こんにちは\(^o^)/

東京都 
葛飾区 金町 水元 亀有エリア
足立区 大谷田 北綾瀬
埼玉県 
三郷 八潮 高洲 高野 戸ヶ崎エリア
千葉県
 松戸 市川 エリア
の美容室

nakamuhair(ナカムヘアー)

なかむらです(^_^)v

本日の記事は「ヘナの染めで気をつけること」について書いていきますね♪

ヘナ染めは自然のもの。
髪の状態や塗布方法などが原因で上手く染まらない時があります。

本日はヘナ染めがうまく染まらない原因になりやすい4つ、

1)髪の状態
2)水分の温度
3)塗布量
4)放置時間

についてお伝えしていきますね!




の状態〜
ヘナ染めは髪にコーティング(皮膜)がしてあると染まり方が悪くなります。

市販されているシャンプーやトリートメントを使用するとほぼ確実に髪にべったりとコーティングされてしまいます。

髪に何もついていない「素髪」の状態にしてからヘナ染めを始めましょう。

素髪にするなら「DO−Sシリーズ」か「ハナヘナシャンプー」をおすすめしています。

分の温度〜
ヘナは植物なので高温のお湯で混ぜるとヘナの色素が壊れて染まりにくくなってしまいます。

1番の安全なのは「水」で混ぜること。

しかし水だと塗布した時に寒いので「40〜60度くらいのぬるま湯」
をおすすめしています。


布量〜
髪に塗る量が少ないとヘナが乾燥してしまうので髪に浸透しなくなってしまいます。

髪の一本一本が隠れる位にたっぷりと塗りましょう。


置時間〜
ヘナは放置時間が短いと浸透があまくなり染まりにくくなってしまいます。

逆に、放置時間が長くなるぶんには一切問題ありません。

理想は3時間です。

3時間置くとトリートメント効果が最大になり毛先がトゥルトゥルになるので出来るならチャレンジしてみましょう!

自宅なら最低でも1時間位はおいてから流すようにしましょう。


いごに〜
いかがでしょうか?

サロンで染めるときには美容師が気をつけながら施術してくれます。

しかし、自宅でセルフヘナをする場合は自分で準備から塗布までしなくてはいけません。

 

注意点を確認しながらヘナをして健康的な髪にしましょう!



 

根元のヘナ染めは【4週間に1回】
毛先のヘナ染めは【2ヶ月に1回】
のペースがオススメです

髪が傷んでる場合は状況により2、3週間に1回でもありです。

ヘナが気になる方はお気軽にご連絡くださいね♪

ご連絡お待ちしております♪



【予約は電話でお早めに】
☎︎03-6873-5818☎

【LINE@で予約もOK!!】

【おすすめシャンプー↓】
【おすすめスタイリング剤↓】
【女性用ウィッグ↓】

【SNSはこちら↓】



※お休み情報はSNSで確認して下さい✌︎

【場所をチェック✔︎】