なかのっちの徒然(つれづれ)草

なかのっちの徒然(つれづれ)草

ブログの説明を入力します。


テーマ:

7月14日 福島県いわき市のカルチェドシャン・プリアホテルにて「花咲ゆき美・桜井くみ子スペシャル歌謡ショー」が行われましたので観覧して来ました。

6:30 老妻に名鉄駅まで送ってもらい(妻はゆき美姫の応援に出掛ける時は喜んで送り迎えをしてくれます)新幹線、常磐線特急ひたち、と乗り継ぎ11:57泉駅に到着です。駅には沼田さんたちが出迎えて下さっていてそのままホテルへ直行、早速会場内へと進みました。

 

席は最前列真ん中、10人掛けのテーブルは(自分から時計周りに)堀越、片岡、沼田、新井、坪川、藤田、のりちゃん、高橋、祐子ちゃんの皆さん、気心の知れた応援仲間です。

 

13:00 昼食の開始、決まりきった言葉ですが美味しい料理に飲み放題のお酒、お互いにさしつさされつ、ワイワイガヤガヤと笑顔の絶えない昼食タイムとなりました。その最中には第1部、地元のカラオケ愛好会の方々、そして地元プロ歌手の方の熱唱がありました。演歌好きの皆さん本当にお上手でした。

 

10分ほどの休憩がありいよいよ第2部「スペシャル歌謡ショー」の開演です。

 

最初に桜井くみ子ちゃんが登場

  歌唱曲目

   1  風に咲け

   2  嫁入り舟

 (客席を握手して廻りながら)

   3  皆の衆(村田 英雄)

   4  みちのく挽歌 (綾瀬 一美)

 (この曲は日本クラウンオーディションでグランプリを取った時歌われた曲で歌手デビューのきっかけとなった思い出の曲だそうです。)

 (ステージに戻り)

   5  灯ともし頃

   6  海宿

持ち時間はゆき美ちゃんと同じ50分くらい、歌った曲数が少ない分トークにまわしデビューする前の苦労話など沢山して下さいました。

 

続いて花咲ゆき美ちゃんの登場です。

 歌唱曲目

   1  津軽恋歌

   2  海鳥哀歌

 (この後、挨拶され学生時代に習ったという民謡「津軽じょんがら節」をひと節唸って下さいました。そして客席を握手して廻りながら)

   3  津軽リンゴ節

   4  津軽海峡冬景色 (石川 さゆり)

   5  じょんから女節 (長山 洋子)

 (ステージに戻り)

   6  愛犬子守歌

   7  諏訪湖…哀愁

   8  港わかれ雪

   9  花咲けワッショイ

ここでくみ子ちゃんが再登場され、お二人でデュエット曲 待つわ(あみん)を歌われ、最後にアンコールに応えて まつり(北島三郎)を合唱され終了となりました。

大の仲良しのお二人、120分の素晴らしいステージでした。

歌唱中の写真撮影は禁止でしたので最後のご挨拶のとき1枚だけ撮らせてもらいました。慌てていたので真っ暗です。

今年2月の小田原のお二人です。

(あれ~! 終わってからロビーで撮ったゆき美ちゃん、こんな場所に入っちゃったよ~)

 

終了後、主催者(株)プランアテーナーの中野さんがいわき駅前の宿泊ホテルまで送って下さいました。1時間ほど休憩してから中野さんご夫妻が案内して下さって夕食、そして「スナック 和」へと夜のいわき繁華街へと足を運びました。

「スナック 和」 マスターのご厚意で貸し切りでした。お酒の勢いもあって雑談を少しした後はカラオケです。全員が沢山歌われ最後のほうはゆき美演歌のオンパレードでした。

「和」の木暮夫妻です。昼食時の第1部カラオケ愛好会の部でもご夫婦ともに歌って下さいました。

中野さん夫妻もお二人とも「ゆき美演歌」を歌って下さいました。奥様は今日のカルチェドシャン・プリアでのイベントの主催者です。

楽しい「いわきの夜」を過ごさせて下さって感謝に絶えません。

このイベントが決定した春の頃から何回も電話を下さり面倒見をして下さった沼田さん、ありがとうございました。

 

 

 

 


テーマ:

7月8日 愛知県一宮市、一宮市民会館にて「Sスタ歌謡フェスティバル2018」が行われましたので観覧して来ました。

10:00 第1部「歌謡祭」(Sスタ会員&地元歌手の歌唱)に続いて 15:00 第2部「歌謡ショー」の開演です。

出演者は石原詢子、森山愛子、花咲ゆき美、中村仁美(旧戸川よし乃)、パク・ジュニョン、中澤卓也の皆さんです。

幕が開くと全員が舞台に登場し司会者から紹介された後、デビューの若い中澤卓也さんから順に一人4曲ずつ、そして一巡後「新曲コーナー」として1曲ずつ歌われました。

ゆき美姫の歌唱曲目

  1  津軽恋歌

  2  海鳥哀歌

  3  女のしぐれ酒(地元の「優扇会」の方が舞踊を添えて下さいました)

  4  愛犬子守歌

  5  港わかれ雪(ジャケット撮影衣装に着替えられて歌われました)

素晴らしい熱唱でした。

一曲目を歌い終えた後の自己紹介は青森弁で話されました。「野辺地」は地元では「のへんず」と発音しなければ通用しないそうです。

最後は全員で「青い山脈」を合唱され、その後ロビーで握手会があり18:00終了です。

 

会場内は写真撮影禁止でしたので歌唱中の写真はありません。

ロビーでの1枚だけでは少し寂しく、姫が主催者Sスタ(Secret Studio)さんのお店で今迄に5回キャンペーンを行なっていますのでその時の写真を載せてみました。

 

2012.04.28 「津軽リンゴ節」

 

2013.01.11 「冬の蛍」

 

2013.12.03  「風泣き岬」

 

2014.09.05  「月花香」

 

2016.11.12  「おんな炎」

 


テーマ:

7月1日 東京都東大和市のBIG BOXにて「スナックゆきみ39(さんきゅー)Partyが行われましたので参加して来ました。

 

 

 

主催者はゆき美姫のお母様が経営する「スナックゆきみ」なので受付や司会進行係は裕子ちゃんが、乾杯の音頭ははるばる鹿児島から来て下さった叔母様(姫のお母様の妹さん)が、そしてカラオケコーナーの進行役には中原さんが務めて下さいました。

又、テーブルに着くと昨年行われた「10周年記念コンサート」のDVDが参加者へのプレゼントとして用意されていました。非売品でこの日の為に制作されたもので他には無くとっても貴重品だそうです。生涯のお宝ものになりそうです。

 

 

13時、乾杯!に始まり美味しい料理に飲み放題のお酒、お客様は「スナックゆきみ」の常連客や「ゆき美の会」のメンバーばかりなので知った顔が多くお互いにさしつさされつ楽しい食事タイムとなりました。その真ん中頃にはカラオケコーナーがあり事前に申し込んであった20名がワンコーラスずつ歌われました。 自分はゆき美姫がカバー曲としてたびたび歌われている小林幸子さんの「雪椿」を歌ったけど会場内の大声援に上がっちゃって全然だめだったな~。

 

カラオケが終了して少し休憩後、大きな拍手に迎えられてゆき美姫の登場です。

 

 

 

 

 

歌唱曲目

1  涙じょんから女旅

2  津軽リンゴ節

(フルートを吹きながら)

3  冬の蛍

(ハーブを弾きながら)

4  檸檬

(ステージをおり客席を握手して廻りながらカップリングメドレー)

5  ヤンザ船唄

6  親娘酒

7  ふるさと慕情~ゆき美のわらべ歌~

8  泣き癖

9  お立ち船

10  たった一人のあなたのために

11  揚羽蝶

(ステージに戻り)

12  諏訪湖…哀愁

13  愛犬子守歌

14  港わかれ雪

(アンコールに応えて)

15  花咲けワッショイ

素晴らしい熱唱でした。

 

最後に豪華な景品が当たる抽選会が行われすべての参加者が洩れもなく何らかの景品をゲットされました。お母様とお二人で景品を手渡して下さいました。

 

 

美味しいお酒に酔い、素晴らしい熱唱に酔い、楽しいひと時を過ごすことができました。今もその余韻に浸っています。

ゆき美ちゃん、お世話になった皆さん、ありがとうございました。裕子ちゃん、ご苦労さまでした。

 

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス