1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2008-11-17 13:59:00

テーマ:ブログ

どうも。


3ヶ月近く放置してました笑



確かに忙しかった(ってういか今も続いてますが)んですけどまぁいいわけです。


昨日はオーストラリアの友達とシアトルの友達で最後の三者懇談を開き。

次話すときは日本(っていか井ヶ谷笑)やなとか言い合いながら。

誓い立てあいながら。


9ヶ月っていうこのときの経つ早さにしみじみ。

こいつら、そんでドバイにいるあやかのおかげでかなりモチベーション維持できたなって思いつつ。

最後までしっかり走りたいな。



そういえば、



今日手作りハンバーグ食べながらBBC見てたら緊急ニュースでいきなり日本のことが。



GDPが2000年以来の下降となってるんですってね。




ついこの前まで景気が上がってきてるとかなんとかいってたのに蓋を開けてみればこの状況。


経済のこと全然詳しくないですが厳しい状況が迫ってきてるのはひしひしと感じます。



CNNつけても同じように放送されてたね。こっちはやっぱりアメリカに起こす影響の心配について語ってたけどやっぱアメリカとの気っても切れない関係ってのはこういう風にも影響するんよね。


教員一本に絞ることに決めたおれ。



この経済下降も人事ではなく。



どれだけの人が公務員に流れ込んでくるのだろう。







そんなの関係ねぇって言い方もあれですが。とにかく今は自分教師目指して走っていきます。



正直これが正しい決断なのかどうか、そんなことは誰にもわからず。


ただ自分の気持ちに問いかけてみるとやはり「教員」っていうこの二文字が大きい。


っていうか今はそれ以外想像できない。




違うって思ったらそれはそれ。



人生これから。選択肢だってあるわけで。



教員→就活



難しいってよく言われてるけど。






自分にはこの選択が一番あってる。



まずは教員。なってみせようではないか。


グレートティーチャーとやら目指して♪


人生これから☆

AD
いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)
2008-08-28 14:01:18

テーマ:ブログ

旅を通して思ったこと。



もう一つ大きく感じたことがあったからまたミクシーに書くのもなんだから書いてみよう。




それは自分が幸せかどうかってのは自分の心が大きくきめるよねってこと。




グランドキャニオンへいくってのは自分にとって大きな夢の一つであった。それが遂に叶い本当に感無量。




ある時そこのホテルのレセプションで働いてる(っていってもインターンシップで)台湾人の女性とちょっと話をする機会があった。




自分はやはりこの土地に憧れをずっと抱いてて。羨ましいななんていってみた。



すると返答に驚く。



「早く国に帰りたい」




またポイントを無料でバスが走ってるのだがそこで帰りに乗った運転手さんの陽気な性格に驚く。



ただポイントをぐるぐると回ってるだけの運転手。なのに本当に愉快に一人ひとりに話しかけて、ミッキーマウスマーチまで歌いだして。




2人ともきっと元は「グランドキャニオンが好き」



この気持ちがあったからこそこんな特別なとこで働いてると思う。



けど自分の気持ち一つでこんなにも感じ方だったり日々の送り方に違いがでるものか。





自分は今バンクーバーでリアルな英語に触れながら勉強ができている。


一方で家族であったり友達、彼らに会いたいっていう寂しさばかり感じてしまったときもあった。




けど





日本で同じように英語の教師であったり海外に憧れ持ってる人からすればおれのやってることはうらやましがられがちのこと。



間違いなくおれもその一人だったろう。もしこれが実現しなかったら。




なのに心持ち一つで生活の仕方が大きく変わるもので。





どうせなら。あのバスの運転手のように楽しく愉快に感じながら日々を送りたい。

もちろん大変な事だって辛い事だってあるだろう。


けど自分の幸せってのは自分の心が大きく左右する。



なんでもかんでも羨ましく思ったりするんではなく




自分の現状に感謝しつつ、小さな幸せに気づきながら、日々努力しながら、




頑張って生きたいな。



そう感じた次第であります。



言いたいこといえてるのか。。。わかりませんが少しでも拾っていただけるとありがたいですm(__)m

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-08-21 16:25:20

テーマ:ブログ

まずはLAでのラストの日から書かせていただきます。最近このブログがミクシーのための下書きみたいになってますが、、、まぁええわ☆笑

LA発つ前におもろいことが起こった。最後の午後をダウンタウンで過ごすためにバスをサンタモニカで待ってたんだけどなかなかこなくて

そしたら学生らしき集まり4人組がきて時間の話から始まりどんどんお互いの話へ。

結果。

いっしょにダウンタウン回ることに笑

っていっても時間あんまりなかったから昼ごはんをいっしょするぐらいだったけど

なんかアメリカの学生の雰囲気少しでもいっしょになって味わえた気がした。まず旅行者じゃ足を踏み入れないような穴場的な商店街はいって格安の昼ごはん。量も多い。

彼らもなんと大学生らしく驚いたことにこれからホームレスのことに対するセミナーに出席するらしい。。

これは神からのお告げか。。。。おれにバンクーバー帰ったら調べろってか?

そんな気がしてならなかった。

やろ。うん。おれそういうなんかそういうの信じちゃう人間ですから。笑

そのあとたわいもない会話をしつつまだまだ自分の英会話力足りないこと再認識しつつ。。。(これもボランティアとかいって会話の回数ふやして頑張るしかねぇなぁ。。。)

いざ一つ夢をかなえに行こう。

ついにグランドキャニオンへ。

朝5時に駅へ着。8時発のバスでフラッグスタッフからむかうのでとりあえず駅でまた夢の中へ。

そのあとカフェいっておいしいエスプレッソとベーグル頂き(欧米か!)

ついにバスへ。しかし最後の最後で一つ心配が。

一日目のホテル予約はとれたけど明日のぶんがまだ。。。ネットで見ても予約で一杯。

キャンセル待ちに賭けるしかないなと。

だめだったらまたバス乗ってフラッグスタッフまで戻って。。。そんなことしてたら夕焼けも朝日も一回しか見れないし。。。。かといっていつまでもしぶってたら現にこのバスすら一杯だし。。。

「なんとかなる」

この言葉を胸にいざないました。

向かう途中もそうだけバス降ろされたときも思ったのが

緑が豊か・・・

あれ?なんか違うなぁ。。

ほんとにここ?

まぁええわとりあえずキャンセル確認。

あった。

あったよおかぁさ~ん!!って思いました。

まじなんかラッキー。地球の歩き方には「めったにキャンセル待ちありません」とか書いてあるけどなんとかなりました。

宿泊費はホステルに比べて断然高いです。

でも是が非でもここまできたらここのビレッジに泊まりたかった。

朝日、夕焼けもそうだけど谷底までのトレックを歩きたかった!!

いぇい!明日降りてきます。下から二億年以上かけてこの母なる大地がつくりあげたキャニオンをみてみよう。

っていっても本当に谷底までは日帰りじゃ不可能らしくファントムビレッジ(下にある唯一のホテルでどうやら一年以上前から予約しないと取れない人気。。)もテントもないからいけるとこまでいってやろうと。

一応サインあるらしく大丈夫かと。なんかやたらお土産やとかには「Dead in the Grand canyon」とかいう本とかあったりポスターで筋肉ムキムキの人が倒れてるのとかあるけど。。。。

ボトルで水かったし、バーも買ったし、クッキーも!

なんとかなる

もちろんほどほどにするけどね(^^;)

なにはともあれ。

景色やばかった。。。

まじで泣きそうになりました。

実物はやっぱちげぇ。中学時代からずっとあこがれてた場所。ついに。

もうね。人間のはかなさとかひしひしと感じた。

一日とか一週間。一ヶ月。一年。どれもこの場所を作り上げるのにはとるにたりない時間。

けどやっぱ我々人間からすればとても大切なもので。もちろん二億年ってのもそういう日々の積み重なりからなってるんだけども。

とにかく思ったのが謙虚に生きないといかんねぇってこと。別に社会でひっそり誰かに従って。。。とかそんなんじゃなくて地球に対して。生きるってことに対して。感謝せぇなあかんなぁ。

そんなこと感じてる一方で「動物にえさをあげないで」って書いてあるのに家族連れでリスにりんごやってるアホおったし、「コイン投げるとコンドルが食べてしんじゃうから投げないで」ってかいてあるのに下に落ちてたり。

怒りっていうより恥ずかしさ感じたね。

もっとこのグランドキャニオン見て感じることあるでしょ?って感じたけど。例え子連れの家族でも注意すべきだったか。。。言わんかったおれも同じかなぁ。せめて自分の子どもだったり友達、教師になったら生徒にはきちんと教えたいなぁ。

まだまだ明日もあさっても地球の偉大さ感じてきます。ただいえることは最終地にここを選んだおれ

ナイスってこと笑

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。