中村国際法律事務所ブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

こんにちは!

中村国際法律事務所スタッフ・Eです爆  笑

毎日、とても暑いですがいかがお過ごしでしょうかヒマワリ

 

そんな猛暑日の連続であっても、天神では黒いスーツに身を包んだ方をよくお見かけしますびっくり

就活中の方ですねビックリマーク

熱中症で倒れることのないよう、水分補給はこまめにあせる

街中で就活生を見かけるたび、心の中で、「がんばって!」とエールを送っています流れ星

 

国家Ⅰ種?総合職?

一般企業への就職ではなく、公務員試験を目指される方もいらっしゃいますね鉛筆
公務員には、地方公務員・国家公務員の区別があり、さらに国家公務員は総合職・一般職に分かれています。
一般企業でも、総合職と一般職に分かれて、募集が行われていますねひらめき電球
 
・・・あれ?
 
国家公務員って、Ⅰ種・Ⅱ種・Ⅲ種じゃないのはてなマークはてなマークびっくり
 
と思われる方も多いのではないでしょうか。
 
当事務所でも、
 
「もー、この間の試験、大変でしたよ!えーん
「国家公務員試験やっけ??受けたのはⅠ種はてなマーク
「Ⅰ種はてなマーク私が受けたのは総合職です!」
「・・・総合職って、なんはてなマーク
 
という会話がくりひろげられましたハッ
 

いつのまに変わったの!?

総合職、一般職という名前に変わったのは、平成24年。
平成23年までは、Ⅰ種、Ⅱ種、Ⅲ種という名称でした。
これだけ見ると、「試験の種類が減ってる??」と思いますよね。
でも!実は、平成24年の方が、試験の数が増えているんです!!
 
 
平成23年は、試験の種類が14種類。
平成24年は、試験の種類が21種類!!
一気に、7つも種類が増えていますびっくり
でも、どうしてこんなにふえたんでしょうか??
 

決め手は、「院卒者試験」

現在、国家公務員試験を目指されている方はご存じだと思いますが、
総合職試験・一般職試験は、いずれも
 
「大卒者試験」
「院卒者試験」
 
というものがあります。
大学を卒業したか、院を卒業したかで、受験資格が分けられているのですねキョロキョロ
 
一般職試験には、さらに
 
「高卒者試験」
 
があります。
高校卒業が受験資格ではなく、年齢により受験資格が制限されています目
 
では、かつてはどうだったかというと・・・
 
Ⅰ種、Ⅱ種、いずれも「大学を卒業した者」。
Ⅱ種は、短大や高専も含まれていたため、受験資格が少し広かったようです。
そして、Ⅲ種は現在の高卒者試験と同じく、年齢による受験資格の制限がなされています。
 
大学院を卒業した人を対象とした試験が、無かったのですガーン
 
なぜ、このような変更を行ったのでしょうか。
それは、人事院「専門的な知識を持つ人」を集めたかったからなのです!
 
例えば、英語が得意な人を集めたいから、英語の得点を重視する試験を作ったり・・・
法律の知識を持つ人を集めたいので、法律の論文を書く試験を作ったり・・・
試験科目を細分化することで、専門知識を有する人が受験しやすいようにしたのですね照れ
 
そして、日本は大学院での専門的な研究が盛んですので、
大学院を卒業した、専門的な知識を有する人を集めるために、院卒者試験を新たに設立しましたお願い
Ⅰ種、Ⅱ種から試験が変更されたのは、こういった事情があったんですねくるくる
 
 
では、就活生・受験生の皆さん、暑さに負けず、がんばってください!バイバイ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。