地方出身パパ、娘とともに学ぶ中学受験 2020。

地方出身パパ、娘とともに学ぶ中学受験 2020。

娘の中学受験について共に学ぶの観点で綴ります。
アメンバー申請は ①相互アメンバー承認 ②コメント、いいね等あり ③中学受験ブログ(終了組含む)を綴られている④申請に関しメッセージをいただける 全てご協力頂ける方とします。

NEW !
テーマ:

ドライヤータイム、継続中

 

1週間続きました! ドライヤータイム。

 

ドライヤータイムとは、

  1. 寝不足がちの娘の就寝時刻をそろえる為

  2. ロングヘアを乾かすにに膨大な時間がかかっていたため

この二つを一挙に解決しようということで編み出したワザです。

もちろん、ブログに頂戴したコメントを採用させていただいたものです。どうするかというと

 

1.決まった時刻にお風呂(2階)
       ~妻が協力してくれて、しばらく娘は妻と一緒にバスタイムとなりました。

2.娘はロングヘアを乾かさずに、バスタオルをもって、1階のスタディコーナーへ。

 

私がタオルドライ、温風乾燥、仕上げという工程をやっている間に「シリーズ計算」やら、「漢字とことば」の書き取りやら、そういうのをやるのです。時間があれば、ちょっとした時間できるものをちょいとやります。

もちろん、「終了時刻は固定」・・・就寝時刻を毎日揃えます。

 

これがなんと「1週間」続きました!!!!

朝勉ができない娘にとってのデイリーな勉強時間創出です。

 

 

●娘は姿勢が悪い時もあるのですが、ドライヤーをかけるためには、「しゃんとして」背筋を立ててもらわないといけないので、姿勢矯正が自動的にされる。

●私は、いかにうまく髪を仕上げるかというところに注力するので、「バトルレス」成立

 

という副次的効果も発生!!!

 

もともと小3くらいまで、お風呂は私と入って、ドライヤーかけて、その後読み聞かせタイムだったので、まぁそれの変形の復活。良い思い出がベースなので、良い感じです。

 

睡眠時間が一定化した成果、週テスト結果も第一回と比べて飛躍的に向上。(Bコース内で偏差値9UP!)

 

ということで、続けていきたいと思います。

 

次の目標は、継続1か月。

 

 


テーマ:

9月15日(土)は、淑徳与野中の発表会から移動、昼食後に娘は週テストを受けました。これが2回目。

 

第1回の算数が驚愕の「Bコース内の偏差値40」に天を仰いだことは書きました。

その問題をみて、基本を3つだけ事前にレクチャー、復習。
比という道具を、どうやって問題に使うか。実際に問題を解いて解けるようになるところを確認。
 

それが功を奏したのか、今回は多分平均点よりは上かな、と思います。(やっと安心)

 

理科はだいぶ易しかっただろうな、とは思いますが、娘曰く「3つもミスした」と。
確かに、易しかったと思います。冬至の時の南中高度くらいなのではないかなぁ・・・。
 

社会も「和」を「倭」と書いたりと、まぁ・・・・。これも平均点高そうです。

 

国語は「文中の動詞をすべて、ひらがなで言い切りの形で」と書いてあるんですが、しっかり漢字で答えてブブーっ。(4点減点)・・・親子で「はぁ~っ」(笑)

 

全体的に平均点の高そうなテストでしたが、算数が立て直せてショックからは抜けられたのが一番です。

 

偏差値はともかく、正答率が低くない問題は確実に復習すること、週テストの活用は、これに尽きるかと思います。また、テストを受ける前に頑張ってインプットする気に起こさせるのも、テストならではかなと。結果は「直し」に集中、褒めるは100倍、イライラはお手洗いに捨ててしまいましょう(爆) 組み分けで取り返せるので。

 

 


テーマ:

この3連休は大変多くの学校で文化祭が行われます。

 

昨年は「難易度度外視」で「雙葉」に行きました。

 

非常に時間をかけて準備されたと思われる天文班の部屋中黒い模造紙に書かれた記述や模型の数々をみて「模造紙説明展示って意外とすごい」と思った記憶があります。この学校の模造紙タイプの展示はどの部屋も準備がよくて、大変に驚きました。娘もどちらかというとアクティビティよりも模造紙型発表のファン。それから「イメージ」が必ずしも当てはまらない、やはり行ってみて、自分たちで見て聞いて感じてみて、が必要なんだな、という事もわかった訪問で、意義の高いものでした。

 

白百合と雙葉が同じ9月16日・17日なのですが、今回はこちらではなくて、開智に行ってきました。

娘曰く「1月には栄東か開智か(またはその両方)を受験するだろうから、見ておきたい」ということで。

 

埼玉県南東部に居住していますので、電車に乗る時間はそれほどは長くないのです。唯一大変だな、と思ったのは、東岩槻駅から開智までの徒歩15分でしょうか。(今日は学校のバスを使わせてもらいました)

 

共学校は今年は栄東以来、文化祭としては昨年度の市川中学・高校以来となります。

 

展示系のところが少なく、あったとしても、準備にかける時間が短いかな、と思わせる所がありました。この学校の場合は、フィールドワークでの探究に特色があるので、むしろ、その発表をもっと前面に押し出した方が面白いのではないかな、と思ったところです。

 

学校説明会は、この日は主に生徒会からの説明が主となっていました。

 

さて、肝心の居場所感、ですが・・・・。娘の場合、やはり女子校かなというのは揺るぎませんでした。ただ、開智については「文化祭はともかく、ここは通えるんじゃないかな」と言っていましたので、受験校の候補には検討可能かな、というところです。

 

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス