魂!のリコーダー奏者・辺保陽一のBlog!
コンサート・講習会情報
~~~
7月にでました新譜『パリの悦び~オルレアン公フィリップのフランスバロック~』好評発売中!

~~~
LINE@: https://lin.ee/SDWBfT​​​​​​​
Ameblo: https://amba.to/2HtX9Pc
Instagram: https://bit.ly/334b0nK
Twitter: https://bit.ly/3j6WxNx
Facebook: https://bit.ly/3i6Ty6r
~~~
足跡帳はこちら!初めて来た方やそうでない方も、気軽に書き込んで下さい☆

http://ameblo.jp/nakal-fl/entry-10253375775.html
~~~
  • 22Oct
    • リコーダーカルテット『百花繚乱』公演 Vol.2(2021/01/08&11)の画像

      リコーダーカルテット『百花繚乱』公演 Vol.2(2021/01/08&11)

      関東では、まだ新型コロナウィルスの影響が出ていなかった、本年2/1に、お陰様で満員のご来場者をお迎えして、公演を行いました。そして、今年も、5月に札幌で公演を予定しておりましたが、新型コロナウィルスの影響で、残念ながら来年へ公演を延期をいたしました。ただ関東では、新春華やかにリコーダー カルテットの響をお届けしたいと思います。今回は、イギリス🇬🇧ロンドンで活躍した作曲家とイタリア🇮🇹ヴェネツィアで活躍した作曲家の作品を中心に取り上げます。名曲に加え、この公演の為に編曲した作品なども揃っておりますので、是非、お誘い合わせの上、ご来場お待ちしております。リコーダーカルテット百花繚乱 in Tokyo Vol.2〜哀愁のロンドン 輝きのヴェネツィア〜☆出演 安藤由香、高橋明日香、辺保陽一、細岡ゆき☆プログラムA.ヴィヴァルディ/リコーダー 協奏曲 ハ長調 RV4432本のリコーダーの為の協奏曲 ハ長調 RV533R.V.ウィリアムズ/リコーダー の為の組曲H.パーセル/シャコニー (Z 730)パヴァーヌ(Z 732)とファンタジー(Z 752)G.ガブリエリ/カンツォン Terza 、XXIT.メールラ/カンツォン<ラ・モンテヴェルデ>☆東京公演2021年1月8日(金)  昼の部 14:00開演/夜の部 19:00開演東京オペラシティー内・近江楽堂料金 前売り 4000円/当日 4500円/学生 2000円☆神奈川公演(35席限定)2021年1月11日(月) 14:00開演平塚市『八幡山の洋館』(http://hiratsuka-yokan1906.jp/ JR東海道線 平塚駅下車 北口より徒歩15分)料金 前売り 3500円/当日 4000円/学生 1500円♪チケット取り扱い♪<両公演>フラウト・カンタービレ事務局email/flauto_cantabile@yahoo.co.jpTel/050-5240-0346 (月〜土 10:00〜18:00)古典楽器センター(火〜土 10:30〜19:00)Tel/03-3952-5515  Fax/03ー3952-5516<東京公演> 東京オペラシティチケットセンター Tel:03-5353-9999(火〜土 10:00〜18:00)チケットのご予約は、それぞれの奏者、また、こちらのメッセージでも承れます。 <ご来場にあたり、新型コロナウィルス感染予防対策のお願い>公演にあたり、換気なども充分に行いながら進めて参りますが、ご来場の皆様へもご協力お願い致します。☆当日のご自宅での検温にご協力頂き、37.5度以上ある方、また、体調の優れない方はご来場をご遠慮下さい。☆鑑賞時は、マスク着用をお願い致します。☆チケットは、ご自身で半券をお切り下さい。☆プログラムは、受付に置きますので、ご自身で、お取り下さい。ご来場の際には、ご協力よろしくお願い致します。

  • 21Oct
    • 静岡に行ってきました!の画像

      静岡に行ってきました!

      久しぶりのコンサートは、静岡県!コンサートは夜からでしたので、近くの焼津市でランチをしてきました~♪60年近くの歴史ある、松乃寿司さん!朝一で乗り込んだので、まだ誰もいませんでした!貸し切り状態!といっても、すぐに満席でしたが…。それにしても、とっても綺麗で広々としたカウンター!嫌が応にも期待してしまいます!まずはお任せ10貫をお願いしました!お寿司も美しいですが、上の寿司ネタも本当にきれいです…。いい仕事してます…。中でも感動したのが、大将が握ってくださった、鯛の握り。(何鯛だか聞き損ねてしまいましたw)酢で〆てあるのですが、その絶妙な加減と、飾り包丁の美しさ…。絶品でした!思わず15貫以上食べてしまいました!駿河湾を心行くまで堪能してしまいました!しかしながらこの後本番があったので、お酒は飲めず…。次回に期待ですね!さて今回の会場は静岡県富士市にあるハウスゾンネンシャイン音楽堂。チェンバロやオルガンがある、ヨーロッパの教会のような会場。伴奏なしのリコーダーソロには、最適な会場です。今回の仕様楽器。ルネサンスリコーダーもテナーからソプラノまで、バロックもヴォイスフルートからソプラニーノまで。様々な音色を楽しんで頂こうと沢山の楽器を用意してみました。調度品も素敵なものばかりです…。ヨーロッパにいるかのような錯覚に陥ります。こちらはブラウンの組曲を演奏しているところです。CD『パリの悦び~オルレアン公フィリップのフランスバロック~』でもお馴染みの、譜久島譲氏の415Hzのブレッサンアルト。渋い密度のある音色が、教会に気持ちよく響いていました。こちらは今年の1月に宮崎でヴィヴァルディの協奏曲を演奏した、総象牙の442Hzのソプラニーノリコーダー。遠くまで通る透き通った音色が特徴です。こういうご時世ですのでお客さんは少なめでしたが、アットホームな雰囲気で聞いて下さった方々と温かい時間が流れて嬉しかったです。久しぶりのコンサートがリコーダー独奏2時間でしたので用意は大変でしたが、昔から大好きな独奏の世界を、こんな素敵な場所で表現できて演奏家として心から感謝したいと思います。企画して下さったハウスゾンネンシャイン音楽堂の北川さんには、深く御礼申し上げます。また機会があったら訪れたい場所となりました。ということで、また!Hasta pronto!~~~公開から2週間足らずで1000回以上再生!大人気のYoutubeチャンネル『Compleat Recorder Master』もどうぞ宜しくお願い致します!~~~~その他SNSもフォロー宜しくお願い致します!LINE@:https://lin.ee/SDWBfTAmeblo:https://amba.to/2HtX9PcInstagram:https://bit.ly/334b0nKTwitter:https://bit.ly/3j6WxNxFacebook:https://bit.ly/3i6Ty6r

  • 17Oct
    • 楽器の持ち方合ってますか?動画公開!

      お待たせしました!YouTube公式チャンネル"Compleat Recorder Master"動画キャンペーン第三弾『なかなか聞けない!?リコーダー基礎テクニック講座 その2 運指法と支え指 前編』をいよいよ一般公開致しました!動画は今回の目玉、リコーダーで一番問題になりやすい運指法についてです。基本的な手の形やポジション、また運指が管楽器の中でもピカイチで難しいリコーダーを演奏する上で欠かせないバランス問題などを正面から一つ一つ丁寧に、わかりやすく説明していきます。動画を見て頂いたら、ぜひイイネ!やコメントなども宜しくお願いします。ちなみに次回講座その3と4は、皆さんのお悩みを解決する二つの講座をお送りする予定です。次の動画も鋭意作成中です!出来上がったらまずはLINE@公式アカウントにて限定公開致します。ぜひ魂!のリコーダー奏者・辺保陽一LINE@公式アカウントにご登録ください!LINE@公式アカウントでは、動画の限定公開や私の最新情報をお知らせしています。ぜひご活用ください。そして動画を見たら、いいね!もお忘れなく(笑)ご登録、お待ちしております!追伸第1弾、第2弾の腹式呼吸前編、後編(英語字幕付き)も宜しくお願いします!~~~~その他SNSもフォロー宜しくお願い致します!LINE@:https://lin.ee/SDWBfTAmeblo:https://amba.to/2HtX9PcInstagram:https://bit.ly/334b0nKTwitter:https://bit.ly/3j6WxNxFacebook:https://bit.ly/3i6Ty6r

  • 13Oct
    • アミーチの太田シェフとラヂオつくば!の画像

      アミーチの太田シェフとラヂオつくば!

      先週金曜日は、つい先日もお世話になりましたラヂオつくばの番組『W@at? Tsukuba!』に、私の敬愛するイタリアンレストラン、トラットリア エ ピッツェリア アミーチのオーナーシェフ太田裕二さんのゲストの日にお邪魔してきました!話す内容は全く打ち合わせせずどうなることかと思いましたが、そこは名パーソナリティー・江田麻裕子さんのお話を引き出す力でなんてこともなく、話は“弟子”の話になりました。人を育てるのは難しいですが、太田さんも私も愛情をもって人と接していることは完全に一致でした。人に誠実に、物に誠実に、お料理に、芸術に誠実に。そんな愛がある太田さんだからこそ、彼の作る料理が大好きなのだと心から感じました。芸術に性格は関係ないと思いますが、こんな殺伐とした世の中だからこそ、人は温かい何かに触れたいのではないかと私は信じています。芸術家である前に、人でありたい。これは私の信条かもしれません。そんな太田さんとの実のある素敵な話をしていたらお腹がすきましたので(笑)、収録後はアミーチでYouTubeのスタッフくんとランチ!豪華な痛風パスタ(笑)こんな本場のお料理が家のすぐ近くで食べられて、ヨーロッパを感じられるなんて有難い話です。太田シェフとはまたラヂオでご一緒出来たらいいなー!それでは、また!Hasta pronto!!~~~~その他SNSもフォロー宜しくお願い致します!LINE@:https://lin.ee/SDWBfTAmeblo: https://amba.to/2HtX9PcInstagram: https://bit.ly/334b0nKTwitter: https://bit.ly/3j6WxNxFacebook: https://bit.ly/3i6Ty6r

    • 動画キャンペーン第3弾『運指法と支え指』前編・LINE@限定公開開始!の画像

      動画キャンペーン第3弾『運指法と支え指』前編・LINE@限定公開開始!

      お待たせしました!YouTube公式チャンネル"Compleat Recorder Master"動画キャンペーン第三弾『なかなか聞けない!?リコーダー基礎テクニック講座 その2 運指法と支え指 前編』をLINE@公式アカウント会員限定公開します。動画は今回の目玉、リコーダーで一番問題になりやすい運指法についてです。基本的な手の形やポジション、また運指が管楽器の中でもピカイチで難しいリコーダーを演奏する上で欠かせないバランス問題などを正面から一つ一つ丁寧に、わかりやすく説明していきます。動画を見て頂いたら、ぜひイイネ!やコメントなども宜しくお願いします。ちなみに次回講座その3と4は、皆さんのお悩みを解決する二つの講座をお送りする予定です。動画は10/17土曜日に一般公開予定です。待ちきれない方は、ぜひ魂!のリコーダー奏者・辺保陽一LINE@公式アカウントにご登録ください!LINE@公式アカウントでは、動画の限定公開や私の最新情報をお知らせしています。ぜひご活用ください。そして動画を見たら、いいね!もお忘れなく(笑)ご登録、お待ちしております!追伸第1弾、第2弾の腹式呼吸前編、後編(英語字幕付き)も宜しくお願いします!~~~~その他SNSもフォロー宜しくお願い致します!LINE@:https://lin.ee/SDWBfTAmeblo: https://amba.to/2HtX9PcInstagram: https://bit.ly/334b0nKTwitter: https://bit.ly/3j6WxNxFacebook: https://bit.ly/3i6Ty6r

  • 11Oct
    • YouTube撮影やってます!(今後の予告あり!)の画像

      YouTube撮影やってます!(今後の予告あり!)

      一昨日・昨日とスタッフくんとYouTubeチャンネル『CompleatRecorderMaster』撮影、編集でした。文化庁芸術家継続支援事業でアップする予定の6つの動画、無事すべて収録することが出来ました。予告になりますが、概要はこんな感じになります。魂!のリコーダー奏者・辺保陽一のYouTube公式チャンネル『Compleat Recorder Master』特別企画『なかなか聞けないリコーダー基礎テクニック講座』 第一部第一弾 『腹式呼吸 前編(説明編)』(2020年10月3日公開)第二弾 『腹式呼吸 後編(実践編)』(2020年10月10日公開)第三弾 『運指法 前編(説明編)』(来週明けにLINE@公式アカウントにて限定公開ののちに公開予定)第四弾 『運指法 後編(実践編)』(以降、10月中に限定公開ののち公開予定です)第五弾 『音がゆれて困っていませんか?』第六弾 『喉が動いて困っていませんか?』となっています。この講座、実は20年近く続く私の主宰する『つくばリコーダー合宿』で行っている、テクニッククリニックが母体となっています。楽器が上達するには教え方の上手な良い先生に習うことが必須です。レッスンはマンツーマンであるため、習っているときにその先生の教え方の是非というのはわかりにくいですし、先生という存在は絶対になってしまうため、とりあえず素直に信じてしまうのが普通です。楽器奏者にありがちですがレッスンではただ言いたいことをいう、習ってきたことをしゃべることに終始し、残念ながら生徒自身の成長にはまったく興味を示さない先生が沢山います。それはそうです。奏者は楽器のスペシャリストかもしれませんが、教えるスペシャリストでは決してない。習う方もしっかりとした目で、教えることが上手な先生を見つけるべきなんです。言葉で自分を良い先生というのは簡単ですが、大事なのはそこの教室の生徒がしっかりと育っているかということ。もともと才能のある子が勝手に上手くなるのは全然別問題で、それほどうまくなかった人たちにどれだけ結果を残せるかが重要ですよね。教室と先生選びはそこにいる生徒たちの成長と、雰囲気で選ぶのが一番だと思います。私もそういう悔しい経験をたくさんしてきたことを踏まえ、演奏はもちろんですが教えることにも心血を注いできました。19の時に初めて行った塾のバイト先で言われた一言。『生徒が出来ないのは生徒のせいではなく、あなたのせいです』これをモットーに(もちろん生徒側にも生徒としての自覚が必要なのは言うまでもありません)、世界中のリコーダーの方だけではなく管楽器奏者やたくさんの方に私が今まで試行錯誤考えてきたメソードを知って、ピアノやヴァイオリンのように、誰でもきちんと勉強すればある程度までしっかりとうまくなるということを実感してもらいたいです。この動画制作には資金が必要となりますので(この貴重なことをやれる機会を与えて下さった、文化庁には本当に感謝しています)、今後第2部などが出来るかどうかは不明なのですが、少しでも皆さんの為になるよう、何かしらの形で続けていけるよう道を模索していこうと思います。こちらは今回映像の撮影・編集を頑張ってくれているスタッフ、大塚暁人さん。私の発表会など、いつも録音をして下さる貴重な存在です。昨日は撮影終了後、ジンギスカンを食べながら今後の展望などを話し合っていました。一人で撮影、編集をしてくれていて、とても頑張ってくれています。本当に有難う!さてさて今日はこれから麻布ミュージックプレイスの対面レッスンです。やっとオンラインからの再開となります。今日も一日、愛する生徒たちの為に頑張ります!それでは、また!動画の続きを、どうぞお楽しみに!追伸LINE@公式アカウント『魂!のリコーダー奏者・辺保陽一』では、動画の限定公開や私の最新情報をお知らせしています。ぜひご活用ください。そして動画を見たら、いいね!もお忘れなく(笑)~~~~その他SNSもフォロー宜しくお願い致します!LINE@:https://lin.ee/SDWBfTAmeblo: https://amba.to/2HtX9PcInstagram: https://bit.ly/334b0nKTwitter: https://bit.ly/3j6WxNxFacebook: https://bit.ly/3i6Ty6r

  • 10Oct
    • 来週は富士市でソロのコンサート!の画像

      来週は富士市でソロのコンサート!

      来週土曜日は静岡県富士市にある素敵な『ハウスゾンネンシャイン音楽堂』にて、ドソロのコンサートをさせて頂くこととなりました。久しぶりのコンサートが通奏低音を伴わない、まったく一人のコンサートとはなかなか面白いなと自分でも思っています!昔からドソロは本当に大好きで、出来るだけソロの演奏をするようにしていたんですよね。今回はファン・エイクや、ブラウン、クープランや大曲マレのスペインのフォリアなどを演奏する予定です。沢山の楽器と共に、この素敵なホールにいい音を届けたいと思っています。お近くの方は、ぜひご来場ください。会場にて、お待ちしております。~~~ブロックフローテ ソロの夕べ演奏:辺保 陽一(リコーダー)曲目: フランソワ・クープラン:恋に落ちし夜鶯    マラン・マレ:スペインのフォリア    テレマン:無伴奏ファンタジア など会場:ハウスゾンネンシャイン音楽堂(419-0201 静岡県富士市厚原音楽通り1159-8)お問い合わせ:電話:0545 71 6624 メール:amkrsteinerfuji@gmail.comチケット:前売り4500円 当日5000円~~~~その他SNSもフォロー宜しくお願い致します!YouTubeチャンネル『Compleat Recorder Master』LINE@:https://lin.ee/SDWBfTAmeblo: https://amba.to/2HtX9PcInstagram: https://bit.ly/334b0nKTwitter: https://bit.ly/3j6WxNxFacebook: https://bit.ly/3i6Ty6r

    • 『なかなか聞けないリコーダー基礎テクニック講座・腹式呼吸』後編、解禁!の画像

      『なかなか聞けないリコーダー基礎テクニック講座・腹式呼吸』後編、解禁!

      第一弾前半、公開から一週間が経ちましたが、既に650回以上再生して頂き、たくさんの素敵なコメントやいいね!を頂きました。有難うございます!この手の動画でこれだけ見て頂けたら、色々な方に注目して頂けているようなのでとても嬉しく思っています!しかも一回一回の再生時間が長いようで、きちんと勉強したい方が頑張ってみて下さっていることがとても嬉しかったです!YouTubeチャンネル『Compleat Recorder Master』の動画後編もとても長いですが、管楽器を演奏するのに必要な腹式呼吸に使用する筋肉をどう効率的に鍛えていくのか、そこに重点を置いた様々な練習法をご紹介しています!リコーダーは息がそのまま音になる楽器です。まっすぐ音を出すということだけでも、どれだけ大変なのかということを実感してもらえればと思います。この練習法は、他の管楽器にもとても有効だと思います。色々な管楽器奏者の方にもぜひ見て頂きたいです!第3弾、第4弾は運指法についてを予定しています。近々LINE@公式アカウントで先行公開する予定ですので、お楽しみに!第一弾『前編・腹式呼吸の説明』の動画(英語字幕付き)はこちら!~~~~その他SNSもフォロー宜しくお願い致します!LINE@:https://lin.ee/SDWBfTAmeblo: https://amba.to/2HtX9PcInstagram: https://bit.ly/334b0nKTwitter: https://bit.ly/3j6WxNxFacebook: https://bit.ly/3i6Ty6r

  • 08Oct
    • 明日もラヂオつくば!の画像

      明日もラヂオつくば!

      皆さん、こんばんは!台風が近づいてますね…。この時期の台風は、以前のこともあるので心配ですよね。気をつけて、ぜひ台風に備えていただければと思います。さて明日はまたまたラヂオつくばに出演して参ります。今回はいつもと少し違って、私も、イタリア在住のケース・ブッケ先生もお気に入りの、つくば市が誇る人気イタリアンレストラン・シェフの太田裕二さんの時間にお邪魔することになりました!ヨーロッパから遠く離れた日本にいると、なかなかあちらの空気が吸えなくて困ることが多いのですが、つくばには素晴らしい太田シェフがいてくださるおかげで、ヨーロッパの風を忘れなくていられてます。私にとって、本当に有難い存在です。そんなシェフと何を話すかわかりませんが笑、イタリアでの修行経験のある太田シェフと、お話を引き出すのが上手な江田さんと、楽しいお話が出来るのではないかと思っています。お時間がありましたら、ぜひご視聴ください。ラヂオつくばの金曜11時からの番組『What Tsukuba』で、11:30からの出演となります。ラヂオつくばはサイマルラヂオでもお聞き頂けます。ぜひインターネットでお聞きください!また番組ハッシュタグ〈#what_tkb〉を使用して頂くと、直でパーソナリティーの江田麻裕子さんにつながります。https://twitter.com/camusmayuko/TwitterやFacebookへの、番組のご感想もお待ちしております!

  • 05Oct
    • 『腹式呼吸その1後編』LINE@公式アカウント限定公開開始!の画像

      『腹式呼吸その1後編』LINE@公式アカウント限定公開開始!

      お待たせしました!YouTubeチャンネル『Compleat Recorder Master』動画 第二弾、『なかなか聞けない⁉リコーダー基礎テクニック講座』その1『腹式呼吸』後編が、LINE@公式アカウント『魂!のリコーダー奏者・辺保陽一』にて限定公開となりました。後編では実際にどのように腹式呼吸を意識してその必要な筋肉を鍛えていくのか、その実践方法をわかりやすく説明していきたいと思います。先週末に公開したこちらの前編は、とても多くの方に見て頂き、高評価を素敵なコメントを頂いています。有難うございます!前編のいいね!ご感想も、スタッフ一同お待ちしています。先日ブッケ先生にこの前編を見て頂いたところ、『とても分かりやすく、丁寧に説明していてとてもいいね!みんなの反応が楽しみだね。』とコメントを頂きました。温かく応援して頂いて、本当に励みになります。さて後編はまた今週末、10/10(土)の午前中に公開予定です!もう待てない!!という方、ぜひLINE@の公式アカウントをフォローして、動画のURLをゲットしちゃってください!もちろん登録、動画視聴は完全無料です!お気軽にご登録いただければと思います。それでは、また!Bon dia!!魂!のリコーダー・辺保陽一の各種SNSもフォロー宜しくお願い致します。~~~~~~~~~~~~~~~~~~~LINE@公式アカウント『魂!のリコーダー奏者・辺保陽一』: https://lin.ee/SDWBfTKAmeblo: https://amba.to/2HtX9PcInstagram: https://bit.ly/334b0nKTwitter: https://bit.ly/3j6WxNxFacebook: https://bit.ly/3i6Ty6r

  • 03Oct
    • 祝YouTubeチャンネル『Compleat Recorder Master』公開!の画像

      祝YouTubeチャンネル『Compleat Recorder Master』公開!

      先ほど私のYouTubeチャンネル『Compleat Recorder Master』の動画第一弾、『腹式呼吸』前編がついに一般公開となりました!管楽器奏者全般に役立つ、腹式呼吸についての説明動画となります!実践編の後編も、近々LINE@公式アカウント『魂!のリコーダー奏者・辺保陽一』の方でお友達限定公開の予定です!動画の続きがいち早く見たいという方は、無料ですのでぜひご登録ください!またこちらの動画には英語字幕が付いています!併せてご活用ください。動画は10月中にいくつかアップする予定です。どうぞお楽しみに!~~~~その他SNSもフォロー宜しくお願い致します!Ameblo: https://amba.to/2HtX9PcInstagram: https://bit.ly/334b0nKTwitter: https://bit.ly/3j6WxNxFacebook: https://bit.ly/3i6Ty6r

  • 02Oct
    • ジム頑張ってますー!の画像

      ジム頑張ってますー!

      コロナが蔓延してからというもの、外に出ることも少なくなり、友人のお店のテイクアウト、美味しいごはんを食べ飲んでばかりいたら、人生で最高体重に到達してしまった5月。思い切って教室の生徒さんのご紹介で、つくば市二の宮にあるパーソナルジム『Jockeys Shape』に通う決心をしました!こちらの代表のトレーナーの方は元ジョッキーさんということで、現役時代の厳しい減量生活の経験や様々なトレーニング法などを勉強されてきた経験から、生徒一人一人の適切な体の鍛え方と体重管理をとても親身になって考えてくださいます!運動をあまりしてこなかった私ですが、週二回1時間ずつ、4ヵ月間のトレーニングの結果、5キロの減量に成功しました~!筋肉ついてこれなので、結構落ちたと思うんですよね…。有難い!一応目標体重は高校時代に戻るというところですが…。先生、出来ますかね?(笑)相変わらず飲んだり食べたりしているのでのろまのカメさんですが、トレーニングをしていて感じたことは、最近楽して生きていたなと思いました。体を鍛えるだけではなく、心も鍛えるつもりで目標体重に到達できるように頑張ります!でも一番は、健康の為なんですけどね!(笑)不出来な生徒ですが、決して見放さず親身に教えて頂ける先生に大感謝です!いつも有難うございます!さて明日はいよいよ、私のYouTubeチャンネル『Compleat Recorder Master』の『なかなか聞けない!?リコーダー基礎テクニック講座』第1弾の公開となります!現在LINE@公式チャンネル『魂!のリコーダー奏者・辺保陽一』のお友達キャンペーンにて、お友達になってくださった皆様のみ先行公開を行っております。10月は数本の動画を投稿する予定ですが、毎回LINE@で先行公開したのちに公開としたいと思います。待ちきれない方は、ぜひお友達申請してみてください!もちろん登録は無料です!それでは明日の公開をお楽しみに!~~~その他SNSもフォロー宜しくお願い致します!Ameblo: https://amba.to/2HtX9PcInstagram: https://bit.ly/334b0nKTwitter: https://bit.ly/3j6WxNxFacebook: https://bit.ly/3i6Ty6r

  • 30Sep
    • YouTubeチャンネル作りました!の画像

      YouTubeチャンネル作りました!

      なんかそれらしいサムネを作ってみています(笑)週末公開予定の『Compleat Recorder Master』という私のチャンネルを作りました!構想数年でしたが、コロナと文化庁の支援のお陰様で、いくつか作ってみようとスタッフと共に3ヵ月ほど格闘の末、今週末、2020年10月3日の土曜日に本公開となりました!ただいま直前キャンペーンにて、私の公式LINE@アカウント『魂!のリコーダー奏者・辺保陽一』に登録して頂けると、なんと土曜の公開を待たずにご覧いただけます!無料ですので、ぜひご登録いただき動画をお楽しみください!10月にいくつか動画を上げる予定ですが、その都度LINE@の方で先行公開いたします。ぜひご活用ください!ご登録お待ちしております!

  • 28Sep
    • LINE@公式アカウント開設しました!の画像

      LINE@公式アカウント開設しました!

      『魂!のリコーダー奏者・辺保陽一』のLINE@公式アカウントを開設いたしました!現在お友達追加促進キャンペーンと致しまして、今週末に公開されるYouTubeチャンネル、『YouichiHembo CompleatRecorderMaster』の現在限定公開の『なかなか聞けないリコーダー基礎テクニック講座』第一弾をいち早くご覧いただけます!また公式アカウントでは、私のコンサートや講習会、YouTubeなどの最新情報を素早くお届けする予定です。ぜひご登録ください!宜しくお願い致します!

  • 17Sep
    • 明日ラヂオ生出演します!(20200918/12:30-)の画像

      明日ラヂオ生出演します!(20200918/12:30-)

      久しぶりの更新です。コロナが流行して以来コンサートの機会はほとんどなく、こちらでお知らせすることもモチベーションもなくなってしまったところでしたが、皆さんは体調などお変わりありませんでしょうか?今年は酷暑や大雨もあり、大変な夏となってしまいました。このような中ですが、我々芸術家は皆さんのご健康を切に願わんばかりです。さて突然ですが、明日またまたラヂオつくばに生出演させて頂くことが決まりました!ラヂオつくばの金曜11時からの番組『What Tsukuba』で、12:30から10分程度の出演となります。今回は新譜『パリの悦び~オルレアン公フィリップのフランスバロック音楽~』のレコーディングや編集や楽器についてなど、録音に関する裏話をお送りできればと思っています。放送中にはCDの中のプログラムより、演奏をお聞かせ出来るかもしれません!ラヂオつくばはサイマルラヂオでもお聞き頂けます。ぜひインターネットでお聞きください!また番組ハッシュタグ〈#what_tkb〉を使用して頂くと、直でパーソナリティーの江田麻裕子さんにつながります。https://twitter.com/camusmayuko/TwitterやFacebookへの、番組のご感想もお待ちしております!

  • 22Jul
    • レコード芸術8月号で準推薦盤に選ばれました!の画像

      レコード芸術8月号で準推薦盤に選ばれました!

      先日発売のレコード芸術2020年8月号にて、7/7に発売した『パリの悦び〜オルレアン公フィリップのフランスバロック音楽〜』が準推薦盤に選ばれました!こんなドマイナーな曲ばかりの録音ですが、頑張って作った甲斐がありました…。先生方のコメントもとても前向きで、有り難い限りです。https://www.ongakunotomo.co.jp/catalog/detail_sp.php?code=042008ドマイナーとは言え、私が留学時代や日本に帰ってきてから温め続けた名曲揃いです。パリのフランス趣味から、イタリア趣味へと移行していく変化がとても楽しめ、その当時の活気が溢れる曲たちだと思います。またこの録音のために用意したリコーダーたちの響きにも、注目して頂ければと思います。Amazonやタワーレコード、HMV(ちょっとだけ試聴も出来るようです)などのオンラインショップや、ナカルリコーダー教室でも送料はかかってしまいますが、サイン付きで好評販売中です。ぜひお聞き頂ければと思います!宜しくお願い致します!ちなみにCDに使用した楽器解説は、こちら!『新譜での使用楽器紹介『パリの悦び~オルレアン公フィリップのフランスバロック音楽~』』さていよいよ新譜『パリの悦び~オルレアン公フィリップのフランスバロック音楽~』が来月、2020年7月7日(火)に発売となります。それに先立って、録音…ameblo.jp

  • 23Jun
    • 新譜『パリの悦び~オルレアン公フィリップのフランス・バロック音楽~』の画像

      新譜『パリの悦び~オルレアン公フィリップのフランス・バロック音楽~』

      パリの悦び~オルレアン公フィリップのフランス・バロック音楽~ ALCD-1191~収録曲~アンドレ・ル・サック 1721年組曲 第1番 ヘ長調 作品1よりミシェル・コレット 1734年ソナタ 第2番 ト短調 作品13よりジャン=バティスト・バリエール 1739年クラヴサン・ソナタ第3番 ホ短調ジャック・オーベール 1721/1737年ソナタ 第4番 イ長調 作品2より(1737年改訂版)ジョセフ・ボダン・ドゥ・ボワモルティエ 1731年組曲 第5番 ニ短調 作品35よりマラン・マレ 1701組曲第6番ホ短調 ヴィオール曲集第2巻より『サント・コロンブ氏への追悼曲』ジャン=フェリ・ルベル 1712ソナタ 第11番『煌めき』演奏リコーダー:邊保 陽一ヴィオラ・ダ・ガンバ:トーマス・バエテチェンバロ:郡司 和也仕様楽器◎バロック・リコーダー (A=415Hz): アルトリコーダー in F、P.ブレッサン ヨーロッパ柘植 象牙マウント 2019年 譜久島譲 製作 アルトリコーダー in F、ステンズビーJr. ヨーロッパ柘植 一角マウント 2008年 平尾重治 製作 ヴォイスフルート in D、P.ブレッサン ヨーロッパ柘植 2011年 譜久島譲 製作◎ヴィオラ・ダ・ガンバ:1984年 I.ムテシウス(ベルリン)製作◎チェンバロ:フレンチ-フレミッシュ 2017年 野神俊哉 製作~~~来月七夕、7月7日に発売される新譜『パリの悦び~オルレアン公フィリップのフランス・バロック音楽~』を製作するにあたり、2年ほど前にこのプログラムに相応しい楽器とメンバーを深く考えました。まずはチェンバロの郡司和也さん。彼は日本人鍵盤奏者としては本当に稀な、ブリュージュ国際古楽コンクールの覇者です。また慶応大学、東京藝大、リヨン国立高等音楽院で学ぶなどあらゆる分野に造詣が深い奏者ですが、実は私との関係は古楽が始まりではなく、中学・高校の後輩でもあります。そのご縁で15年くらい前はよく演奏させて頂いていたのですが、渡仏後はなかなか機会を持てずにいました。私もヨーロッパに7年ほど留学していましたが、完全帰国から10年以上が経ち、一昨年のある日私はふと昔のライブ録音を聴いてみたのでした。録音を聴いているとたちまち当時の記憶がよみがえり、また郡司さんと演奏してみたいと思う気持ちが強くなり、今回お呼びすることにご一緒していただくことを考えてみました。またガンバのトーマス・バエテさんは、私の師であるペドロ・メメルスドルフ氏率いる中世アンサンブル、マーラ・プニカのメンバーであったり、在ベルギー邦人ガンバ奏者の上村かおり女史とよく演奏するなどのヨーロッパ内外で活躍する実力派です。私のバルセロナのカタルーニャ高等音楽院留学時代、彼はジョルディ・サバール氏のマスタークラスを受講したり、ペドロの中世音楽のセミナーで度々バルセロナを訪れていて、そこで知り合った経緯があります。そこからFacebookなどで度々交流をしている中、一度一緒に演奏してみたいと思うことが多々あり、今回の初来日へと繋がりました。彼は聡明で中世などの古い音楽にも造詣が深く、曲への解釈も明瞭でアイデアに富み確かな技術もある素晴らしい奏者です。その上人柄もとても温和で面倒見もよく、先生としても定評のある素晴らしい人物です。そんな二人の共演者をお迎えして挑むのは、18世紀前半のフランスバロック音楽。ルイ15世の幼少期であるオルレアン公フィリップの摂政の時代から、その後に向かう音楽。18世紀当時のフランスバロック音楽は、横笛のフラウト・トラヴェルソやヴァイオリン、ヴィオラ・ダ・ガンバの為のものがほとんどでした。トラヴェルソはD管であり、ヴァイオリンもシャープ系の音楽が多く、フラット系のリコーダーでそのまま演奏するのは非常に困難です。本プログラムの曲も例外なく原調はシャープ系の曲ばかりですが、オトテールが勧めるように短3度上げるなどして、F管アルトリコーダーに合うよう移調し対応しています。また当時演奏されていたであろうヴォイスフルートと呼ばれるD管のテナーリコーダーを用いて、原調で演奏するものもあります。取り上げました曲は、フィリップ摂政時代のパリで演奏されていたであろうもの、そしてその音楽の源流となるもの、またその後のパリの多感様式への一連の流れを示すプログラムとなっています。なかでも特筆すべきは、無名のアンドレ・ル・サック作曲の、フラウト・トラヴェルソの為の組曲第一番です。私がバルセロナ時代に音楽院の図書館で見つけた作品で、予てから演奏したいと温めていました。作風はオトテールやフィリドールのように、アルマンドやメヌエット、ガボットやジーグなどの舞曲を挟み、プレリュードやロンドー、またファンタジーや“愛情に満ちた”という楽章などを含んだ古典的な器楽の組曲です。ルイ14世の時代に生まれた形式ですが、そこから鍵盤楽器やヴァイオリンの影響を多く受け発展したと考えられ、作品の中には美しい複雑な装飾を施されたプレリュードや、ロンドー“疾風”と書かれた超絶技巧を伴う素晴らしい組曲へと昇華しています。少なくとも日本(おそらく世界的に見ても)では初めて演奏されると思われ、ぜひ多くの方に聴いて頂きたい素敵な作品です。そしてこのプログラムを演奏するにあたり、フランス音楽の陰影に富んだ色合いを表現しようと、リコーダー製作家の譜久島譲氏に新たな楽器を依頼。象牙マウントのブレッサンモデルで、有名なブリュッヘンコレクションのものにかなり近い形で再現して頂きました。音色にこだわって頂いただけあり、私の所有する他のアルトとはかなり違う性格で、パワーがあるわけではないのですが、とても艶っぽい音です。象牙の装飾もとても美しく、柘植の黒の着色でより牙の色が映えています。余談ですがこの頭部管装飾の部分、取り外しが可能です。譜久島氏によると、オリジナルにこのようなものがあるらしく象牙自体を使いまわすことが出来るアイデアで、当時としても牙がとても希少価値が高かったということが窺えます。今回メインで使う楽器はもう2つ。同じく譜久島氏製作のブレッサンモデルのヴォイスフルートです。こちらはブッケ氏とのCD『DUO~神に捧げるデュオ~』のフィリドールの録音でもお馴染みの楽器で、パワーがあるにもかかわらず機能性も高く、とてもいい音色で、使用したコンサートではどこでも素晴らしい楽器と定評があります。これは製作して頂いてから9年ほど経つのですが、所沢の工房へ何度も足を運び、その都度相談しながら様々な試行を繰り返して頂き、昨年あたりからやっと完成形へと到達した逸品です。もう一つは言わずと知れた日本を代表する名工・平尾重治氏によって2008年に製作された、ステンズビーJr.モデルの一角マウントF管アルト。こちらも先述のCDのテレマンのデュオで使用されていますが、機能性と澄んだ音色を併せ持つ素晴らしい楽器です。ちなみに一角は鯨の仲間で、オスの特徴で一本の非常に長い牙があります。この牙は象牙と同様、大変希少価値の高いものですが、バロック期にもこれを使った楽器がいくつか存在しているようです(デンマークのローゼンボルグ城にある“ファン・エイク”型のソプラノが有名ですね)。これらの楽器の音色の違いを聴いて、楽しんで頂ければ嬉しいです。さてこんな新譜ですが、ナカルリコーダー教室では発売日前から購入可能です!少し送料がかかってしまいますが、私のサインを差し上げることも可能です。ご希望の方は、教室のメール(nakal@hotmail.co.jp)へ『パリの悦びCD購入希望』とご連絡下さい。ご連絡、お待ちしています!

  • 11Jun
    • 新譜での使用楽器紹介『パリの悦び~オルレアン公フィリップのフランスバロック音楽~』の画像

      新譜での使用楽器紹介『パリの悦び~オルレアン公フィリップのフランスバロック音楽~』

      さていよいよ新譜『パリの悦び~オルレアン公フィリップのフランスバロック音楽~』が来月、2020年7月7日(火)に発売となります。それに先立って、録音で使用している楽器を紹介してみたいと思います!まずは2008年に平尾重治氏によって製作された、A=415のステンズビーJr.モデルの、珍しい一角装飾付きのF管アルト。この楽器は留学中の思い出がたくさん詰まっている楽器です。当初は予算の問題もあり柘植でのみ作って頂く予定だったのですが、ちょうどその時スイス政府の奨学金を申請していて、演奏家として山岡重治先生(製作家名が平尾重治氏になります)に推薦状を書いて頂いていました。その話をしていた時に先生はいままでたくさんの推薦状を書いておいででしたが、国費レベルの奨学金は他の勉強分野、芸術分野はもちろん、同じ音楽でもピアノやヴァイオリンなどのメジャー楽器などとも同じ立場で選ばれるため、リコーダーで選ばれた人は皆無だったわけです。ということで受からないことを前提に、先生とお酒を酌み交わしながら受かっちゃったらどうする?的な話をしていた時に、「受かっちゃったら、今度作って頂く楽器に象牙付けちゃいますかね!」なんて言ってたら有難いことに運よく受かってしまったので、その時工房にあったもっと珍しい素材、鯨の仲間の一角の角をマウントして頂きました。楽器をよく見ると、螺旋を描く一角の角(正確には牙ですが)の名残が見て取れるのではないでしょうか。この楽器は非常に力強く、イタリア風のソナタや協奏曲にぴったりですので、CDではミッシェル・コレットのソナタで使用されています。さてお次は、またまた日本を代表する製作家・譜久島譲氏が2019年に製作して下さった、P.ブレッサンモデルの象牙装飾付きF管アルトです。これはこの録音のツアーの為にいい音色のする楽器を作ってほしいと、譜久島氏にお願いして作って頂いた楽器です。ただ製作家さんも象牙の入手にはとても困っているようで、付けてほしければ自分で調達して来いとのこと。ということで前に書いたこちらの記事のように、オークションで入手して付けて頂きました(現在はYahooオークションの取引も出来なくなってしまったみたいです)。『象牙が…』今年のフランス・バロック音楽をテーマとしたリサイタルに、新しい楽器を作って頂こうと思っているのですが、やはり象牙付きの良い楽器が欲しいということで、…https://ameblo.jp/nakal-fl/entry-12456992928.htmlこちらは日本でよく出回っている?タイプとは少し違う、現在はハーグの楽器博物館所蔵のブリュッヘンコレクションDVD『The Recorder Collection of Frans Brüggen フランス・ブリュッヘン リコーダー・コレクション』ダイ ジェスト版(全音楽譜出版社)DVD Sound and Soul フランス・ブリュッヘン リコーダー・コレクション 〜今、蘇る歴史的名器の響き〜 フランス・ブリュッヘン所蔵の歴史的名器17本の美しい響きと、その姿を収めた随一の映像集。約300年前の音 とその魂、その息づかいを、ケース・ブッケ、ワルター・ファン・ハウエによる演奏と、美しい映像...https://www.youtube.com/watch?v=AFjy81dA-9Iの中のアルトリコーダーをモデルとしています。他の楽器に比べて窓の部分が結構狭いのが特徴で、コントロールは難しいのですが息を入れてもあまり音程が変化しにくく、艶やかなビロードのような音色が特徴です。こちらの楽器はアンドレ・ル・サックと、ボワモルティエの組曲に使用されています。最後は同じく譜久島譲氏2011年製作の、P.ブレッサンモデルのヴォイスフルート(D管テナー)です。このCDで演奏されている、オーベールとルベルのソナタは本当に素敵な作品なのですが、もとはヴァイオリンの曲なのでめちゃくちゃ超絶技巧なんです。ただ曲をF管アルト用に移調すると、バスが上がりすぎたり雰囲気も変わりすぎてしまうということで、やはり原調に近い形がいいだろうと考え、譜久島氏にヴァイオリンのように機能性の高いヴォイスフルート(笑)、という無理難題を押し付けた結果に生まれた楽器です。この楽器の面白いところは、色々なところに木の節があること。模様が古い家具のようで、素敵ですよね。譜久島氏いわく節の部分は素材として重いことが多いらしく、見た目的に嫌がられることが多いのですが、パワフルな楽器にはもってこいとのことで、私の楽器には積極的に選んで使って下さっています。こちらの楽器はわが師ケース・ブッケ氏とのCD『DUO~神に捧げるデュオ』にて、フィリドールの組曲にも使用されています。さて7月7日の発売ではありますが、CDはもうすぐ教室に先行発売用に届く予定です。楽しみです!では、また!

  • 05Jun
    • オンラインレッスン始まるの画像

      オンラインレッスン始まる

      皆さん、とってもお久しぶりです!世の中は大変な状況となりましたが、お変わりはありませんでしょうか?今回のCovid-19の影響は音楽家も例外なく厳しい状況に立たされているのですが、私は根っからのポジティブ人間ですので(笑)、頭を切り替えてやれることを推し進めています。ナカルリコーダー教室、麻布ミュージックプレイス、京都大学リコーダーアンサンブルの出張レッスンなど、4-6月はオンラインレッスンを始めました。正直オンラインレッスンは全く乗り気でなく、存在は意識していたのですが取り入れようとは思っていませんでした。しかしながら今対面が難しい中、今までお世話をしてきた生徒さんたちの為にこのまま考えを変えずにいるのは道じゃないと思い、手探りの中オンラインレッスンを始めました。4-5月は麻布ミュージックプレイスのレッスンを無料公開したところ、TwitterやFacebookより多数の問い合わせをいただきご見学下さった方が沢山いらっしゃいました。私も生徒さんたちにも、緊張感のあるなかでとても有意義な時間になりました。ご見学頂いた皆さん、どうも有難うございました。さてSkypeやZoomなど、生徒さんに合わせて進めてきましたが、ようやく私も受講生の方々も慣れてきた感があります。対面とは全く方向性の違うレッスンとなりますがやれることはたくさんありますし、何よりも遠方の方などが気楽にレッスンが受けられるのがとてもいいですね。これから先、しばらく期間限定でオンラインレッスンの受講枠も考えようと思っています。近日中に詳細をお知らせいたしますので、少々お待ちください。他には昨年8月に行ったコンサートツアー『パリの悦び』のレコーディングを編集し、先日ついにその作業が終わりました。ブックレットには豪華にも、推薦文を古楽ソプラノの巨匠ジル・フェルドマン女史と音楽評論家の那須田務先生に寄稿して頂き、解説は愛弟子で、東京藝術大学音楽学科大学院の一年生・井上玲さんのお三方に書いて頂きました。またカバーはとても素敵な絵をかいて下さる、お馴染み田沢千草さんに書いて頂きました。発売は7月7日(火)となりますが、ナカルリコーダー教室では先行発売を6月下旬にはお受けする予定です。詳細はまたこちらでお知らせいたします。それと麻布ミュージックプレイスでは個人レッスンはオンラインで行うことが出来ましたが、ルネサンスリコーダーのアンサンブルはやはり難しかったです。しかしながら『人間は学びたいという心さえあればどんな所でも学ぶことができる』by ユーリー・スコット教授(笑)の教えを思い出し、歩みを止めたらコロナに負けると思い、ちょうどいいタイミングで先日発売した礒山雅先生の遺作『ヨハネ受難曲』を読みながら、メンバー+αで曲のアナリーゼをすることにしました。私も大学生のころに先生の名著『マタイ受難曲』に触れ、そこからたくさんのことを学んだ経験があります。そんな経験を生徒たちと分かち合いたい、そんな気持ちで私も一から学ばせて頂いています。コロナという未曽有の事態ですが、やれることはいくらでもあります。うな垂れていないでしっかり前を向き、芸術家として、また指導者としてあるべき姿を探していきたいと思います。長くなりましたが、このあたりで。皆さん、どうぞお体を大事に、この大変な局面をみんなで力合わせて乗り切っていきましょう!では、また!

  • 26Feb
    • リコーダーカルテット『百花繚乱 in 東京』終了!の画像

      リコーダーカルテット『百花繚乱 in 東京』終了!

      2月の始めになりますが、昨年札幌で好評だったリコーダーカルテット『百花繚乱 in 東京』が無事終了しました。このアンサンブル、それぞれの得意とする曲目を集めてみんなで演奏するというコンセプト。古いものはイングランドルネサンスのバードから、もちろんボワモルティエやスカルラッティなどのバロックに加え、ガストン・ソーのカルテットや、ルッキで有名な『アムステルダム運河にて』など、盛りだくさんの内容です。みんなお互いにしっかり気を使えるメンバーで、長期休暇を使って合宿をしたりと楽しい中にも充実した練習がありました。こちらはスカルラッティのソナタ。モダンピッチですが、コルスマの人工象牙のリコーダーの音色が光りました!こちらは番外編。プレトリウスの舞曲で太鼓を持たされるの図。正直これが一番緊張しました…苦笑。こちらは本番着でみんなで一枚。いい写真になりました!こちらは打ち上げでの写真。コンサートはお陰様で満員御礼で、打ち上げにも私の門下生をはじめ、たくさんの方が来て下さり、めちゃくちゃ盛り上がりました。ありがたいです!さて大好評だった百花繚乱ですが、次はまた5月に札幌で皆さまとお目にかかれます!パーセルやヴィヴァルディ、ウィリアムズなどまたまた盛沢山!ぜひぜひご来場ください!メンバー一同、お待ちしています!