【代筆屋】心を動かす魔法の文章で、復縁、謝罪、告白、セールスを成功させる。

【代筆屋】心を動かす魔法の文章で、復縁、謝罪、告白、セールスを成功させる。

代筆屋とは復縁、謝罪、感謝、告白、キャッチコピー、セールスレター、プロフィール、webコピーの考案をするプロのライターです。また、夢を叶える魔法のコーチングを通してたくさんの受講生の夢を叶え人生を変えるお手伝いをしています。

【代筆屋】心を動かす魔法の文章で、
復縁、謝罪、告白、セールスを演出します。


このブログを訪れてくださったご縁に感謝します。
感謝のお礼に心を動かすための有益情報が無料で手に入るメルマガをご登録ください。
プレゼント初回無料相談の特典もあります。
↓↓↓
1.代筆屋中島と仲良くなりたい人向け
プロの代筆屋による心を動かす魔法のメールマガジン

2.復縁したい人向け
「復縁の鍵は手紙にある!」プロの代筆屋による復縁できる手紙の書き方

3.文章講座に興味ある方向け
・文章上手くなりたい人向け⇒プロの代筆屋によるスパルタ文章塾(全17回)
・集客したい人向け⇒思い通りに顧客の心を動かし、圧倒的に集客できるコピー講座(全7回)

4.文章や言葉の力で心が自由になる方法を学びたい人向け
心が自由になる21日間のライフシフトプロジェクト(全43回)

僕の著書、『プロの代筆屋による心を動かす魔法の文章術』
は誰かの心を動かしたい方のお役に立てると思います。

復縁の相談があるときに、

 

いつも依頼者の方に言う言葉あります。

 

 

 

「元に戻ろうとしない」

 

 

 

たいていの人は復縁というと

 

元に戻ることをイメージしています。

 

 

 

初めて出会ったころ、

 

恋人になりたての頃、

 

結婚したての頃、

 

 

 

仲の良かったあの頃のように戻りたい!

 

という意識が強いんですね。

 

 

 

これ復縁で失敗する典型的なパターンです。

 

なぜか?

 

 

 

そもそも仲が悪くなったから別れることになったのに、

 

元に戻ってしまったら、

 

また同じことの繰り返しですよね。

 

 

 

それに、時間というのは巻き戻せないから、

 

元に戻るのは不可能です。

 

仲の良かったあの頃に戻りたくても、

 

過ぎた時間は取り戻せません。

 

 

 

「え、じゃあ、復縁なんて不可能なの?」

 

それは違います。

 

 

 

復縁は可能です。

 

基本的にもともと好き同士で付き合った、結婚した二人なら

 

復縁はそれほど難しくないものだと僕は考えています。

 

(元々大して仲良くもなく、勢いやできちゃった婚で一緒になった二人の復縁は正直難しいです。)

 

 

 

復縁するための大切なポイントは、

 

『新しい未来を構築すること』

 

その未来を相手がイメージできるように

 

言葉や文章で伝えることです。

 

 

 

過去の過ちは反省し、

 

新しい未来ではそうならないように、

 

具体的な解決策を提示することです。

 

事実を伝える。

 

 

 

・仕事を変えたんだよ。

 

・引っ越しをしたよ。

 

・お酒をやめて1ヶ月になるよ。

 

・苦手な料理を作って自炊してる。

 

・毎月2万円だけど貯金を始めたんだ。

 

・あの癖をやめたよ。

 

・花を買ったよ。

 

・子供の写真を整理したんだ。

 

 

 

証拠があるなら証拠を提示できるとなおいいですね。

 

 

 

復縁のポイントは、元に戻ろうとしないこと。

 

これめっちゃ重要ですので忘れないでください。

 

 

 

「復縁したい!」人はいつでもご相談ください。

代筆屋へのご相談ご質問はこちらから。

 

 

心を動かす文章術を本で学ぶこともできます。

『プロの代筆屋による心を動かす魔法の文章術』

↓ ↓ ↓

 

 

 

「復縁したい!」って言っちゃダメですよ。

 

嫌いになって別れた相手に

 

「復縁したい!」っていっちゃダメなんです。

 

 

 

僕の所に依頼に来る多くの方が、

 

「復縁したい!」と叫べば何とかなると思っています。

 

これ、とんでもない間違いですから絶対にやめてください。

 

 

 

相手の立場に立って考えてみてください。

 

 

嫌いになって別れた相手から

 

「なぁ、復縁したいねん。復縁、復縁してよ、なぁ」

 

ってメールや手紙が来たらどう思いますか。

 

 

 

余計に復縁したくなくなりますよね。

 

復縁したいと思ってても、

 

「やっぱりやめたと!」なんて思ってしまうかもしれない。

 

 

 

復縁という言葉を書くのであれば、

 

あくまで静かにひっそりと書くべきです。

 

 

 

「復縁したい」という言葉にたどり着くまでが勝負です。

 

どう繋げるかが大事なんです。

 

 

 

以前にもお伝えしたように、

 

心を動かす手紙の構成要素は、

 

過去、現在、未来、です。

 

 

 

お忘れですか?

 

では簡単におさらいしましょう。

 

 

 

過去は、過去に起きた出来事、記憶の共有です。

 

最初から仲たがいしていた夫婦

 

というのはなかなか考えられませんよね。。

 

結婚した当初は仲が良かった。

 

楽しかった思い出がたくさんあるはずです。

 

良かったころの記憶を思い出してもらい、

 

プチタイムスリップしてもらう。

 

これによって嫌いになったあなたからの手紙を

 

読んでもらう態勢を整えてもらいます。

 

 

 

 

 

次に現在、は今現在の心境や身の回り、

 

仕事状況、離ればなれになって辛い感情を

 

切実に、できるだけ具体的に書いて下さい。

 

相手だって人間です。

 

あなたの感情に触れられずにはいられません。

 

ここで、「ちょっと言い過ぎたかな」

 

「ちょっとやりすぎたかな」

 

と思ってもらうことができるといいですね。

 

 

 

 

最後に未来。

 

別れることになったきっかけや原因が必ずあります。

 

そのきっかけや原因に気づき、

 

どうすれば同じような過ちを犯さないようにできるか。

 

新しい未来における「打開策」を「提案」することです。

 

具体的に例をあげると、

 

・二度と生活費を滞納しません。

・二度と暴力を振るいません。

・細かいことを言いません。

・家事育児に協力します。

・休みの日は一緒に遊びに行きます。

 

 

当たり前のことかもしれませんが、

 

離婚のきっかけや原因の多くは、

 

当たり前のことができなかったことです。

 

 

 

僕が編み出した復縁の魔法のテクニック

 

過去、現在、未来法に加え、

 

最後の締めの言葉も大切です。

 

 

 

PSとか追伸ですね。

 

この部分にどんな言葉を持ってくるかで、

 

復縁が成功する確率はグッと高まります。

 

 

 

人は言葉や文章すべてを覚えることはできません。

 

心に響いたり、心を動かされたのは、

 

最後の言葉や一文だったりします。

 

 

 

 

去り際に言われた言葉を

 

昨日のことのように覚えている。

 

という経験のある方も多いと思います。

 

 

 

 

僕が代筆の現場でもよく使うキーワードは、

 

「家族」

 

「子供」

 

「愛」

 

「勇気」

 

「希望」

 

「チャンス」

 

「お願い」

 

「最後」

 

などです。

 

 

 

復縁したい方にとって何かの参考になれば幸いです。

 

あなたの復縁が上手くいくことを心より願っております。

 

 

代筆屋 中島泰成

 

 

復縁に効く魔法の本

『プロの代筆屋による心を動かす魔法の文章術』

↓↓↓

 

 

代筆屋を始めた当初のことだったと思う。

 

女性の依頼者が別れた男性に復縁の手紙を書きたいって、

 

僕に電話をしてきた。

 

 

 

 

「これは彼女の妄想じゃないか」と思ったぐらい、

 

まるでドラマのような話が電話口から流れてくる。

 

呆然と、ただ「はい」をくり返すだけだった。

 

 

 

依頼者の女性はある男に唆されて、

 

「あなたの旦那さんは酷い人だ」

 

「悪い人だ」

 

「怖い人だ」

 

「浮気をしている」

 

 

そんな言葉を言われ続け、

 

いつの間にか彼女は信頼すべき自分のパートナーを疑うようになった。

 

 

 

結果、彼女は男性と別れを決意し、

 

子どもを連れて出て行くことになる。

 

 

 

 

彼女を洗脳していた男は、彼女を狙っていた。

 

暴力団関係だと嘘をついていたことも、

 

彼女が恐怖で男から容易に離れられなかった原因の一つでもあったようだ。

 

 

 

嘘つきのとんでもない人間だと

 

わかったのは別れてから数か月後。

 

 

 

そして別れてから1年半が経ち、

 

子供と二人で後悔する毎日を過ごしていた。

 

 

 

パートナーの男性からすれば

 

なぜ自分のことを信じてくれなかったんだという

 

憤りや悲しみがあるのは当然だと思う。

 

しかし依頼者の女性だけを責めるわけにはいかない。

 

酷いのは悪いのは、汚い言葉によって彼女を洗脳した男だ。

 

 

 

 

依頼を受けた僕は頭を抱えた。

 

依頼者の女性の気持ちもわかるが、

 

別れられた男性の傷は相当に深い。

 

「これは簡単にいく話じゃないぞ」

 

と部屋の中をうろうろしていた。

 

 

 

悩みに悩んだ末、僕は一つの決断をした。

 

依頼者の復縁ではなく、

 

数か月後に迫った子供の誕生日を祝ってほしい

 

懇願の手紙を書くことにした。

 

 

 

「友だちのお父さんを見るたびに寂しそうな顔をしてる。」

 

そう言っていた依頼者の言葉を手紙の柱にした。

 

子どもの感情を伝える。

 

父親の琴線に触れるように。

 

 

「お父さんに甘えたい」

 

小さな男の子のささやかな夢だけれど切実なる想い。

 

その夢を叶えてくれないかという手紙を書いた。

 

 

 

狡いと言われれば、そうかもしれない。

 

でも、依頼者の想いが相手に届き、心を動かし、

 

結果、家族が元に戻れるなら、

 

代筆屋の僕は狡い悪魔にもなる。

 

 

 

心を動かす言葉を届けるというのは、とても狡猾な行為だ。

 

間違った使い方をすればあの男のように、

 

かんたんに人を洗脳することもできる。

 

 

 

言葉は諸刃の剣で、相手を、自分をも傷つけることがある。

 

 

 

だから僕はせめて依頼者の心が傷つかないように、

 

言葉の盾になり、細心の注意を払い、プロとして代筆する。

 

 

 

 

上手い文章を書きたいわけじゃない。

 

下手だってかまわないとさえ思っている。

 

 

 

胸の中にあるのは、

 

「依頼者の想いよ届け!」とただこの想いに尽きる。

 

届け!と。

 

 

 

もし、復縁したくて悩んでいる。

 

でも、どうしていいのかわからない。

 

そんな方は一度相談してほしい。

 

 

 

でも、これだけはお願いします。

 

僕は命を削って言葉を形にしています。

 

だから、僕の代筆は安くありません。

 

お互い時間の無駄になるので冷やかしの相談はやめてください。

 

 

 

それと本気で相談してください。

 

本気で復縁したい想いがなければ

 

どんな文章を書いたって復縁なんてできるわけがないから。

 

あくまで僕は代筆屋であって、依頼者の想いを伝わりやすい形に変えるだけです。

 

想いが偽物だったら、復縁なんて成功しません。

 

 

 

だけど想いが本物で、その想いが相手の心に届いたとき、

 

復縁という奇跡が起きる。

 

代筆屋の僕に力を貸してください。

 

一緒に奇跡を起こしましょう。

 

 

⇒復縁のご相談ご質問はこちからどうぞ。

 

 

復縁に効く本あります。

僕の著書です。よかったらどうぞ。

↓↓↓

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス