中村堂(東京下町の二人出版社)の日々

中村堂(東京下町の二人出版社)の日々

夫婦で営む出版社、中村堂の日々を伝えるブログです。
(拠点は東京都中央区。「月島」に住み、「湊」で本を編む日々です)

中村堂 本日のおすすめ

 

                                                                                                                                                                                                              11時に顧問税理士の先生が事務所にお越しくださいました。
12月末の決算が終わって、先生から助言をいただきました。
11年め、決算期としては12期め、飛躍めざして頑張ります。

これまで『白熱する教室』の予約購読をしていただいた方々の内、最終号の「第35号」より先の号の予約代金をお支払いいただいていた方々に、本日までに、返金の案内を送りました。

そして、「菊池省三先生の価値語日めくりカレンダー」増刷を告知しました。

そのためにホームページに記事を掲載し、オンラインショップに商品登録をしました。
ホームぺージは、こちらです。
http://nakadoh.com/?p=5317

amazonでは「2冊」のみ先行販売しています。
https://www.amazon.co.jp/dp/4907571097/
在庫が潤沢になるのは、3月10日以降です。

中村堂オンラインショップでも予約受付を始めました。
(中村堂オンラインショップでは、送料がかかりますが、独自のキャンペーンを実施しています)
https://nakadoh.stores.jp/



中村堂の春のメイン商品です。

中村堂 本日のおすすめ

 

昨日ネットで注文した複合機用のトナーが届きました。
早速、交換しようとして愕然。
誤って、以前使っていた機械の対応品を購入してしまいました。
購入履歴の中から選んだから安心と思っていましたが、随分前のものをクリックしてしまいました。
やむなく、正しいものを発注。

ただ、これをそのままに放置しておくにはあまりにもったいない(約15,000円)ので、初めて、メルカリに出品することにしました。
ご覧ください。
売れるかな?
https://jp.mercari.com/item/m96365754742

気を取り直して、「価値語日めくりカレンダー CDケース版」のDTP作業。
構成も考え、全体の目途が立ちました。

夕方、散髪へ。
終了後、妻と合流して、先日NHK「サラメシ」に登場した東銀座(歌舞伎座)の『銀座二八そば 五合庵多吉』で食事。

あさりそば、おいしかったです。

 

中村堂 本日のおすすめ

 

増刷中の「菊池省三先生の価値語日めくりカレンダー」、第1回納品は3月8日です。
予告のため、先日、Amazonの商品ステータスを「取り扱い停止」から「取り扱い中」に変更しました。
早速、ごく若干数ですが、注文があったので秘蔵のもので間に合わせて送りました。
早ければ明日、遅くとも明後日には、定価での購入がごく若干数(正直に言うと2部です)可能になります。
https://www.amazon.co.jp/dp/4907571097/

中古品が6,875円から14,323円で出品されています。
3月10日頃から在庫は潤沢になり、定価(2,750円 税込)でご購入いただけます。
しばらくお待ちください。

毎月恒例のクレジットカードの請求の整理。
その後、給与、家賃の振り込み。
会社の銀行口座の運用を少しずつ変え、ネットと共通ATMで多くが済ませられるようになりました。
勝どきや日本橋まで行くのは、よほどの時でないと大丈夫です。
事務所を出て一回り、約1kmの散歩で済み、気分転換にもってこいです。



「創業10年誌」も少し進めました。

 

中村堂 本日のおすすめ

 

昨日出かけた「page2024」でヒントを得て、ちょっとしたノベルティグッズを考えています。
その試作を少しばかり。



先日から始めた「中村堂10年誌(仮)」の制作を継続。
10年をふり返っていますが、途中HDDがクラッシュして写真データを失っていることもあり、ちょっと苦戦しています。
改めて、細部までふり返ると、起業後3年間くらいはかなりアグレッシブに動いていたことが分かります。
今年以降、決意新たに外に打って出ていきます。