今回の投稿を担当いたします、中(なか)と申します。

4月に入り、新年度になったので、心を新たに、気を引き締めて頑張りたいと思っています。

 

さて先日、新元号が発表されましたね。私は外回り中でしたので、車でテレビの中継の音だけを聴いていました。

元号は「令和」ということで、みなさまはどういった印象を受けられたでしょうか?わたしは「令和」という言葉にあまりピンとは来なかったのですが、万葉集が出典のようですね。

安倍首相は『「令和」には、人々が美しく心を寄せ合うなかで、文化が生まれ育つ、という意味が込められております。』とおっしゃっていました。

もちろん、元号を改めるということで、込められた意味はこのひとつだけではないでしょう。

そこで、ネットで「令和 意味」と検索すると、込められた意味への様々な思いが飛び交っており、いろんな考え方があるなぁ。と楽しく拝見していました。そのうちのひとつに、素敵だなと思ったものがあり、『「昭和」と「平成」を組み合わせたら「平和」になる。「平成」と「令和」を組み合わせても「平和」になる。』というもので、これには昭和生まれの人、平成生まれの人、令和生まれの人それぞれが手を取り合って「平和」な世の中にしていこう、といった意味が込められているのではないかと感じました。

個人の感想ですが、これを見つけたときに、なんだか温かい気持ちになりました。令和の時代も、様々な年代の人が寄り添って平和な日本になると嬉しいですね。

 

みなさまが令和の時代の幕開けを、平和に穏やかに迎えられますよう、心よりお祈り申し上げます。

 

 

 

大阪市北区の中井司法書士行政書士合同事務所
http://www.legal-advice.jp/