DNA of DeNA
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

できれば壊したいレールのはなし

ある国立大の偉い教授から南場よ出てこい、と名指しで呼び出しを受けた。ほんの数年前の話。研究室推薦で日本の大企業から内定をもらっていた学生が、それをキャンセルしてDeNAに行きたいと言っているとのこと。教授はカンカンに怒っていて、その大学には二度と足を踏み入れさせない、学生をいっさい採用できなくするというメールも来た。

 

その学生からも連絡が来た。本人はわりと落ち着いている様子だが、とにかく教授の剣幕は形容しがたいほどだと伝えて来た。学生本人にも怒っているが、矛先はむしろ我が社に向いているという。

 

授と大企業のもちつもたれつの関係がある。企業は研究費を、教授は学生をたがいに提供し、何年ものあいだ、その約束を違えたことはない。有名大学の理系の研究室の常識だ。「南場さん、謝りに行きますか?」と採用責任者に聞かれた。とても心配そうだった。

 

えーっと何を謝るんだっけ。出かけて行って「先生、すみません、知りませんでした!知っていたとしても内定出したと思います!ここは本人に決めてもらいましょう!」なんて正直に言ったら火に油だ。さらに口がすべって「先生も研究者であると同時に教育者ですよね」とか「本人の意思より大事なものってなんですか?」とか言ってしまいそう。2度とキャンパスに入れないどころか、出て来れないかもしれない

 

「行かないよ。本人にしっかり考えてと伝えて」と採用責任者には伝えたが、学生本人が狭間で苦しんでいたら気の毒だなぁと、その件は気にかかり、ときどき確認すると「膠着状態。教授は怒り収まらず、一歩も引かず」という報告が続いた。

しばらくするとこの話はドラマチックに急展開する。


母が登場したのだ。


お母さんは本件を知り、ものすごく、本当にものすごく怒った。そしてその怒りの矛先は我が社ではなく、息子でもなく、なんとその有名教授だった。息子の人生は息子に決めさせろ、それを縛るなら訴訟だ、とまで啖呵を切ったらしい。

 

さすがの大教授も母には弱かったのか、それとも取っ組み合いの喧嘩になったのか、詳細は知らないが、その学生は無事機嫌良く我が社に入社して大活躍

 

日本は初等教育から高等教育に至るまで一般に職業意識の醸成が手薄な上に、新卒一括採用やこういった研究室推薦という仕組みで、優秀な学生を規定のレールに乗せて、本人の意思にときに関係なく(なるべく意思を持たせず、とも言える)大企業に流し込む。そして未だに終身雇用。その会社の文化ややり方に染まりきった人たちで「改革だ!」とか「イノベーションだ!」って、さすがに無理スジなんだと思う。

 

それにしても知名度、社格(ってなんだろう?)ともに数段上のその大企業も、天下の国立大学の有名教授も敵に回して本人に決めさせろと言った母は実にカッコいい。お会いしたことはないが、キリッとした姿を想像している。キャリア採用(中途採用)でお待ちしている。

できればやり直したい焼豚のはなし

 ラーメンは好きだが焼豚は苦手だ。注文のときに焼豚要らないです、と一声かければ焼豚を抜いてくれ、少し間抜けになる表面を覆う為にゆで卵を半切れ入れてくれる場合もある。ただその一声を忘れてしまうことが多い。その場合は勢いでなんとか食べるか残してしまうか。まあたいした問題ではない。

 が、それが故に足が遠のいたラーメン屋がある。家のすぐ近くのラーメン屋。比較的あっさりした豚骨スープと麺のコシがちょうどよい。ビールケースをひっくり返してそのまま椅子としているシャビーな作りだが、若者が言葉少なくきびきび働いている。食券制で店員と言葉をかわさなくて済むのも良い。

 1人のれんをくぐりビールケースに腰掛けると、湯切りをしている店員と目があった。「お、久しぶり」目がそう言っている。軽く会釈で答える。コミュ障の私もそれくらいはセーフ。しかし出て来たラーメンを見て仰天した。焼豚が2枚入っているのだ。咄嗟に左右の客の焼豚枚数を確認しさっきの店員を見ると、こちらを見て小さく頷いた。無言のメッセージは間違いなく「お客さん、サービスしとくよ!」と伝えている。そして小市民の私は自分にとって最悪の、のちのち禍根を残す行為をしてしまう。小さな感動の笑みを返してしまったのだ。

 

 その日私は焼豚を2枚食べた。

 

 私は普段会社の経営とかをしていて忙しい上に記憶力が悪いので、その日の出来事はわりとすぐに忘れてしまい、数週間後にまたそのラーメン屋に行った。入った瞬間同じ店員と目が合い、全てを思い出すと同時にちょっと嫌な予感がした。現実は予感を更に上回る展開で、今度はものすごい厚切りの焼豚が2枚入っていた。「今日もサービスしとくよ!」という無言のメッセージがアイコンタクトと共に送られて来た。

 薄切りはなんとかなる。でも厚切りはキツい。歯を食いしばって私は厚切りの焼豚を2枚食べた。ぎこちない感動の微笑み返しも忘れなかった。

 この展開が何回か繰り返された。その兄ちゃんはまさかの正社員なんだろうか。ものすごい出現率で私にサービスをしてくれた。厚切りはどんどん分厚くなり、最初のものすごい厚切りは実は普通の厚切りだったことも判明する。3枚目が乗ることもあった。もう、相手から見たら、「例の少しシャイで焼豚好きのおばさん」である。

 家の近くで唯一気に入っているラーメン屋だ。このままではまずい。今日こそは言おう、そう思って入っても、あの秘め事チックなアイコンタクトにやられてしまう。それに今更…。いったい今まで何だったんだと言われてしまう。ものすごくがっかりさせてしまう。特別に目をかけてくれていたのに。やっぱり人は期待に応えたいし、私のような傍若無人な人間も人を喜ばせたいという気持ちが強いのである。

 結局足が遠のいてしまった。ウォーキングでもなるべく店の前を通らないルートをとるようにしている。やむを得なく店の前を歩くときは思い切り下を向いて足速に通り過ぎる。

 

 誰かの期待に沿うように頑張っているとこのような顛末になることがある。ちょっとしたサービス精神から始まった小さな演技でだんだん身動きできなくなり、イップスになり、生産性が落ちる上に自分の好きなものを手放さなければならなくなる。一人として悪意ある人はいないのに、誰も幸せにならない。

 焼豚は嫌いだが大事なことを教えてくれた。なるべく嫌なことは嫌だとあらかじめ言って、これからはできるだけ正直に生きようと思う。

 

 

祝)DeNA Games Tokyo 設立!社長の全てを明かします

DeNA Games Tokyo 開設@Akiba。
社長は社内有名人T川。
久しぶりのエントリーでT川の全てを明かそうと思う。

ビッグマウスと言えばこのオトコ。とにかく話が無駄にでかい。

2008年新卒入社。入社1年後に「日本中の同期の中で一番成長した」と豪語していたのは記憶に新しい。

何になりたいの?

「ぼくは社長になりたいです。Global impact ナンバーワンのときの社長。それからオリンピックで金メダルとります。
守安さん(DeNA社長)がオリンピックのメダル持ってたらカッコいいですよね。スティーブジョブズがオリンピックのメダル持ってたら、もっと多くの子供たちが起業家になりたいと思いますよね」

幕の内弁当にダルビッシュのサインボールがついてたらもっといいのにみたいな話だ。

オリンピックに出るっていったい何の種目?と一応尋ねてみると、ぐっと乗り出して、カヌーです、と答える。

しゅ、種目決めてるんだ、すごいね。
——
そもそも競泳で北島に負け、、、(事実註:種目も順位も遠く異なる)、大学では物理学専攻で電子顕微鏡の電子ビームを拡大させずに、小さいモノをなるべく大きく語る、じゃない、見る研究をしていたという。
就活で経済評論家の波頭亮さんのセミナーで最初に手をあげ、「NTT研究所もマッキンゼーももの足りない。俺にあてはまる会社がない」と質問をすると、波頭さんは「おまえが社会に当てはまらないだけだろ」と真実を諭したりはしなかった。「とことんやりたいならDeNAに行ってみろ」

素直に見に来てDeNAが気に入った。どこが気に入ったかって、面接官が皆バラバラなことを言うのが良かったという。Execution excellenceについて熱く語る先輩がいたかと思えば、「横文字とかわかんねーし。そもそもオレ(execution excellenceとか)もともと持ってるから」と「語る意味ナシ」と全否定する先輩もいた。てんでバラバラ。まっとうだと思った。それだけらしい。

2008年に入社するとすぐに法人営業に配属になった。

「えーっと、月次の獲得件数ですか?
5、10、13、13、10、14、15、22
結構覚えているもんですね。」

伝説の先輩を超えたいと頑張ったが、結局新しい伝説を築くことは出来なかった。それでも同期ではダントツトップ。
なにがポイントだった?
「深追いしない」「クレーム受けたときは本気だす。全力で聞く」
初めてまともなことを言った。

目立ったT川はその後、ECの新規事業を任される。大手企業との提携をまとめあげるが、DeNAの経営会議で最後に否決されて見送り。一緒に盛り上がった相手の会社さんに上司と二人で頭を下げに行った。

「辛かったです。」

暗さはない。
否決の理由は納得できた。
今でもその会社の交渉相手の方とはときどき飲んでいる仲とのこと。

その後エンジニアになることを志望し、3年目で2年下の新卒とともに研修を受ける。合格した者から順に「卒業」となり、現場に配属される。もちろん誰にも訊かれてないのにT川は宣言した。「1番で卒業してみせます」

しかし約40人中7~8番目という煮え切らない結果。まあオレ、プログラミング経験ないし。。と思いたいが、1位は経験ゼロの1年生O野くん(法学部卒)。
「結構地アタマの良さがわかる研修なんですよ。もしかしてオレ、地アタマ悪いんじゃねーかって疑惑が出ました。O野、あいつ賢いですね」

ゲームが作りたくなったと社内で吹聴していたら、ゲーム事業担当取締役のコバケンに呼ばれた。

「やるか」
「やります。」

こうしてコバケンのもとでゲーム企画担当に。

「もっぱらコバケンさんウォッチングでしたね。
コロスゾって言われたんですよ、コバケンさんに。競合ゲームのヘルプ画面のこまかーいところを読んでなかったら、”オレよりゲームに詳しくならなかったらコロス”と。
初めてですよ。コロスって。
愛❤を感じました。」

前向きだ。

その後他社から転職して来たばかりの大物ゲームプロデューサーW(現ゲーム事業担当執行役員)に指示を出しまくって社内でも話題になる。歳も役職も上のWは毎夜毎夜T川からの宿題で夜なべ。
「Wさんっ!!キャラクターのセリフ変えれば数字あがるかな、とか言ってる場合じゃないですよ(怒)」とWに迫る。この頃、ツメキャラが形成される。

同時に、「オレすげんじゃねーか」と思い込み始める。まあ、前からだけど。営業、エンジニア、新規事業、ゲーム開発、ひととおりやって自信がついた。

会社もその自己認識に応えるようにとうとう1つの新規ゲーム開発プロジェクトをT川にぼこっとまるごと任せた。伝説の大コケ「Urban Surviver」だ。

「自分のエゴを押し付けた。」
そう振り返る。
出来ないなら出来るまでやれ。完璧以外は受け付けない。そういう考え方を押しつけるとチームの士気が下がって行った。それを見るとさらに怒りがこみ上げる。オレの考え方が分からないなら、いいよ。オレが全部やるから。だってオレ、スーパーだから。

チームが誰もいなくなった。

全部自分でやる、と踏ん張った。しかし遅延。1週間や2週間の遅延では収まらなかった。1ヶ月の遅れ。
ユーザーの審判も残酷だった。鳴かず飛ばずの大失敗。大コケだ。となりのチームからは「分かってない人が作るべきでない」とまで言われた。

失意のT川を救ってくれたのは、執行役員のKと、T川がさんざんツメたWだった。

文字通り二人の間に席をおかれ、「しばらく現場に入るな」と指示され、KとWの二人が状況を整理し立て直して行く様を横で見ることになった。

最初は素直になれなかった。
来年オレは取締役になってみせる、上の立場になって喧嘩するぞ、くらいの無駄な鼻息で二人にくってかかったこともあった。

悔しくて、家の前の電柱を思い切り蹴ったら骨折した。松葉杖出勤も悲しさに拍車をかけた。

ところがKとWを見てだんだん分かってくる。うまいな。人の力を引き出すことが、すごくうまい、、と。

成果を出すのが究極のゴールだ。自分のエゴやスタンスを押し通すことより、成果だ。。そのためには人の力を引き出さないと。。。

その後、DeNAが出資させていただいているゲーム開発会社C社に出向になる。

よし、半年の苦悩と学びの成果発表の場としよう。「次は絶対成功します」とKとWに約束して出て行った。

リーダー格の肩書きに関係なく、小さいイベントの仕様書きなど、細かいところを手伝うことから始めた。ツメモードもいったん忘れた(事実註:後に少し復活)。とにかく皆が求めているところ、手が回ってないところを率先して拾うように心がけた。

はじめは、こいつ誰?という雰囲気だったC社の皆さんも少しずつT川を認めて行ったようだ。
皆で成果も出した。既存ゲームの規模が7倍近くに拡大したり。

「それで南場さん、オレの人生で初めてのことが起こったんですよ。”社員旅行に来て下さい”って言われたんです。皆に好かれたみたいです。なんて言うか…」

私から目をそらし、遠くを見てポツリ。

「いいもんだなーって…思いました。」

も、戻って来い、T川!
さらに続ける。

「C社の渡邊社長が”T川さんのマネージメントスタイルは認めている”と皆の前で言ってくれたんですよ。でもその後飲み会でどうやったらもっと良くなれるか助言もしてくれました。」

認めてもらった上で聞くアドバイスには素直になれる。それは自分のマネジメントスタイルの鏡ともなるはずだ。このC社渡邊社長との出会いはT川を更に成長させた。

——

T川の話をあらためて聞いてわかったこと。
こいつは意外と失敗が多い。
水泳でも破れ、営業でも伝説をつくれず、システム開発研修でも1番になれず、EC新規事業も結実せず、ゲーム「urban surviver」で大コケした。

失敗と上司やパートナーとの出会いから学び、成長こそ順調だが、普段のビッグマウスはそのままだ。

「そう、オリンピックでメダルとるんだよね。
カヌーの調子はどう?」

「今、日本で3~4位です。他の選手は皆カヌーしかやってない。ぼくは仕事優先でこれですから、やる気になればいつでもとれます。」

ちなみに、今やっている種目はオリンピックにはない。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>