その昔(2004年ごろ)、四国で出張した際、途中で宿泊した街で

シェーバーを衝動買いしたことがあります。

 

確か、私鉄の駅の構内で露店のような店、雑貨を売っている店でした。

手持ちのシェーバーはあったのですが、安さと見た目の良さにつられて

買った、・・・しかし、これが×でした。

 

とにかく刃が荒い(細かくない)為、”ひげ反り”というよりも肌を傷付ける

感じ、・・・ 直ぐに使用を止めて、・・・それ以来安物のシェーバーは

二度と手を出さない、と決めていました。

 

しかし、・・・ また買ってしまったのです。

今回は家の近所にある”激安”の衣料品店。

私、この手の”場末感”のある店が好きで、見つけると”いつかいってみたい”

という思いに駆られます。

 

今回の店もその範疇、3年越しでしょうか、漸くいってみたところ、

衣料だけではなく、雑貨品もけっこう豊富に置いている店、・・・そこで見つけたのが

 

 

又、激安、¥980- というもの。

いつも使用しているものは、替刃だけでも¥5,000- はしますので、

これが約5台買える、・・・ 見た目形もいいし、替刃も付いて

充電式、・・・ 買ってしまいました。

 

 

結論から申します。充分使えます。

まあ、細かいことを申しますと今使っているドイツブランドや

日本のP社のものには質感や剃り味といったものではかないません。

 

【よいところ】

・ 軽い、・・・ 充電式なのに、とにかく軽い。

・ 電池の持ち : 8時間充電で結構な回数使えそうです。

(まだ試していないが)

 

【欠点】

・ 質感 : 動作時の音が大きい、振動も大きい。

(その証拠に、“キワ剃り”の際には刃にカバーを付けて使用してください

と買いてある)

・ 充電時のランプ : 充電時に点灯する赤いLED, 充電が完了しても

”消灯しません”と書いてある。

 

・・・ と不満な点もありますが、全て”価格”が帳消しにしてくれそうです。

 

これくらいの出来であれば、今まで出張時に使用していた

乾電池式のシェーバーに代わって活躍してくれそう?な感じです。