就職活動力アップクイズ~商社マンの接待術 | たった90日で就職活動を終わらせる方法
2014-10-26 14:26:40

就職活動力アップクイズ~商社マンの接待術

テーマ:ブログ
【就職活動力アップクイズ】

接待が減少している傾向にありますが、接待がなくなることはありません。大手商社に勤務する男性は接待でお酒を選ぶときに心がけていることがあります。そうすることで接待相手と信頼関係を築き、何本もの大型案件をまとめてきました。できる男が接待のときにどのようなお酒を飲むのでしょうか?

【答え】

あなたの好きなお酒は何でしょうか。

「日本酒」「ビール」「ウィスキー」「サワー」

など色々挙げられるかもしれません。

なかにはお酒が弱く、そもそも

お酒が好きではない人もいるかもしれません。


商社に勤務する男性はどんなときでも

「相手と同じ種類のお酒」を飲んでいました。


例えば、接待相手がビールを飲んでいるのなら「同じビール」

ワインを飲んでいるのなら「同じワイン」

仮にビール好きであっても「ワイン」を飲みます。


相手に合わせることに徹底しています。


人は共通点がある人に親しみを持つもの。

会話をすれば共通点は見つけられますが、

まずは見た目から相手との共通点を示します。


商社マンの接待にまつわる興味深いエピソードはたくさんあり、

「最後の接待」という話もあります。


ある商社マンは2年間以上お客様のもとに通い続けましたが、

競合他社に発注され、仕事を頂くことができませんでした。


しかし、ある日、通い続けていた

その会社の責任者が退職することに。


商社マンは一度も仕事を頂けなかったのですが、

通い続けても仕事を発注しない責任者の姿勢に感心し、

「退職日に飲みに行きたい」と責任者を誘いました。


これまで全く仕事の付き合いがなかったのですが、

責任者の方は快諾しました。


なぜなら、今までお付き合いがあった

取引先の人は誰も誘ってくれなかったからです。


「これ以上お付き合いしても得られるものはない」


と思っていたのかもしれません。


商社マンは純粋に飲みたかっただけなのですが、

その席で責任者の方はアドバイスをしてくれました。


「今度、私の後に就任するやつは大学時代の同級生だ。あいつは朝が早い。就任初日は気合が入っているだろうからいつも以上に早く出社するだろう。そのときを逃すな」


その商社マンは言われたとおり、

どの会社よりも早く次の責任者へ挨拶へいき、

徹夜して作成した提案書をもとにアプローチしました。


すると、2年以上仕事を頂けなかった会社から

初めて仕事を発注して頂けることに。


前の責任者は寂しかったのかもしれません。

そんなときに好意を寄せてくれる人がいたらうれしいもの。


商社マンは前の責任者の気持ちを汲み取って

行動したのかはわかりませんが、相手の立場になることは大切です。


当たり前のことをしても、

誰でもできるようなことをしても、

相手の状況や感情によって

印象は全く異なります。


その重要性が理解していただければ、

この問いかけにも答えられかもしれません。


「世界市場でビジネスを進める上で大切な言語は何か?」


世界的に有名なリーダーシップの専門家が

研修中に受講者へ問いかけた質問です。

もちろん、英語ではありません。


答えは「ビジネス相手が使用している言語」です。


あなたは相手のことを真剣に考えていますか?


ハローワークで教えない「接待の大切さ」より

日本一の就活勉強会さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス