これ、いわゆるクライシス・アクターというやつですか?

大きな災害が起きたとでっち上げるニュースに登場する役者。

もしかして今の騒動も、全部クライシス・アクター?

まさか・・・ね。

ある経営コンサルタントの人から聞いた話です。

 

歯医者さんが患者さんを抜歯しました。今日は決して入浴しないように、

何かあったら私の携帯に電話してください。

とアドバイスしたそうです。

 

その夜、患者さんから歯医者の先生に電話がかかってきました。

 

出血が止まらないとのこと。詳しく事情を聞くと、

患者さんはその夜、入浴してしまったというのです。

患者さんは自分でネットの情報を検索して、入浴しても大丈夫だと

いう情報を見て、そちらを信用してしまったとのでした。

 

以前は、医者と患者には上下の関係があり、医者の言うことは絶対でした。

その関係が今では変わりつつあり、人々は上下関係ではなく横の

つながりにシフトしているそうです。

 

病院以外の場所でも同じことが言えます。例えば会社とか学校。

社長だから、先生だから言うことを聞け、は通用しない。

 

 

自衛隊、警察、消防は、今でもはっきりとした上下関係があります。

それは、上下関係がないと組織を統率できないから。

 

私が現役の頃(1990年代)は、長老、統治体は、絶対的存在でした。

変だと思っても、とにかく従わなくてはならない、と思っていました。

とにかく上下関係で動いていました。

その後、ネットが急速に普及。

組織の隠された情報も、ネットから簡単に調べることができるように

なりました。

 

もしかしたら、上下関係の崩壊がJW組織にも

起きているかも?

 

現役さん、特に若い方にお尋ねしたいのですが、

長老の言うことだから、と言って、絶対服従しますでしょうか?

 

長老や年長者以外の、例えばネットとか横からの繋がりで情報を

仕入れて考えたり判断したりすることが多くなっていますでしょうか?

 

若い人たちの動向をご存知の方がおられましたら、教えてください。

よろしくお願いします。

 

めざめよ誌は2020年6月以降、発行されていません。

 

そのため同誌が廃刊になるらしい、という噂が立っているようです。

 

 

めざめよ誌の歴史を振り返ってみました。

 

1919-1937  慰め(consolation)

1937−1946黄金時代

という雑誌があり、

1946年8月にめざめよ誌としてリニューアル。

 

 

雑誌の顔ともいうべきミッションステートメント(雑誌が発行される目的)

の移り変わりを見てみましょう。

 

最初:

隠された敵と危険を暴き、すべての人に自由をもたらし、

落胆した人に慰めを与え、義の新しい世界についての希望を

強める。

 

1946年  義の新しい世界→神の義の新しい世界

       に変更

 

1946年→1975年

     1975年に終わりが来るということで、記事の内容は

     次第に過激さを増していった。

 

 

 

 

1975年   組織の予言失敗

 

       めざめよ誌のミッションステートメント変更

 

       本誌の目的は、この世代における創造者の新しい

       体制に対する約束への信頼を強め、読者に希望を与える

 

       となった。

 

1978年  多くのJWは希望を失って成員数は激減。

 

   ミッションステートメントから

     読者に希望を与えるという文言を削除して、

     ステートメントは

     控えめなものになった。

 

1982年 ほとぼりが冷めたと思った組織は、

      同誌に過激なミッションステートメントを掲載開始。

     平和と安全の新しい体制が、1914年の世代が過ぎ去る前に

     必ず実現する、という文言が登場。

 

1983年、“C.E.(紀元後)という語句をやめ、

       新しい体制(New Order )という語を

       使い始めた。(大文字表記は、強調、大胆さを意味します)

 

1987年  ステートメントが消える

 

1988年  ステートメント復活

 

ステートメントの過激さはややトーンダウン。

     新しい体制(New Order 大文字表記)

     は、新しい世界(new world 小文字)、と控えめに表記される。

 

 

1995 マタイ24:34の「世代」の理解が変更された年。

 

    

       ステートメントの

      1914年の出来事を目撃した世代が過ぎ去る前に

         ↓

 

       不法で邪悪で事物の体制が過ぎ去る・・・

 

 

       に変更される。

 

2013年 同誌のミッションステートメント、廃止。

 

 

以上が、めざめよ誌の巻頭に掲載されていたミッションステートメント

(雑誌が発行される目的)の歴史です。

 

 

次は発行の頻度、ページ数についての移り変わりです。

 

1946年 月に2回発行

    〃

    〃

    〃

    〃

    〃

2005年

 

 

 

2006年 月1回になる

 

2013年 32ページから16ページに減少

 

2016年 2ヶ月に1回 発行

 

2018年 年に3回発行に変更

 

2018~2020年 合計9冊しか発行していない

 

2020年6月を最後に、めざめよ誌の発行が途絶える

 

2021年版のめざめよは1冊も発行されていない。

 

ーーーーーー

 

最近、めざめよ誌は廃刊になった、という噂が立っています。

 

ーーーー

私が組織にいたのは1985年から2004年ごろまででした。

懐かしいです。

確かに当時の雑誌は内容が過激でしたね。

開拓者の姉妹たちはこの雑誌をたくさん受け取って、

自信満々の顔で雑誌経路に配っていました。

その雑誌もオワコンか・・・

辛いですね。感無量です。

 

 

 

 

最近、新しいカルトが流行り出したらしいです。

 

コロナの証人(?)とかいう宗教団体です。

 

生き残るためにはバプテスマ(ワクチン)を打たなければなりません。

 

マスクしてないと、忌避されるらしいです(汗)。

 

せっかくエホバの証人から脱退した人が、すぐにこの新種のカルトに絡め取られ

信者になっているという悲しい情報も聞いています(泣)

 

私は外出してもマスクしないので、周りから避けられているみたい。

 

カルトはどんな仕方で人を騙してきたでしょうか。

元JWだった私たちは辛い経験からたくさん学んでいるはずです。

 

コロナ騒動にはカルトに似た要素がたくさんあります。

騙されないでくださいね。

 

詳しくは以下の動画をご覧ください。

 

コロナ重症患者の集計

ちょっと古い話ですが、(2013年)、ニュージーランドの

ベテルも異教徒(エリム教会)に売却されていました。

 

 

 

ニュージーランドのJW広報担当者は、

「技術の進歩により、我々はこのような大きな不動産を必要としなくなった」

と述べています。

しかし、ベテルがそっくり異教に売り渡されるというのはどうでしょうか?

一般信者がつまずきませんか?

 

ベテルを買ったエリム教会の信者さん(下)

 

このブログでも何度か紹介してきましたが、王国会館が他の

宗教団体に売却されているという新たな情報が入ってきました。

 

米国・アリゾナ州にあるニューエイジ’教会が使っている建物をご覧ください。

https://unityofsedona.com/gallery/

 

 

 

 

 

かつてエホバの霊的な食物を提供していた演壇には偶像がおかれています。

 

魔力を持つと言われる水晶が・・・

 

 

この王国会館の建設では、多くの兄弟姉妹の無料の奉仕が

注ぎ込まれているはずです。それが、いまでは異教を崇拝する怪しい場所に

なっています。

 

ここにも偶像が・・・

 

私は排斥になりました。

組織に留まりたいとずっと思っていましたが、

ついに心が折れてしまい、

自分から排斥になるような行動をとったのだと思います。

ーーーーー

 

この二つの写真、以前からずっと気になっていたのですが・・・

 

上の写真は張成沢という北朝鮮の大物政治家の処刑前の姿。

下は言わずと知れた、JW組織の写真。

 

 

JWの写真を左右反転させてみました。

これから公開処刑。

 

うなだれている格好が似てます。

 

髪型も似ている。北朝鮮政府公認のヘアスタイルはこちら

模範的なベテル奉仕者の髪型、という題をつけると違和感ない。

 

 

霊的処刑されるであろうかわいそうな兄弟。

これから、会衆での排斥発表という公開処刑が行われる・・・

処刑なのに笑っている長老の鬼畜ぶりが怖い。

 

(私に排斥を宣告した長老兄弟は、笑みを浮かべていました。

 それははっきり覚えています。当時はなぜ長老が笑っているか

 さっぱりわかりませんでした)

 

私が最もおぞましいと思う写真でした。

私は、元長老のスッパイさんと同じで、組織のおかしな

ところをたくさん見ても覚醒しないタイプの人間でした。

 

排斥されても覚醒しませんでした。すぐに復帰するつもり

でした。

排斥後、次第に洗脳が解け始め、ある時から一切集会に

行かなくなったのですが、洗脳が解けたと言っても宙ぶらりんで、

何を信じたら良いかわからない状態でした。

 

 

その時出会ったのが、

エックハルト・トール著「世界で一番古くて大切なスピリチュアルな

教え」と言う本でした。

 

この本のおかげで、自分がなぜJWという宗教の中で不幸になって

行ったかが少しずつ、理解できるようになってきました。

 

心の響いた箇所をいくつか引用します。

 

「本当の自分」を忘れてしまうと、

怒り、混乱、憂鬱、衝突、軋轢は

免れません」

 

  ひやー、至言です。JW時代は怒り、混乱、憂鬱、衝突

  軋轢の連続でした

 

続けて引用します。

 

 

「エゴ的な自己は、飽くなき欲望に振り回されています。

自分をより完全にしたいという欲求から、常に獲物を追い求めている

のです。

これが、エゴが強迫的なくらい、未来に没頭している理由です。

 

 

エゴを通して人生を生きると、「今この瞬間」、を

「目的のための手段」にしてしまいます。

 

あなたは未来のために生きることになり、たとえゴールを達成しても、

満たされることはありません。仮に満足したとしても。それはつかの間です。

 

「今、この瞬間」と友達になると、どこにいようと、

あなたは「我が家にいるような平和な気分でいられます。

「今」の中で平和な気分がしないなら、どこに行こうと、

何をしようと居心地の悪さはついて回ります。

 

現在、過去、未来という区別は人間の思考による発明品であり、

究極的には幻にすぎません。

過去を思い出せるのは「今」しかありません。

未来も、それがやってくると「今」です

 

 

ほとんど誰もが、未来に焦点を当てて人生の大半を生きています。

けれども、未来は、現在という形態以外では、決して訪れることは

ありません。ですから、そのような生き方は機能不全を起こす原因なのです。

この生き方は、常に今である人生を尊重していません。

 

引用終わり

ーーーーーーー

 

エゴって、未来に没頭しているんですか?

 初めて聞く考えです・・・

 

エゴを通して人生を生きると、「今この瞬間」を

「目的のための手段」にしてしまいます。

あなたは未来のために生きることになり、たとえゴールを達成しても、

満たされることはありません。仮に満足したとしても。それはつかの間です。

 

とあります。なるほど、現役だった頃の私は、「今この瞬間」を

「楽園に行くための手段」にしていました。

私は未来のために生きていたんですね。

「たとえゴールを達成しても満たされることはありません」

 

 そう、組織の特権、割り当ては、果たしても決して

 満たされることはありません。

 

「今」の中で平和な気分がしないなら、どこに行こうと、

何をしようと居心地の悪さはついて回ります。

 

 よく言われていますが、

 今の会衆で平和でないなら、楽園に行っても決して楽しくない、

 ということですよね。

 

ほとんど誰もが、未来に焦点を当てて人生の大半を生きています。

  そうだったんですか!? JWだけじゃない・・・

 

けれども、未来は、現在という形態以外では、決して訪れることは

ありません。 

  そう言われてみればそうだ・・・

 

ですから、そのような生き方は機能不全を起こす原因なのです。

  私のJWでの生活は、本当に機能不全に陥っていました。

  この本の著者は、私の抱えていた問題をよく突いています・・・

 

ーーーーー

続けて引用します。

 

「今」を敵に回すのではなく、友とするのです。今を認識してください。

今を貴重なものとしてください。

人生を見つけられる唯一の場所は「今」しかないからです。

 

全意識を今、この瞬間に向けることによって、エゴ的思考よりはるかに

偉大な叡智があなたの人生を突き動かし始めます。

   

          引用終わり

 

 

「今を貴重なものとする」

 

この考えに接してから、だんだん元気になってきました。

心のモヤが晴れて、人生が良く見えるようになってきました。

 

現役信者の頃の私は、「今」を価値のないものとして捨てていましたから。

価値があるのは、将来の楽園。今は価値なし。

 

こういう思考が、心を病ませる原因なんだと気づき始めました。

 

 

 

 

「北朝鮮では死刑になるかもしれない25の行為」

と言う動画があるのですが、この内容が何やらJW組織に似ている、

という話題です。

 

 

動画の内容をかいつまんで書き出して見ました

 

北朝鮮で死刑になるかもしれないNG行為とは・・・

 

バツレッド国際電話で通話

 

バツレッド自分の意見を言うこと

 

バツレッド海外の音楽を自由に聴くこと

 

バツレッド指導者に対して否定的なことを言うこと

 

バツレッド金正恩の誕生日を尋ねること

 

バツレッド政府が承認した髪型以外のカットをすること

 

バツレッド国外に出ること

 

バツレッド首都平壌に勝手に住むこと。平壌に住めるのは政府の要人と

コネを持った人のみ。

 

バツレッドポルノ、アダルトビデオを見ること

 

バツレッド将軍様以外のものを崇拝すること。

公式には信仰の自由があると称しているが、実際は一切ない

 

バツレッド政府について否定的に話すこと

 

バツレッド海外のサイトを自由にネットサーフィンすること

 閲覧できるのは、政府が公認しているサイトのみ

 

バツレッドジーンズ、デニム服は禁止

 

バツレッドテレビを自由に見ること。見れるのは政府系の

  チャンネルのみ

 

バツレッド海外の書籍を北朝鮮に持ち込むこと。

書籍は北朝鮮に否定的なことを書いていないか、検閲され、

ふさわしくないものは没収される。

 

ーーーーーー

JWも、タイトパンツは禁止、とか厳しいドレスコードがあります。

ポルノも禁止だし、音楽も堕落したものはダメ、と言うのがそっくり。

国際電話禁止、国外に出ること禁止は、JW界では、

世の人と交流を持ってはいけない、でしょうか。

 

人民をまんべんなく支配しようとすると、こうなる、という例だと

思います。