ウェブ・エリス・カップ

テーマ:

今日は、東京国際フォーラムの地上広場で行われた

ラグビーワールドカップ2019 大会2年前イベントに行ってきましたラグビーキラキラ

 

 

 

 

じゃじゃ〜んラブラブ

こちらは、ラグビーワールドカップの優勝国・地域に贈られる

優勝トロフィー“ウェブ・エリス・カップ”です。

小池都知事もジェイミー・ジョセフ日本代表ヘッドコーチも、

間近でご覧になって「光り輝くウェブ・エリス・カップ」と仰っていましたが

まさにその通りの、神々しいほどの輝きです。

 

 

 

 

よ〜くご覧頂くと分かるかもしれませんが、

台座には歴代優勝国の名前が刻まれています。
いずれここに「JAPAN」も…ビックリマーク
間近で観られたことで、興奮と共にそんな気持ちも湧き上がってきます。

 

ラグビーワールドカップ2019の2年前イベントということで、

この優勝トロフィー“ウェブ・エリス・カップ”が全国各地を回ります。

イベント詳細はこちらから⇒ラグビーワールドカップ2019 2年前イベント

 

今日行われたイベントには、小池百合子 東京都知事や

日本代表ヘッドコーチ ジェイミー・ジョセフさん

日本代表の立川理道 選手、松橋周平 選手

さらにラグビージャーナリストの村上晃一さんも参加され

トークイベントなども行われました。

 

 

 

 

台風一過 真夏のような陽気の3連休最終日。

用意された座席では到底足りないほど、多くの方々が詰めかけていました。

中には、日本代表のユニフォームを着た方や

小さい子どもたちもたくさんいましたよほっこり

 

ジェイミー・ジョセフHCの

「(日本語で)はじめまして、よろしくおねがいします。」

という一言から 和やかな雰囲気で始まったトークイベントでは、

2015年の前回大会での経験談や

2019年のラグビーワールドカップ日本大会へ向けた

意気込みなども語られましたが、

私が印象的だったのは 村上晃一さんが

トークイベントの最後に語られた言葉である、

「2019年の大会は、ラグビー強豪国が外に出る大会。

 つまり、ラグビーがよりグローバルになっていくために

 日本が託された大会。」

というものです。

 

「自国で開催されるラグビーの国際大会」と

盛り上がる気持ちが大きかったのですが、

今まで数々の強豪国で行われたラグビーワールドカップが

日本で開催されることの意味について

改めて考えさせられるような、ずっしりと重みを感じる言葉でした。

 

 

 

 

そんなことを考えつつ会場を回っていると、

ラグビーの星「楕円球」という惑星から地球にやってきたという

ラガマルくんにも会えましたよ〜おねがいドキドキ

 

 

 

今シーズン トップリーグの試合もまだまだ続きます。

ラグビートップリーグ 試合日程

 

また、11月にはオーストラリアとのテストマッチもあります。

日本代表「リポビタンDチャレンジカップ2017」オーストラリア代表戦

 

 

 

またみんなで盛り上げて行きましょうねラブピンク薔薇

 

 

 

 

沖津 那奈

AD