なっかのブログ

なっかのブログ

日々の暮らしで楽しかったことやよかったことなどを投稿しています!

週刊少年ジャンプの11号の感想です。





スペシャル特典の鬼滅の刃のクリアしおり。使うのがもったいないと思ってしまいました。

「鬼滅の刃」
巻頭カラーのイラスト、とてもよかったです。
何事もひとつひとつの積み重ねが大切だと改めて感じました。
薬の効果のひとつにそんな作用があったとは…。
繋がった技。繰り返して迎えることができるのか、気になります。

「Dr.STONE」
ついに決着し…。復活の順番は理にかなっていると思ってしまいました。
次々と復活していき、とても危なかったキャラクターもいつも通りで笑ってしまいました。
あの2人の姿もよかったです。
最後は一体どういうことなのだろう?いよいよ核心に迫っていきそうで、とても楽しみです。


約束のネバーランド 17 (ジャンプコミックス)

「約束のネバーランド」
いよいよ始まった戦い。どちらも予想通りの行動をとっていく中、まさかの再会があり…。
最後は敵にとっては予想外の動きで…。
ここから一体どのような戦いになっていくのか、楽しみです。

「アクタージュ act-age」
圧倒的に勝つために、いったい何をするのだろう?
極めたからこそみんなから支持されるようになり、それがまだ見ていないものだったのかぁ。
どんな意味があったのだろうかと思っていましたが、その気づきを得ることとそれをものにするためだったのかぁ。
残り時間でどのように覚醒するのか、楽しみです。




eBookJapan
週刊少年マガジンの10号の感想です。



[カッコウの許嫁]
第2回もとてもおもしろかったです。
勘違いから始まり、お互いの生活環境も違いすぎると思ってしまいました。
抱えていた爆弾が投下されたのかと思いきや…。意外な一面を見て驚きました。
最後は一体どういうこと?次号も楽しみです。

[ドメスティックな彼女]
最初の※には確かにと思いました。陽菜の言葉は布石なのか?とも思ってしまいました。
瑠衣はとてもいい友達を見つけたと思います。でも、まさかの告白にはびっくりしてしまいました。
夏生がしっかり考えていてちょっと驚きましたが、未来のことをちゃんと考えている姿はかっこいいなと思いました。
最後の瑠衣の言葉に陽菜はどう応えるのか、気になります。


ドメスティックな彼女(26)特装版 (プレミアムKC)

[五等分の花嫁]
完結まであと3話。
せっかくうまくいったはずの2人の関係性が変わらなさすぎて、大丈夫なのだろうかと心配になってしまいました。
風太郎の決死の報告がまさかみんな知っていたとは…。風太郎の表情には笑ってしまいました。でも、寂しさをこらえていただけだったとは…。
残り2話も楽しみです。

[ランウェイで笑って]
千雪と育人の2人のランウェイ。とても素敵だと思いました。
第1話で登場したあれがまさかここで再び登場するとは思ってもいませんでした。
仕事が楽しいのはとても大切なことだと思いますし、それがやりがいともいえるのかなとも思いました。

漫画全巻ドットコム
漫画全巻ドットコムで優雅な漫画ライフを!
週刊少年ジャンプの10号の感想です。



「魔女の守人」
新連載の第3弾。おもしろかったです。
量が半端ないと思ってしまいました。
自分自身の覚悟と強さ。とても大切なことだと思います。
自分以外は知っていて、その事実を自分自身も知ることになり、それを知ってもなお自分が進むべき道を進む姿はかっこよかったです。
どんな物語になるのか、楽しみです。

「Dr.STONE」
ついに追い詰めたのかと思いましたが、慎重さにまたしても…。
なぜわざわざと思ってしまいましたが、それを取り付けるためだったのか。
そしてついに…。仲間の支えがあったからこそ掴んだもの。
次号からどのような展開になるのか、楽しみです。


アクタージュ act-age 10 (ジャンプコミックス)

「アクタージュ act-age」
気づく人には隠し切れなかったのかぁ。
なぜ行かなきゃだったのだろう?
ひとりで責任を負おうとする姿はかっこよかったです。みんなの全力によって夜凪があることに気づくことができたのでよかったのかなとも思いました。
最後の場面は一体どういうことなのだろう?どういう策なのか、気になります。

「夜桜さんちの大作戦」
今週号に出てきたキャラには唖然としてしまいました。条件が細かいのにぴったりはまってしまうとは…。
ついに気づいて、対策できたと思いきや…。
逆に気づかれてしまい…。一体どうなってしまったのか、気になります。




eBookJapan
週刊少年マガジンの9号の感想です。



表紙&巻頭グラビアは吉岡里帆さん。舞台『FORTUNE』でどのような役柄を演じているのか気になりました。

[カッコウの許嫁]
吉河美希先生の新連載。読み切り3連弾企画のうち選ばれた作品で、今回も楽しみました。連載にあたり追加要素もあるので、今後の展開も気になります。

[ランウェイで笑って]
確かに行動に移さなければ結果は出ないですが、そこまで積極的に行動できるのはすごいと思いました。一体どうやって聞き出したのか、気になりました。
千雪の魅力がとても伝わってきて、なんだかうれしくなってしまいました。
どんなランウェイになるのか、楽しみです。


五等分の花嫁(13) (講談社コミックス)

[五等分の花嫁]
初っ端から逆じゃないのかと少し笑ってしまいました。そしてみんな心配性だなと笑ってしまいました。
四葉の言葉は実際に言われるととてもうれしいなと思いました。また、心配する表情の四葉もよかったです。
風太郎の言葉は飛びすぎだとも思いましたが、見開きページのあの表情はとてもよかったです。

[ドメスティックな彼女]
せっかくのニュースだけど、実際に伝える時は緊張してしまうのだろうなと思いました。
お父さんの言葉にはグッときました。確かに一番大切なものだよなぁとも思いました。
まさか、最後にそんな展開になるとは…。次号も気になります。

漫画全巻ドットコム
漫画全巻ドットコムで優雅な漫画ライフを!
週刊少年ジャンプの9号の感想です。



「約束のネバーランド」
まさかそんなことになっていたとは…。優秀だったからこそだけど、自由がすぐ目の前にあったと考えると複雑だと思いました。
その状況でそんな言葉を言われたら、すがりたくなってしまうとも思いました。
ついに開幕し、どんな戦いになるのか気になります。

「鬼滅の刃」
意識はなくても意志があるとは…。そしてその言葉で覚醒するとは…。
やっと突破口を見つけたかと思いましたが、一瞬でそんな状態になってしまうとは…。
なぜ復活したのかは気になりますが、どんな闘いになるのか楽しみです。

「Dr.STONE」
それにしても用心深すぎるでしょと思ってしまいました。
万事休すかと思いましたが…。まさかただの逃げだと思っていた行動にこんな意味があったとは思ってもいませんでした。
秘密兵器で勝つことができるのか、楽しみです。


アクタージュ act-age 10 (ジャンプコミックス)

「アクタージュ act-age」
表情だけで伝わるとは、とてもいいチームだと思いました。
他のことを犠牲にしてまでも守るために取った行動。一人ではそんなに強くはなれなくても周りに支えてくれる人がいるからこそより強くなれるのかなと思いました。
普段は忘れてしまいがちだけれども、自分はとても恵まれているということを意識しながら生きていきたいと思いました。

「夜桜さんちの大作戦」
用事がまさかそのキャラクターと行動を共にするとは思ってもいませんでした。
それとそれを兼ねているとは驚きでした。大きな荷物の中身も驚きました。
似ているからこそ犬猿の仲なのかもしれないとも思いました。そしていつもなのかぁ…。その言葉が一番の抑止力になるのは納得でした。
なるほどと思った理由と、話の中身、気になります。




eBookJapan