ライラック22号で札幌へ戻った私は、快速エアポートに乗り換えて小樽へ向かい、小樽から更に普通列車に乗り換えて余市駅へ向かった。

札幌~小樽間利用した快速エアポート

 

小樽~余市駅間はH100形に乗車

 

余市駅には15時半頃到着し、16時頃に出たので滞在時間は30分程だった。

 

JR余市駅

 

小樽~札幌は再びエアポートに乗車

 

今回購入した入場券

 

熱郛駅については後々リベンジで行こうと考えている。  

HOKKAIDO LOVEきっぷ使った旅行の第二弾は砂川と余市へ向かった。当初は熱郛へ行く予定であったが、本文に記す内容から急遽予定を変更した。このような予定変更ができるのもLOVE HOKKAIDOならではのこと。

まずはライラック11号で砂川へ。

 

砂川まで乗車したライラック11号。

 

ライラック11号はエアポートと同時発車なのでしばらくは併走シーンが見られた。

 

 

 

砂川駅の北の大地の入場券は既に持っているので、すぐにイベントが開催されている治田タイヤへ向かった。

 

治田タイヤではKUROさんのジャグリングショーや砂川出身のシンガーソングライター、tomomiさんのライブなどを観た。

 

KUROさんのジャグリングショー

 

tomomiさんのライブ

 

店内にあったハロウィンの飾り

 

砂川から余市へ向かうタイムリミットは:砂川12時38分発のライラック22号。昼過ぎには砂川を出発した。

ライラック22号。往路のライラック11号と同じ車両(HE-101編成)であった。

 

後半へ続く。

 

14時27分、列車は定刻通りに函館駅に到着した。帰りの列車の発車時刻は14:54。函館駅

にいられるのは27分しかない。この間に慌ただしく北の大地入場券と帰りの列車内で食べる弁当を調達しなければならない。

函館には7月にも北の40買いに来てるので、27分滞在でよしとするか。

 

今回撮影した函館駅前のレリーフ

 

大沼公園~函館、函館~札幌と乗車した北斗

 

途中停車した五稜郭駅。道南いさりび鉄道の分岐駅

 

北舟岡付近で見た太平洋の夕陽

 

列車は南千歳までは順調に進んでいたが、恵庭~恵み野間の踏切で踏切トリコが発生し、南千歳駅で40分程の抑止を喰らった。このトラブルで札幌到着が40分程遅れてしまった。