常歩無限・namiashi0002のブログ

常歩無限・namiashi0002のブログ

合理的で体に優しい動作法・歩き方を追求します。
重力に逆らわない、むしろ重力に助けてもらう身体操作法を追求します。

なんだか訳のわからない感染症が流行って、長時間の移動の必要な墓参りは避けていましたが。感染者数が大きく減っているこの時期に久しぶりの墓参りをしてきました。

はかまいり

三度の飯より〇×の好きだった父と兄のために「献杯」。何やら「赤埴源蔵徳利の別れ」の逆バージョンのようでした。

そしてこのお寺、結構由緒ある寺なのです。何しろ日蓮さんの孫弟子が創建した古刹なのです。境内も広く、本堂と山門の間にJRの線路が走り、踏切もあるという珍しさ。

本堂は半世紀余り前に「御本様」だけは助け出されただけで、「全焼」。これはその後一回り小さく再建されたもの。この時は、今の住職も私も中学生でした。

 

山門は、江戸時代の中ごろに建てられ、いまは市の「指定文化財」。山門の前を通る国道には
お寺の名前からして勿論「日蓮宗」です。

3年ほどの間、体調がすぐれなかった「きんさん桜」が今年は元気になりました。

きんさん桜

3年ほど前は実に悲惨でした。

 

こんな感じで「枯れてしまうのでは?」とみんなを心配させましたが、見事によみがえりました。来年は「全快」で花を咲かせてくれるでしょう。

勿論、ぎんさん桜は、相変わらず元気です。

こんな感じ、来年は「長生き姉妹」の「共演」を見ることができるでしょう。

 

近くの「日本ガイシホール」で弓道の「世界選手権大会」がありました。

世界選手権ポスター

今回で4回目だとか、弓道も国際的になっているんですね。

今、日本ではどの競技もその人口が減っていることに、関係者は危機感を持っている中、高校の弓道部員は増えているんですね。15歳人口が減り他の運動部員数は全て減っている中で・・・。大したもんですね。

これは2回戦の1場面。総じて、選手の年齢は他の競技と比べて高いように感じました。弓道の魅力の一つはたぶん年齢差、体力差、性差が小さいということなのでしょうか?