常歩無限・namiashi0002のブログ

常歩無限・namiashi0002のブログ

合理的で体に優しい動作法・歩き方を追求します。
重力に逆らわない、むしろ重力に助けてもらう身体操作法を追求します。

朝、体操をしていたら、北の空に虹が・・・。

虹

最初の頃は、こんな感じだったのが5分もすると

大きく、なおかつ2重に。

生活協同組合のシンボルマークは「虹」なのですね、消費生協も医療生協も。

今朝の生協の「タオル体操」を励ましているようで…、そしてみんな体操そっちのけでカメラを向けていました。この後すぐに雨がパラパラと・・・今日の体操は途中で中止。笑ってしまいました。

このややこしい感染症が流行りだしてからは、極力人混みは避けていたのですが、申し込みの締め切りが4週間前だったので「この、感染者の少ないときに」とばかり、いってきました。

庄内緑地

56歳以上のナンバーは600番以降

久しぶりなので、少々疲れましたが、「心地よい疲れ」です。

今年も、椿と四季桜が見事でした。

 

「スポーツから暴力をなくす30の方法」という本を手に入れました。

昨日も小さな記事でしたが、高校野球の指導者が「体罰」していたとの記事がありました。本当に困ったことです。この本はこんな事態を真剣に憂えて書かれました。

かれこれ50年ほど前、フランスにわたって空手の指導をされた(今も元気に指導をなさっているようです)時津賢児さんという方がいらっしゃいます。

その当時、スポーツ教師は国家試験に合格した「国家資格」なのだそうです。そして、「理論」の試験はあらゆるスポーツに共通の内容なのだそうです。勿論フランス語で。

最近では、より整理されているそうです。その為もあってか、毎年の様に報告される日本での柔道の死亡事故がフランスではありません。そして、フランスの柔道人口は日本の3倍。

柔道のフランスナショナルチームのコーチを務めた溝口紀子さんは当時の資格、教育学修士・教員免許・教員専修免許・日本体育協会C級指導者資格(公認柔道コーチ)を読み替えて代表コーチに就任したそうです。そして処遇は「国家公務員」なのだそうです。学ぶべき点は多いと思います。

なぜ今、こういった本か?去年8月、「ヒューマン・ライツ・ウオッチ」の出したレポート「数えきれないほど叩かれて」の影響が大きいように思います。

去年夏、中学校の柔道部顧問が部員に対して、柔道技を使っての傷害事件。この後の処置はこのレポートに影響されたと私は思っています。