ぐるり鉄道の旅

テーマ:
秋葉原から小旅行に行ってきましたよ。
目的地は・・・



神田!!



え、隣駅じゃん?
と思ったあなた、正解!

ただし経路は秋葉原から上野方面へ。

そう、JRを逆方向に大回りすることでたった140円で色々な所へ行けるのです。
改札から出られない、戻ってはいけない等制約はありますが、一筆書ができる経路が見つかったら、大回りの旅に出られます。




さて、秋葉原から上野までは京浜東北線です。
ここから常磐線に乗り換えですが、チョット待った。

駅ナカにハイボールが飲めるスポット「HIGHBALL'S 」があるんです!
まずは景気づけに一杯


いい気分で常磐線に揺られて目指すは我孫子です。
ここで成田線に乗り換えて房総半島を回るのが今回の目的ですが、乗り換えにはまだ早い。

立ち食いそば「弥生軒」に行きます。
唐揚げそばは外せない名物となっています。
握りこぶしのような唐揚げが2つ入っていてボリューム満点!



ここから成田駅まではとてものどかな風景が続きます。
眠ってしまいそうなところで成田に到着。




だがしかし、ここでアクシデント発生!
内房線で人身事故が起こったらしく、外房線までダイヤが乱れているとのこと。

仕方がない、ここは引き返そう・・・
天気もいまいちだったし、海沿いの景色が見られないのは楽しくないしね。


ということで、総武線快速で東京駅まで戻り、中央線で神田まで。



これにて今回の小旅行は終わりですが、まだまだルートはたくさんあるので、時間を見つけてまた行きたいですね。

こんなはずでは・・・

テーマ:
今日はオーディションでした!

今更悩んだところでどうにもならんので、空いた時間でウォーキングしてました。

二、三駅先までのつもりが調子に乗って1時間程かけて新宿まで。
(意外とイケるじゃん!)

しかしさて帰るか、と引き返した瞬間
体がフワッと軽くなる。
いや、意識が遠のく・・・

いかん、ここから帰らないと。。。

やっと帰ってきましたが、たまには動かないとダメだね。

(カレー)下北沢で新発見!

テーマ:
激辛グルメの食べ歩きが趣味になりつつある最近。。

「カレーを攻めてみたら?」とアドバイスをいただきまして、下北沢にある「マジックスパイス」に行ってきました!

駅からちょっと離れた坂の上にあります。

お店の外観がとっても個性的です。
内装は更に個性的で、もうここ日本じゃないよねってレベルでした。

初めてなので注文システムを店員さんに教えてもらいました。
まず、チキン・ポーク・ビーフ・ハンバーグ等肉から選べます。
そして辛さも選択可能。
一番下から「覚醒」「瞑想」「悶絶」「涅槃」「極楽」「天空」「虚空」と細かく設定されています。
「虚空」の更に上には「アクエリアス」という特別枠があるんですが、こちらは1日5食限定、ネットの情報では相当辛いらしい・・・

今日は初めてだしまずはカレーを堪能したかったので「涅槃」をオーダー。

トッピングもかなりの種類があり、フランクフルトとフィッシュボールをつけました。


待つことしばし。
さぁ、カレーのお出ましだ!

一口食べて衝撃!
こんなカレー食べたことない!!
野菜の味がしっかり出ていて、辛さに旨味をプラスしてくれます。
チキンがスプーンで崩れるくらいに煮込まれているし、野菜がたっぷりはいっているので、ボリュームが、あるのにヘルシーです。

そしてトッピングに頼んだフィッシュボール。
これね、もう新食感!是非試していただきたい!


さて肝心の辛さですが、店員さん曰く涅槃は市販の辛口カレーよりチョイ辛いレベルとのこと。
確かにその通り、十分美味しさを堪能出来ました。

また行きたいなー、別のトッピング試したいなー、と色々考えていると、これがちっとも「涅槃」ではないことに気付きます。

※涅槃とは仏教用語で、一切の煩悩から解き放たれている状態のこと。

煩悩から解き放たれるどころか、次々と煩悩が湧いてくる・・・

そうか!
欲にまみれていることを自覚するための「涅槃」なのか!!!
深い、深いぞマジックスパイス!

溢れる煩悩は一切抑えずにまた行きたいと思います。



涅槃のポーズw

(ラーメン)余裕!余裕!

テーマ:
プレミアフライデーですね。

皆さんどこに行きました?

え!?インスタ映えする○○へ!
そりゃ良かった(笑)
私はいつものように、ラーメンへ。
当然激辛ですよ。


ホント言うと行くつもりなかったんですが、フラッと新宿を歩いていたら「激辛」の看板が!

しかも限定メニュー!

これは行くしかない!!



ということで、大勝軒へ行ってきました。
食券を店員さんへ渡すと、
「大丈夫ですか?辛さ弱めておきましょうか?」と心配されてしまいました。


まぁ、前回大久保で地獄の担々麺を食べて、命のボーダーラインは分かっているつもりだったので、限定メニューだし大丈夫だろうと判断しました。


ただナメられたような気がして(気遣ってくれたのは分かっているつもりですが)カチンときてしまい、
「そのままの辛さで大丈夫です。」
(やってやんよ!!!)
と通常通りオーダー。









正直言うと、心配されるほどでもなかった・・・
最初こそ辛さが喉に来ますが、ベースとしてはいつもの大勝軒でした。
スープも粘度が高い訳でもないので、追い討ち感もなかったですね。

んー、こういう方面に楽しみを覚えるとギリギリを目指したくなるんだよなー、とグダグダ考えながら完食。

食後席を立つと店員さんから
「大丈夫でした?」と。



「全然大丈夫!(ニッコリ)」と答えておきました。


余裕のシャクレ顔w
まだまだ足りんよ!