います。


確かに、どこまで本当なのかは私達には知る術がないですけれど、

かの有名なジョン・レノンも
「社会は全て狂人によって動かされている」

「僕たちは、偏執狂者達によって、偏執狂者達の目的を成熟する為に支配されている」

という言葉を話した映像が残っています。😵💦


さらにジョン・レノンは、「こんな事を言うと気狂い扱いされて消されるだろう」と言っていた言葉通り、本当に殺されてしまいましたね。😢


「イマジン」の歌は心から平和を願って世界を変えたいという想いがつまっていたのでしょう。✨


私の大好きなマイケルジャクソンもジョン・レノン寄りで暗殺だった様な気さえします。😣💦
(やはりマイケルジャクソンも平和を願った歌詞の歌があります。)


テレビや新聞でしか情報を得ない、それらを鵜呑みにして信じている、となると本当にそれは少し危険だと思います。


支配者層がテレビや新聞を牛耳っていれば、彼らの思惑通りの都合の良い情報、捏造した情報を流す傾向があるからです。


でもネットやユーチューブが普及した事により、様々な情報を、表には出てこない情報を流す人も沢山出てきたおかげで、目醒めたり何かおかしいぞ??と気付いてきた人も多いでしょうね。🙂
(信憑性は様々ですが)


テレビや新聞の情報を信じきっているじいさんばあさんよりもユーチューブ世代の若者の方が案外覚醒しているかも。

喜ばしい事です。✨


でも、ネットやユーチューブも全て鵜呑みにせず、客観的視点、あらゆる角度から観たり予測する方がいいですね。


真実かのように情報を流して、情報錯乱させるのが目的で発信している人もいますから。


ううむ、複雑です。🤔


自分で色々と調べたり、直感を磨いて感じ尽くすのも大事ですね。


ところで、最近「グレース・オブ・ゴッド」という映画を観ました。


フランスで実際に起こった神父による児童への性的虐待事件を描いた実話作品です。


やはり教会側は事件を隠蔽しようと動いていくのですが、虐待された児童があまりに多く、、、



これまでは、隠蔽されてきたような事件や出来事も、
2020年に入ってから真実が明るみになってきています。


今後は、それらがもっともっと増えていくようです。

2020年〜水瓶座の時代から支配者層(悪魔崇拝者)を淘汰して平和に変わっていく時代に入ったようです。


これが本当だと嬉しいな。🙂🙏🙏

そう考えると、少しずつ良い世の中に向かっているのかな。🙂✨


皆が平和な世の中になってほしいですね。✨✨


子ども時代に何を経験するか、って大人になってからもすごく影響を与えると思います。


少しでも子ども達に良い影響を与えるような作品を作っていきたいです。😀✨✨



絵本作家  有田奈央