カツのひとりごと
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

しじみの縁

体に良いのでどうぞとスタッフから手渡された「しじみの縁」

 

じじみ貝を煮出し、煮詰めて出来たエキスを使ったじじみ汁の素だそうです。

 

なんか凄く効きそうです!疲れが取れそうで嬉しいです。

 

いつもありがとうございます。

 

 

 

 

 

ブルーベリーコーディアル

「大山の敷地に行ってきたのでお土産です」と

 

奥大山ブルーベリーファームのコーディアルです。

 

最近目の疲れが激しいのでちょうど良く、ありがたいです。

 

目だけではなく、最近は体のあちこちが疲れます。

 

サイダーで割っていだだこうと思います。

床板の塗装

床板の塗装を行いました。

 

着色塗装です。

 

木目の状況を確認しながら一枚一枚塗り込んでいきます。

 

仕上がりの色味や木目で床の表情が変わります。

 

大工さんも仕上がった板の表情をバランスよく張り込んでくれています。

 

無垢材なので、道管や木質により鮮やかになったりその逆もあります。

 

一枚一枚の木目が違いますので好みの組み合わせを選ぶ楽しみもあります。

 

光の入射角や立って見下ろす位置で床全体の表情が刻々と変化していきます。

 

木目のうねりと相まってまるで床が生きているようです。

アルファロメオ・冷却水漏れ

打ち合わせ場所に到着し車外に出ると、

 

愛車から独特の甘〜い匂いが漂います。。。

 

ん!?もしやと思いボンネットを開けて点検しました。

 

ラジエーターの冷却水が噴いて辺りがピンク色の液体で汚れています。

 

リザーバータンクの冷却水はLOWレベルを下回りやヤバい状態です。

 

ホースのエアーバルブの辺りから漏れているようなのでガムテープで応急処置することに。

 

修理工場に向かう途中2回ほどタンクに水を補給して急ぎます。

 

「危なかったですね〜アルミのエンジン溶けるところでしたよ〜」

 

「隣に置いてる車もエンジンが溶け新品に載せ替えた修理でしたよ」

 

と言われました。

 

ホースが裂けていたら確実にエンジンのダメージは大きかったでしょう。

 

ラッキーだったようですが・・

 

それにしてもよく壊れるなぁ〜〜月に2回も入庫するなんて。

原寸図

大工さんが原寸図をおこして加工します。

 

平面形が斜めで高さの勾配をつけていますので梁の仕口が複雑になります。

 

図面で書くのは簡単ですが加工は複雑になります。

 

当然ですが、一旦加工すると元に戻せないので彫刻を刻む感覚です。

 

 

池トマト・追熟

高知の池トマトです。

 

「追熟」させてくださいと丁寧な説明文が入っていました。

 

冷蔵庫に入れずに常温で熟すまで待つトマトのようです。

 

確かに徐々に甘くなってきます。

 

美味しいトマトです。

 

値段は高めです。

 

 

事務所の花・紫陽花

事務所の花は紫陽花です。

 

清楚で美しい花です。

 

毎日茹だるような暑さですね。

 

コロナ+熱中症に気をつけながら、皆様お身体ご自愛ください。

新色登場

メーカーから新色を送ってもらい早速サンプル作成です。

 

「この色かっこいいですね!」

 

「これが良いです」

 

サンプルをお見せすると好反応でした。

 

打ち合わせうまく行きました。

 

イイ色ですよね。

ガソリン高い!

ガソリン高っ!!179円〜!!

 

いったい幾らまで上がるんだろうか?

 

アメリカもガソリン最高値圏との記事があります。

 

1ガロン(約4リットル)4ドル弱の価格です。

 

世界的にウクライナや原油高や景気回復感による消費拡大の影響が出ていますね。

 

海外輸出が増えて、国内も需要が増えてモノが足りないから上がる。

 

需要が増えたから増産とはすぐにはいかないのは、

 

精製施設自体の老朽化や、バイオ燃料製造への切り替えなどで数自体の減少により

 

そう出来ない理由もあるそうです。

 

車社会のアメリカでは車が無いと生活出来ません。

 

地方を中心に不満爆発で、ガソリン税の減税も視野に入れて議会で議論され始めたようです。

 

 

我が国も出光の山口製油所が閉鎖と報道がなされています。

 

日本の製造業を支える油材料は高い精製技術で作られてきました。

 

当然ですが、原油は精製しないとそのままでは使えません。

 

日本は全てのものを自前で作れる技術力があります。

 

車やカメラ・ダムや橋・潜水艦や鉄道などなど・・・たくさん挙げることが出来ますね。

 

原材料は輸入に頼りますが、それを加工して世界最高水準の製品が自国・自前で作れます。

 

技術力がない国は外国から技術や高い製品を買ってこなくてはなりません。

 

そんな国がもし、外国と揉め事をして技術中断や輸入停止になると大変なことになります。

 

日本の自国・自前で全てのものが製造でき、運用可能であるということは、

 

とても大切なことだといつもいつも思います。

 

 

KURUMICCO・クルミッコ

 

お施主さんからお土産に頂いた「くるみっ子」という鎌倉のお菓子です。

 

一番好きなお菓子だそうで、確かにとっても美味しいです。

 

生地の薄さがたっぷりの程よい甘さとほろ苦いキャラメルと

 

香ばしいくるみのボリュームを際立たせ、二口という小さめサイズもあり、

 

いくつも手を伸ばしたくなるお菓子です。

 

今度お取り寄せしてみようっと。

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>