今回は、心理士がフワーッと思いついたことを語ります。

 

**

 

雨…といえば、

「雨降って地固まる」

このことわざは有名ですね。

 

これは、

“何らかの揉め事やトラブルが起こった後、

かえって良い結果になったり安定したりすること”

を言います。

 

例えば、

“方向性の違いから大喧嘩になりバンド解散危機。

でも、初めて各々の想いをぶつけ合い分かち合い、

その後はむしろいい曲が作れるようになったなんて、

まさに「雨降って地固まる」だね。”

という使い方をします。

“もめたからこそ、良い今があるよね”という感じですね。

 

今回私が語るのは、上記のような正しい使い方の話とは少し違います。

 

 

“雨が降ってこそ【自(自分・自我・自己)】が固まるのではないか”

という、ちょっと言葉遊びのような話です。

 

 

**

 

ところで、皆さんは傘を持たずに出かけ、

大雨に降られてしまったことはありますか?

 

このような経験をすると、

外出前には天気予報を確認するようになったり、

折り畳み傘をいつも鞄に入れるようになったりと、

反省を活かした備えをするようになることでしょう。

(時には本当に予想外の豪雨が来ますが・・・!)

 

つまり、

失敗をしてこそ学びが次の成功につながる(=失敗は成功のもと)

と言えます。

 

**

 

傘を持たずに出かけ雨に降られてしまった経験のない方は、

もしかすると、

いつも誰かがあらかじめ傘を渡してくれていた可能性があります。

 

あらかじめ傘を渡してくれる誰かがいるなら、

天気予報なんて気にする必要がなくて、とても助かりますね。

でも、

もしその誰かが体調不良だったら?

もしその誰かが傘を渡し忘れたら?

 

・・・あなたは、一人だけ濡れてしまったり、

傘を渡し忘れた相手を責め立てたりしてしまうかもしれません。

 

**

 

ここでの“雨”は、失敗や挫折、トラブルなどの例えです。

 

ほとんど失敗や挫折を経験したことのないまま大人になると、

ほんの小雨でも大災害に思えたり、

傘を渡してくれなかった周りの人に強い怒りを覚えたり・・・

心の不調や人間関係トラブルに発展しかねません。

 

雨に降られてしまう経験(失敗)をするからこそ、

・自分で傘を持とうという意識ができる

・この程度の雨なら傘はいらない、このレベルは要避難、など自分で判断できる

・雨に濡れたらまず何をすべきか経験上わかるようになる

・天気予報チェックが日課になる

など、

“自分で考え、自分で行動し、自分で管理し、自分で責任を持つ”

ことができるようになります。

 

このようにして、

雨降って【自(自分・自我・自己)】が固まるのではないかと思うのです。

 

**

 

あらかじめ傘を渡そうと行動するのは、

多くの場合が“親”ですが、他にも“上司”も該当する場合があります。

“教育する・育成する”という立場だと、

大事に思うがゆえに どうしても

「降られる前の傘」(=転ばぬ先の杖)を渡したくなるものでしょう。

 

確かに、命の危険や法律違反、明らかに人を傷つける行為などは、

事が起きる前に全力で制止すべきです。

ただしこれは、傘や杖という例えでは収まらないくらいの、

ほとんど強制的な緊急避難指示に該当するレベルです。

 

では、緊急避難指示が突然出るかと言えばそうではなく、

“自分で出来る身の安全確保を始めてね”という初期のレベルから

段階的に緊迫した警報が更新されていきます。

つまり、集中豪雨や異常気象においてでさえも、

まずは“自分で情報を得て自分で考え自分で行動する”ことが必要なのです。

 

**

 

親にとって我が子の挫折はつらい・・・

上司にとって部下の失態は大損害・・・

確かにそうなのですが、

親の指示・上司の命令のみで行動していると、

本人が全く育ちません。

 

それに、成果が出ても出なくても

「親/上司に言われた通りやったに過ぎない」

「別に、私が自分で考えたわけじゃない」

という思いがつきまとってしまいます。

 

そうして、

・自信がつかない

・責任感が身につかない

・自己判断ができない

・自分らしさなんて分からない

という事態を招きかねません。

 

逆に考えると、

小さな失敗は許容して

「やってごらん」と見守っていくことで、

本人には自信がつき、自分の言動に責任を持つ

つまり

雨降って【自(自分・自我・自己)】が固まる

のではないでしょうか。

 

それでこそ信頼関係ができ、

親や上司を、

頼りになる存在

自分の味方になって一緒に悩んでくれる存在

私のことを尊重しながら応援してくれている存在

と思えるようにもなるのではないでしょうか。

 

 

**

 

ではでは、雨ふって”自”かたまる話は、このへんで。

 

大阪駅・梅田駅徒歩10分、地下鉄中津駅すぐ
大阪中津臨床心理カウンセリング
http://osaka-shinri.site/