風と雲と道と

風と雲と道と

- Bike & Alternative Life -

寄り道ばかりで先に進まない
食いしん坊が気ままに書く、
バイクがメインのブログです


テーマ:

タイヤのロード化が終わり、さて次ですが、足回りの硬さカスタムは保留にして、マフラー(サイレンサー)の交換を目指します。

 

セローのマフラーといえば、BEAMSのパワートレック、力造、DELTAのバレル4 あたりが定番。

ですが、ボクが検討しているのは FMF の POWER CORE4 です。

いろんな手間がかかりそうだけれども、ボルトオンのマフラーで妥協する気にならない音の良さが、このPOWAR CORE4 にあるので、なんとかしたいものです。

 

アクセルオフの時の、ドキュルルッていう音が良い!

低周波数が消えちゃうヤツラが多いけれど、コレは小気味よい低音が歯切れよく混じっている。

サイレントボム3というローノイズインナーが付属されていて、装着無しだと爆音のようです。

 

そう、問題は2つ。 1つは、パワーボックスと嵌合しない(笑) ってこと。

POWER CORE4 と パワーボックスの組み合わせに行き着いているセローリストは多いようですが、みなさんココをサラッと仕上げてくるので、詳しく知りたいところです。

ジョイントガスケットと液状ガスケットで何とかなるのかしら? と予想はしていますが・・・

 

もう1つは、リアウィンカーの位置をズラさないと排気熱で溶けるのでは?ということ。

金具を加工するか、ボディに穴を開けちゃうかして、位置を変えないとだ。

ナンバー共締めのユニバーサル金具に、新たなウィンカーでも付けてもいいかな。ならLED?

そしたらウィンカーリレーもか。。。 費用がかさむのはちょっとなぁ・・・やりようによっちゃ配線も少し延長しなくちゃだろうし。

 

他にもヒートガードとか用意しないとだしなぁ。。。

マンション駐輪なのでお店広げて数日かけるのも出来ないし。嵌合合わせをして、必要な物が発生したら元通りに組み戻して、走って買いに行く事になるし。

走りゃエキパイからサイレンサーまで熱くなって作業出来なくなるから、じゃぁ続きは翌週、とか・・・ 大変そうだよね。

 

ま、当分先の話です。

 

 交換よりも現状の放置プレイを解消しなきゃで。

まずはパワーボックスの焼け取り(苦笑) 他に可動部にシリコーンで艶出し潤滑保護もしたいので、WAKO'Sのケミカルを2つほど用意しました。

次回にでも・・・

 


テーマ:

先週のプラグ交換から急展開にてタイヤを交換しました。もう梅雨入りしちゃいそうだからその前に。

 

距離が出ていないからブロック山もウォールクラック(亀裂)は全く問題無いんだけれど、経年劣化はあることだし、真っ直ぐ舗装路をザラザラして走るのもイヤになってきたので、変える事を決意。

高額では無いけれど、タイヤのために自賠責を1年減らして、いろんなものを倹約してきましたぞと。

ブロックではなくなるからセンターが安定して乗り味が楽ちんになるかな~と期待して。

 

チョイスは下記の通り

■Fタイヤ
 ⇒ IRC GP-210 サイズ 2.75-21 45P W/T(チューブ)

■Rタイヤ
 ⇒ IRC GP-210 サイズ 120/80-18 62P T/L(チューブレス)

■Fチューブ
 ⇒ BRIDGESTONE MCSC7136 MC TUBE バルブ形状TR-4 サイズ 2.75*3.00-21

■Fリムバンド
 ⇒ BRIDGESTONE MCSC0161(22-21) DUNLOP 151499 (22-21 21インチ)

 

オフロードタイヤといえばIRC。オン寄りにするのにオフロードバイクだからIRC (ΦωΦ) ムフフ

セローで純正から離れるタイヤ交換といえばコレ!というタイヤの1つである GP-210 、もう1つは TR-011ツーリストですね。

   

ツーテンと呼ばれる GP-210、バイク便ご用達タイヤでもあり、Kawasaki VERSYS250 は純正で履いております。

 

メーカー的にはオン/オフタイヤと謳っておりますが、だいぶオン寄りのタイヤです。

 >「オフロードバイクでオンロードを極めたい」。

 >そんなユーザーの声を反映して生まれたオフロードバイク用のスポーツタイヤ、それがGP-210です。

 >アスファルトでの走行を一番に考え、グリップ力と排水性を高めました。

 >また、ハイウェイでの使用にも十分耐えられるタイヤ剛性も併せ持ちます。

 >より快適な“街乗りオフロード”を実感してください。

 

フロントはチューブのままにするので、当初はIRCのヘヴィチューブにしたろうかと思ったんだけれど、ヘヴィって天然ゴム製なので空気の透過率が高く、空気が抜けやすい、というのでヤメました。
 

道を走ればセローに当たるぐらい、そこらじゅうで走っているのを見かけるセロー。

ちょびっと検索すればセローに関する情報は大量にゲットできます。

セロ尾さんもSSTRの前に履き替えていましたもんね。 Laylack様も絶賛されておりました。

そんな中で、こうこう様のブログ 「とおくに行きたいもんだ」 を凄く参考にさせていただき。

参考どころかショップまで真似して 2輪タイヤ専門店 「テクニタップ」 様 に依頼しました(笑)

 

 

 

ブロックさんともお別れです。 人形町~秋葉原~本郷~十条を抜け、40分弱で到着。

実は高校生の頃はテクニタップさんの近くに住んでおりまして。バイク仲間と一緒にお邪魔したことはあるんです。もう30年以上も前の話。

 

予約時間より30分早いですが、すぐにR1200GSさんのお隣に入れてもらえました。

 

当然ながら作業中の写真は控えました。

 

おかーさんが、はいコレね、と持ってきます。

 

フロントアクスルシャフトが外れなくて、おとーさんにちょっと苦労させてしまいました。

 

コッチはリア、2輪タイヤ専用のマシンがあるので、そりゃもう丁寧に素早く作業が進んでいきます。

 

その間、他のお客さんとお喋り。外されたタイヤが置かれ、まだ山あるし勿体無いね~、とお喋り相手に言われたので接写して見せてあげたりして。

あぁ、こりゃダメだ、と2人で苦笑い。経年劣化には勝てぬ。

 

はい、終了です。窒素にしてもらい、工賃・廃タイヤ処分費・もろもろ込みで23,500円なり。

ライコより6,000円、ナップスより3,000円安いです。勿論アクスルシャフトは清掃とグリスアップ。

 

 

ホイールバランスマシンに入ってフロントは重しが付いてしまった。。。 

歪ませたことないのになぁ。やっぱりスポークホイールは・・・

 

滑りやすいから気をつけてね~、とおかーさんに言われて店を後にしました。次もテクニタップさんだな。

 

>>比較

 

 

>>比較

 

 

>>比較

パット見は、そんな変わらないか。

 

走ると滑らか(笑) 制動するとボツボツして振られながら止まる、というのが当然ながら消えたわ。

まだ滑るから大人しく曲がっているけれど、予想通り暴れずにすんなり曲がれる。

ちょっと足の柔らかさがタイヤの特性を少し落としている感じもするけれど、上々の仕上がりです。

 

ロードノイズも振動も減ったし(窒素のおかげもあるかもしれないけれど)、変えて良かったわ~

 

 

ちなみに今日はゲルザブを外して走りました。

効果がイマイチ分からないのと、お尻が熱くなるので。 でも逆に気付いたことがあり、またゲルザブ装着するつもりです。

お尻の問題じゃなく、腰から大腿骨にかけての奥の方とか、まぁ下半身全体の微振動が、ゲルザブごときで軽減していたんだな、と。

 

そもそも、セローはお尻が痛くなる方が多く(ボクはあんまり痛くならないんだけれど)。

腰で運転している人と背筋で運転している人とでケツの痛み度が違う、と考察した事はありますが、zidaneさんの言うシートの前下りも確かに要因だな~と。

 

あとは、この平ら面との直角さも要因だよね。

 

昔、TTの逆輸入車は、シート高さ900でツマ先すら付かないもんだからお尻は気にならなかった。

ブロックも小さめ、海外6万km走破したマシンなのに、当時の公道制限でブロックが高いのダメだったのよね。

 

XLRの時は、アンコ抜きをして痛くなり、某オフロード専門店でコース練習の後に相談したら、アンコ盛りした方がいいと言われて即実行。

角を落として、丸みを帯びるよう高さを上げる半オーダーメイドだったので、そりゃもう快適だった。

 

ワイズギアのツーリングシートはボクも超魅力的。

だけれど縫い目から水の問題と、やたらお高いのとで、まぁゲルザブでいいか。。。

サイレンサーとシート、これが次の課題なのかもしれないけれどね。 タイヤ交換で金欠になったので、しばらくは現状維持です ^^;

 


テーマ:

SSTRに参加された方、お疲れ様でした。皆さまのレポ、楽しみにしております。

 

 

しかし暑いですな。久々に IKEA で朝ごはんしてきました。  https://ameblo.jp/nakokan5/entry-12464097134.html

いやね、仕事でお隣のモールに行ったり、夕方に思いついてセローで行ったりしているものの、

レストランでのんびりモーニングをするタイミングがなかなか無く、ようやく今朝行ったのです。

 

さて、プラグの交換なんぞ。 前回はココ ⇒ https://ameblo.jp/nakokan2/entry-12251073478.html

 

 

単気筒だから贅沢できちゃうイリジウム。しかも1万kmどころか2千kmぐらいで変えちゃうという。

 

ピカピカさ~~

 

セローのチビ改造あるあるで、リミッターキャンセルとか、AIキャンセルとかありますが。

ちなみにAIって、人工知能じゃなくてエアーインジェクションね。

排ガスに含まれる未燃焼ガスを燃やして排ガスをキレイにしてやろうってやつ。

効果は、トルクが上がったような気がする、アフターファイヤーが無くなりエンブレが弱くなる、など。

 

いいじゃん・・・ でも・・・ なんか怪しい・・・

そもそもアフターファイヤー無いし、エンブレは弱くしたいけれど生ガス臭が増えるのはイヤだし。

それにF.Iだし、燃調とか変わって微妙じゃね? と感じ、いろいろ調べてみたさ。

そしたらさ、キャブのセロー特有のトルク谷を消せる・・・と・・・ あぁやっぱそうか、キャブ車か。

 

んじゃぁまぁエアフィルターを掃除しつつプラグを交換して、キレイに燃やしてやろうと。

ん・・・ 汚れとらんがな・・・

 

内側なんてキレイすぎだろ・・・ ちぇっ まぁ一応エアーは吹いておくです。

 

んじゃぁプラグ交換を。。。 プラグ周りをエアーで吹いて砂などを飛ばしておきます。

そうだ、ターミナルナットを移植せにゃ。。。 なんかもう1個持っていた気もするけれど見当たらない。。。

 

う。。。ん。。。 不完全燃焼ゼロだな・・・ 

 

乾きも湿気もありゃしねぇ。。。 勿体無いな。。。

 

はい、交換して終了。

 

トップケースの台座を増し締め、パワービームも増し締めして終了。ホントに後はタイヤだけだ。

 

・・・ プラグ変えたてを乗らずにいられますか?(笑) って事で近所を周回。

なんせフェスをやっているとかトランプが近くで相撲観戦に来るとかで、道のチョイスが難しいのです。

 

暑い。。。 カタナより熱は食らわないけれど、暑いは暑い。

 

ちょいと水辺に・・・ ちっとも涼しくないが・・・

 

轟音族が近くを走っているのかと思ったら、水上バイクだったわ。うるせーんだな、コレ。

 

ちっ おねいちゃんと密着しやがって・・・・

 

奴らが去って少ししたらレスキューが猛スピードで向かってったぞ (・∀・)ニヤニヤ

 

う~ん。。。 見ててもつまらん。

 

さ、次はタイヤ交換すね!(何度も言ってるのになかなか変えてないヤツ)