西郷村に嫁いでみた!~ナホ吉の田舎嫁奮闘記

西郷村に嫁いでみた!~ナホ吉の田舎嫁奮闘記

関西生まれ関西育ちの外資系バリキャリ ナホ吉が、ひょんなことから福島県西郷村に嫁ぐことに・・・。ド田舎の長男の嫁としてやっていけるのか!?迫る来る親戚たちをかき分け 子供に誇れる村作りができるのか⁉️乞うご期待!

元・関西人のヨメ ナホ吉が、

福島県 西郷村を中心に 

愛を叫んだり、

ピザを作ったり、

トンデモ科学を斬ったり、

神(姑)に仕えたり、

乙女(旦那)や娘たちとの日常を綴ったブログです。

 


ナホキッチンの玄米ピザ&おからスイーツは

BASEショッピングサイト内で販売しております。

https://nahokitchen.thebase.in/

私が西野亮廣さんのオンラインサロンに入会して2年になります。

 

そして、西野亮廣さんに福島県白河市にお越しいただき

講演をしていただき 1年半になります。

 

 

そして、1年前に実際 私も クラウドファンディング(以下クラファン)で

イベント開催の為の費用を集めました。

 

その間、いろんなクラファンを見たり

実際お金を出したりして それなりにクラファンというものを眺めてきて

 

また、コロナ禍において ぽこぽこクラファンが立ち上がっている現状を見て

思ったことをつらつら書いてみます。

 

 

クラファンは今までの信用貯金の換金装置

 

と西野亮廣さんは仰っていますが、

本当にその通りだな と思います。

 

 

特に コロナ禍という世界中で

同時多発的に起こっている災害においては

支援する場所が多すぎて、

どこに支援を振り分けるか?の判断は

より 支援者の意向が強く出る と思います。

 

 

じゃあ、どうしたら支援者の意向を掴むことができるか?

 

というのは「今までの信用」と「お得」と「いいわけ」であると思います。

 

 

Facebookを中心に コロナで打撃を受けた食品関連の会社のお取り寄せが人気です。

 

めちゃくちゃ良い活動だと思います。

この活動そのものは 私は大賛成です。

遠くの知らない困っている人を助けられるのは

ネット社会の良いところだと思います。

 

 

実際、私も「お得だな」と思って購入しました。

 

でも、それは「お得」であるけれども 

ふだんそんな良い食材は食べなくて

「支援」という大義名分

言ってみれば「いいわけ」

私の背中を押したにすぎません。

 

 

実際 美味しく頂いたんですけれども、

この支援(買い物)は

「お得かどうか」が大きな選択基準なので

 

 

「だったら、地元のお店で同じくらいの金額使えば

もっといいもの食べられたんじゃない?」

 

って なったんです。

まぁ、物価が安いふくしま住まいってのもありますけどね。

 

 

地元のお店はふだんからの付き合いもあり

いつでもそこに行けば確かな商品が買える

という信用があります。

 

 

しかも、その地元のお店も Facebookに上がってくるお店と同じように困っているわけですから

 

今までの信用 プラス 大義名分 があるわけで、

 

だったら、地元応援にお金を回すよね・・・

 

と、私は考えるようになりました。

 

 

 

このように、普段の信用 と お得 と いいわけ が

クラウドファンディングをはじめとする支援の動機であるわけで

 

普段から信用を積み重ねていれば

支援は受けられるし、

 

普段の信用を稼げていなければ 

「お得」で補填せざるを得ないし

そもそもクラファンは手数料だけで2割近く差っ引かれるし

お得にするとマイナスになるので

むしろ傷口を広げる可能性もある

 

 

普段の信用も お得もなければ

大義名分をどれだけ盛っても 伝わらない。

これは 詐欺に近いがw

 

 

ということで、

全世界同時コロナ禍において

「いいわけ(大義名分)」という要素が

あまり使えない今

 

よっぽど ふだんから信用を稼げていないと

クラファンは 悪手になる可能性も高いと思います。

 

 

■玄米ピザのナホキッチン■

 

販売場所 『まるごと西郷館』

       福島県西白河郡西郷村熊倉字折口原146

       0248-25-5007

       営業時間 9時~18時

       http://www.marugoto-nishigo.com/

 

通信販売 BASEショップ

 https://nahokitchen.thebase.in/

 

イベント出展

 

■はんどめいどtown

7月22日(木 祝) ウィル福島(福島県福島市)

 

 

お問合せ先 菊池奈穂

        福島県西白河郡西郷村鶴生字上道91

        090-6064-3626

        nahokichis@gmail.com

 

 

昨年は何度か企業のオーナーさまや 個人事業主の方々にお話をさせていただきました。


 

 

 

私をご紹介していただくときに

「西郷村で開催したイベントに

6000人以上集客した主婦」

というように言っていただきます。

 


福島県の端っこにある村に

6000人も人を集めるなんてすごいね!!

 

ということなんですが、

 


6000人を集客しようと思えば

何万人にこのイベントの存在を

知ってもらわなければならないか??

という事なんですね。

 

 

もちろん、どこでどんなイベントがあるか

詳しく知っていても、

「日程が合わない」

「そこまで興味がない」

「なんかメンドウクサイ」

いろんな理由で 来ていただけない方は

沢山いると思います。

 

 

ご自身を振り返ってみてください。

 

いろんなイベントのご案内が流れてきても

実際行くのは そのうち何回ですか??

 

打率何割ですか??

「割」じゃなくて 『分』とか 

下手したら 『厘』とかかもしれませんね。

 

 

そう考えたら、

少なくとも 来てほしいと思う人数の

10倍??20倍??

もっと??

 

開催するイベントの存在を

知ってもらう必要があるし(パイを増やす)

 

 

そして知ってくださる方にどれだけわかりやすく

イベントの内容や、日時、開催場所を伝えられるか

取りこぼさずに 打率を上げられるか・・・

だと思う。

 

 

これはイベントだけでなく

商品やサービスでも同じだと思います。


打率を上げる前に、

 

絶対的にパイを増やす、

 


数を増やす

 


という努力が必要だと思います。

「頑張って」→「顔晴って」

「1000円」→「1000縁」

 

とかっていう当て字を使われる方がいることをSNSで知りました。

 

んでもって、だいたいそういう方って40歳以上だと思うんですよね・・・

 

 

やっぱ、

 

 

puffer_4.jpg

 

この世代だから??

 

「夜露死苦」

「愛羅武勇」

みたいなもんかしら??www

 

 

いや~・・・いつまで、高度経済成長~昭和バブルを引きずっているんでしょうか??

 

 

んでもって、

 

「あいうえお」→「ぁぃぅぇぉ」

「〇〇は」→「〇〇ゎ」

「私は」→「(ファーストネーム)は」

 

っていうのを30歳超えて使っている人いますけど・・・

 

これも

 

 

 

 

この方の影響をまだ受けているのかしら??と思ってしまう。

 

 

 

正直

 

 

イタイです・・・よね?

 

 

 

そんな話を20代女子と話をしていて、

 

私が「20代前半までならまだ許せるけど」 というと

 

彼女たちは「10代まででしょ・・・」 と冷たく言い放ちましたが、

 

10代が出没しているTwitter界隈でもみかけないので、

 

 

未だにこれを「カワイイ」と思ってやっていたら

 

それ、ちょっと色々とセンスがないし

 

頭悪そう・・・と思われてしまうので

 


ビジネスをしている人は 止めた方がいいと思います・・・

すごいぞ!!まるごと西郷館!!

 

 

あ、まるごと西郷館というのは

私が玄米ピザやおからワッフルを販売している

福島県西郷村(にしごうむら)の産直ですが、

 

 

6月12日(土)から12月12日(土)まで

毎月第2土曜日、第4土曜日 9時~16時で

「まるごとマルシェ」

が開催されることになりました。

 

*産直施設の軒下で野菜や雑貨の販売を行います

 

 

でも、いつまでも自粛はしていられないし

しかも 野外(軒下)でのイベントですので

マスク着用、アルコール消毒等を徹底することで

安全と 農業振興は両立できると思います。

 

が、近隣のイベントが軒並み延期になる中で

この判断はなかなか難しかったと思います

 

 

正直、私も 第3回青空バルはどうしようか・・・決めあぐねていました。

 

 

こちらは第1回青空バル

 

 

開催してね!!

と期待していただく一方で

未だ自粛が続く 飲酒(試飲)がメインのイベント。

 

自粛警察も怖い。

 

山梨県に帰省したコロナ陽性の女性のご実家は

自粛警察からの嫌がらせなどで

引っ越しを余儀なくされたと聞く。

 

仕事でもない、

お金を貰えるわけでもない、

私が主催だから誰にも守ってもらえないし

むしろ、私が矢面に立たなくてはいけない。

会場をお貸しくださるまるごと西郷館には迷惑はかけられない。

 

 

私が矢面に立つのはいい。

 

でも、家族 特に 子供に害が及ぶようなことになれば

悔やんでも悔やみきれない。

 

 

どうする・・・、私、どうしたらいい??

 

 

そんな中で、まるごとマルシェ開催決定のお知らせは

私には 大きな後押しになりました。

 

 

私、やっぱり 西郷村の攻めの姿勢、好きです。

 

■玄米ピザのナホキッチン■

 

販売場所 『まるごと西郷館』

       福島県西白河郡西郷村熊倉字折口原146

       0248-25-5007

       営業時間 9時~18時

       http://www.marugoto-nishigo.com/

 

通信販売 BASEショップ

 https://nahokitchen.thebase.in/

 

イベント出展

 

■はんどめいどtown

7月22日(木 祝) ウィル福島(福島県福島市)

 

 

お問合せ先 菊池奈穂

        福島県西白河郡西郷村鶴生字上道91

        090-6064-3626

        nahokichis@gmail.com